ぼっちですが何か?

とあるぼっちの生活記録。気になったニュースなどについて、非常にひねくれた意見を述べていきます。

自動化で4億人に影響。これから生き残る人の条件とは?

news.livedoor.com

 

業務の自動化で、全世界の約4億人に影響が出るそうだ。転職などを余儀なくされる。

良いと捉えるのか、危機だと捉えるのかは人それぞれだろう。

 

自動化される可能性が高いのは、予測可能な環境で体を使う仕事とデータを収集、処理する仕事であると、アメリカのシンクタンクマッキンゼーが発表している。

 

しかし、消える職業がある一方で、新しく登場する職業もあるそうだ。いすれ、これからは変化に対応できる柔軟さが必要になるだろう。

 

正直、人がやっても非効率で面白く無い仕事は、早く自動化した方が良いだろう。ミス無く素早い一連の業務をこなしてくれる機械は、メンテナンスをすれば病気にもならない。人を雇うよりも、コストは明らかに安くなるだろう。

 

嫌々仕事をするのは、近い将来必ず終わりが来る。人間にしか出来ない事を極める、というのも大事になって来るはずだ。

 

そんな業務の自動化時代に備え、まずは人々の考え方から変えないといけない。少なくとも従来の教育や、日本特有の「死ぬまで働く文化」は、何の役にも立たなくなるだろう。

これからは、新たに創造的な仕事ができる人間と、機械に負けて何も出来ない人に分かれる、残酷な時代になっていくだろう。

 

人間がやる価値のない事を一生懸命にやっても、意味が無い。機械は鬱にもならないし、ミスなく正確に仕事をこなすからだ。「本当に価値のある人間」が、これからは求められる。

 

 

 

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

 

 

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

 

 

おススメ記事