ぼっちですが何か?

とあるぼっちの生活記録

「お前(あなた)のため」は「自分のため」。信用してはいけない。

どうも、なおっちです。

 

今回は「お前(あなた)のため」がテーマ。ちょっと、お一人様やぼっちという観点からは外れるんだけど、読んでくれたら嬉しい。

 

僕、この言葉が嫌い(笑)。

本気で言ってくれているなら良いんだけど、そんな人は一割もいないから。

 

 

 

<「お前のため」は「自分のため」>

 

 

大体の「お前(あなた)のため」と言う人は、自分の事しか頭にない。

「お前(あなた)のため」は、「自分のため」なんだよね。

 

「お前のため」と言う時の状況は

・面倒な事を他人に押し付けたい

・人を利用して自分の評価を上げたい

と思っている時だよ。要は、人を利用したい時に言う言葉が「お前のため」。

 

人の事を本気で考えるなんて、その人の親とか恋人くらいじゃないかな?その他の人って、だいたい「どうでも良い」よね。

 

 

<まともな人は他人の事なんか考えない>

 

 

まともな人って、人の事なんてどうでも良いんだよね。

自分の事に夢中だから。

 

その人が、少し無謀な挑戦をしようとしても、「まぁ、頑張って」くらいしか言わないし、いい意味で放って置くんだよね。

 

「お前のため」と言われても、正直鬱陶しいし、迷惑。

僕は他の人の事を本気で考えたことは無いよ。まぁ、友人もいないけどね。

 

大学時代に、凄く意味の分からない人がいた。

コミュ障の僕に「話しかけなよ」とか「仲良くなりなよ」と、色々と言ってくるのだ。

そして、得意の言葉が「お前のため」。

 

僕は多くの人を必要としていないのに、そんな事を言われても迷惑なのだ。

僕のためを思って言ってくれているのだとしても、それはノイズでしかない。

 

僕の事を思うなら、自分のために生きればいい。本当に良い人と言うのは、そういうものだ。

 

 

<「お前のため」と言う人の9割は信用すべきでない>

 

 

彼とはその後、連絡を絶ったよ。

彼は、言動と行動が合っていなかったからだ。

 

僕のためを思って色々面倒なアドバイスをしてきた。しかし、そんな彼もコミュ障で、自分で言っている事を実行出来ていなかった。

 

そんな彼を見て、凄くムカついていた。悪い人では無かったが、僕は大嫌いだ。

 

「お前のため」と言って、面倒を押し付ける人の9割は、信用しない。

 

 

<誰かのため、とかやめよう>

 

 

誰かのため、それは自分のためだ。

人の事なんて真面目に考えている暇があるなら、自分の事に熱中する方が、100倍良い。

 

皆も、人の事なんかどうでも良いと感じるくらい何かに熱中して欲しい。

おススメ記事