ぼっちですが何か?

とあるぼっちの生活記録。気になったニュースなどについて、非常にひねくれた意見を述べていきます。

ぼっちは大学選びを大事にしよう。入るところを間違えると人生詰むぞ。

自分が受ける予定の大学をちゃんと調べないと、酷い目に遭います。「え、こんなに田舎だったの?」とか、「電車ほとんどないじゃん」みたいに、予想もしてない事態に遭遇しますよwww。 世の中には、とんでもないクソみたいな大学が存在します。こういう大学…

ハイボールがぶ飲みしたらゲロピーした。

先日、ブラックニッカの2.7リットルを買って、ハイボールで飲みましら。「大容量だ」と調子に乗って飲み過ぎたら、吐いてしまいました。

「友だちなんて要らない」「学校なんて嫌なら休め」と教えられない親と教師は終わり。

よく、学校でも家でも、「友達を作りましょうね」と言われます。 いやいや、これが面倒なんですよね。友達いない人は犯罪者みたいな扱いを受けるの、どうにかして欲しいです。マジでめんどくさいですww。

読書感想:百田尚樹著「鋼のメンタル」 いつも意表を突いた意見で驚かせてくれる筆者のメンタル管理。

いつも鋭い意見で議論を盛り上げる著者の百田尚樹氏。 「大放言」ではバカな現代人を斬りまくり、「戦争と平和」では歴史から日本人が戦争に向いていない民族である事を述べ、さらに現実的に戦争をしない方法を提案しました。特に「戦争と平和」は、現代の日…

【読書感想】森口朗著「日教組」 社会学的な視点から日教組を解説する。

僕もあまり好印象を抱いていない「日教組」という組織。彼らが一体どのような組織で、どのような思想を持っているのか。そして、何がおかしいのかが分かります。 正しく理解し、正しく批判するために、この本は良いでしょう。軽く読書感想を残します。 日教…

服はセンスのある人に選んでもらう?。おススメファッションレンタルサービス。

服にあまり興味が無い人でも、服を着る場面はあります。休日や誰かと会う時などは、あまり失礼のないような服装が求められますね。 特に、彼女とのデートなどでダサい服を着ていくと、「えっ」という感じで、せっかくの女の子が離れていきますよ。

面倒くさがり人間は気軽に自宅トレーニング!

暇な人とか精神的にモヤモヤしている人は、運動するのも良いでしょう。 ジムに行ったり、その辺をランニングする人もいると思います。 しかし、ジムに行くハードルが高いと思う人もいるでしょう。「基本的に引きこもりだし、、、」とか、「そもそも外に出る…

モテたい男子は服を買うよりジムに行け!

服を買うのはムダが多いと常々思っています。ホント、着なくなるんですよね。 僕はぼっちの方が楽で楽しいので、モテたいとか思わないです。中学時代とかは、ちょっとはあったかな、そんな気持ちも、、。 大学生だと、よくモテたくて服を買う人が多いですが…

全日制の高校とかマジで意味ない。

全日制の高校に行くとか、マジでバカみたいですね。毎朝、同じ時間に通学とか、ムダムダ(笑)通学時間に勉強すれば良いし、そもそもネットがあるから自宅で授業も受けられる。いやいや、毎日同じ人と顔を会わせるって、めっちゃ嫌だし、先生も糞みたいなの一…

朝飯を食って風呂に入れば、そこそこ調子は上がる。

前にも書きましたが、僕はかなり精神を病んでいます。調子が悪い時は、何をやっても集中できず、楽しくないことも珍しくないです。

浮気と不倫を非難する人は暇、そしてモテない。

いつからか分かりませんが、今の日本は不倫と浮気が大好きな国ですね。 おそらく、他人の浮気や不倫に興味がある人は、暇なのか、モテないからモテる人を叩いて自己肯定感を保っているのか、じゃないでしょうか。

スマホで簡単。ひとり旅にも最適!旅行サイトを比較。

今時、ホテルの予約を電話でしている人はいませんよね。周りからしたら、「ちょっとダサい」って思われますよ。 特に女連れの男性は、「あ、この人は仕事が出来ない人だ」とか「ダサいから近くにいたくない」ち思われますよ。 今時は、予約サイトで一発でポ…

親の言うことは聞くな!

親はよく、「良いから言う通りにしなさい」とか、「お前の為に言っているんだ」と、子供に言います。 しかし、それって本当でしょうか?少なくとも「言う通りにしろ」とか「お前のため」という言葉を使ってはいけません。 と言うか、親の言うことなんて、ほ…

この春、大学に行く君へ。家具は買うな!

センター試験も終わり、私立大学の試験が始まっています。国立の試験ももうすぐですね。頑張れ受験生。悔いのないように!

