ぼっちですが何か?

とあるぼっちの生活記録。気になったニュースなどについて、非常にひねくれた意見を述べていきます。

テレビ局の終わりは案外近い?でもそれは良いこだよ!

民放テレビ局の終わりが近づいている、という見方が強まっている。非常に良いことだ。娯楽が多様化すれば何より楽しいし、偏向した報道番組に苦しまなくて済むからね。

 

そもそも、今でもテレビが大きな影響力を持っている事がおかしいです。

ネットが普及し、ニュースはスマホで読める。YouTuberが笑いを提供してくれるようになったし、VODサービスで映画やお笑いが見れる。「テレビ要らなくね?」と思う人も多いはず。

 

ロングヒットのバラエティー番組の終了が相次いでいる。これも、当然の結果でしょう。最近は放送規制で超つまらなくなってましたかからねww。昔はもう少し過激だったのに。あれじゃあ、見る人は減るわw

 

民放の終わりは、一方で新たな時代の始まりなのです。電波を独占してるテレビ局に、巨大な広告収入が入るのも気持ち悪いですし。面白くないなら、潰れて良いんですよ。

 

まぁ、もう少しまともな番組作りをするなら、規模は小さくても生き残る価値はあると思いますよ。ただし、正確な報道の努力を怠らないこと、なるべく他と重複した番組を作らないこと、面白くない番組はすぐに終了させること、は条件になるでしょうけど。

 

さてさて、それがテレビ局に出来るかな?楽しみです。

おススメ記事