「俺の話を聞け」人間になるな!他人のことは放っておこう。

必要以上に他人に関わりたがる人っていますけど、暇なんですか? 自分の事に夢中になれば、他人に関わっている暇なんて無いんですよ。分かってます?世のお節介人間さんww

「一人で寂しくない?」という余計なお世話。

一人で寂しくないの?と話し掛けて来る人間がいますが、大体は迷惑です。 そういう無神経な人間が、すごく嫌いです。

友人作りをやめよう。キミに友達は要らない。

一生懸命にお友達をつくっているみなさん。こんにちわ。 いやいや、マジでお友達つくりとかやめましょうよ。意味ないっすよwww お友達は、あくまで「出来るもの」であって、「つくるもの」ではないんですよ。

余計なモノ・人から離れよう。あなたは、もっと自由になれる。

今の暮らしに違和感や不自由さを感じたら、いちど一人になりましょう。不要なもの、自由を阻害している事が、見えてきます。そして、「一人の楽しさ」を理解するでしょう。世の中、ムダな人間関係と、それを強いる空気が蔓延しています。まずは、そこから離…

何かにモヤモヤしている人やぼっちはジムに行こう。身体が変われば心も変わる!

モヤモヤするなら鍛えろ!身体を動かせ! 何かにモヤモヤしていると、何をやっても上手くいかず、同時に楽しくなくなったりします。 かくいう僕も、鬱が入ると何をやっても集中できなかったり楽しめなかったり、、、。 また、一人で暇な時間は何をして良いか…

「戦後日本は平和だった」という思い込みを捨てよう。

拉致被害者(疑惑含む)の多さに驚いています。 いきなり知らない人が来て、知らない国に連れて行かれる。こんな理不尽が、平和に見える日本で、実際にあったのです。何回か書きましたが、想像を絶する想いです。 やはり、日本は平和である、という考えを見…

浮気されたら、更に自分を高めれば良いじゃん。

浮気をされて怒る人間は結構いると思います。僕は男女交際をしたことが無いから良く分かりませんが。 しかし、「浮気されたからキレる、別れる」というのは、ちょっとセンスがないですね。もし少しの浮気もダメなら、むしろ僕は交際なんてしたくないですね。

バレンタインデーで騒ぐ男は暇人。

やれやれ、バレンタインデーも近いですね。 この時期になると、もらえる人ともらえない人の差が明らかになってきます。もらえない人は、この時期になって焦っても無意味ですwww だって、だいたい分かるじゃないですか。もらえる人ともらえない人って、普段か…

韓国への旅は要注意だ。

平昌オリンピックの開幕が迫っています。しかし、どうも怪しい匂いがプンプンと漂ってきますな~。行くなら要注意ですよ~。

ニュースざっと見て問題点を比較してみた。

2月5日の、民放4社の夜ニュースを見て、ちょっと思った事を話します。 前日に注目度の高い沖縄の名護市長選の投開票があったこの日。どの局がどのように扱ているのかが気になりました。 TBSの「NEWS23」と二日本テレビの「ニュースZERO」は時間が被っていた…

これからの選挙はネットが主役だ!

先日の名護市長選挙で、劣勢だった自民党推薦の渡具知氏が当選しました。 テレビや新聞が反日に偏向する中、勝利したのは素晴らしい事だと思う。市民がしっかり自分で考えて投票した結果でしょう。

名護市長選挙で発覚した不正の数々。彼らを当選させるべきでは無い。

4日に行われた沖縄県の名護市長選挙。そこで非常に許しがたい事件が発生した。 反米軍基地、反原発などを掲げる自称平和主義者の集団が、当選した渡具知氏の選挙活動を妨害する行為が、多く報告されました。

日本だけなく、海外で生活するのは普通になると思う。

日本は良い国ですけど、最近は色々物騒ですよね~。ミサイル、中国の進行、人口減少などなど、日本を取り巻く環境は複雑さを増しています。 そして、将来はボーダーレス化も進み、国境という概念が無くなっていくでしょう。ここまま時代が進めば、海外を行き…

右翼のデモや街宣を「差別だ!」と切り捨てるのは思考停止だ。

僕が最近注目している「行動する保守運動」というのがあります。 日本全体の意識が左に流れてきましたが、彼らの登場によって少し中道寄りになると思います。 このような人達が出てくるのは、多くの意見を反映できるので良いですよね。その中で、国民は意思…

大学生は暇を作るな!知識を付けろ!(特にぼっち)

人生の春休みと呼ばれる大学生時代。 しかし、皆と同じように春休みをしていると、皆と同じような人間にしかなりません。 特に、ぼっちのキミたち!どうせ友人も居ないなら本でも読め!映画でも観ろ!ゲームに夢中になれ!一人で旅に出ろ! 何となく人と一緒…

読書感想:ケント・ギルバート著『米国人弁護士だから見抜けた日本国憲法の正体』 あるべき憲法の姿を考える。

この前もケント氏の著書を紹介しました。その本は中国人や韓国人の国民性を指摘し、日本が自らの歴史や文化を誇りに持つべきだ、という内容でした。 最後の章では、日本はすでに情報戦で乗っ取られている、の述べています。最近のメディアの偏向的な姿勢や政…

おススメ記事