ぼっちですが何か?

とあるぼっちの生活記録。気になったニュースなどについて、非常にひねくれた意見を述べていきます。

太田光の「あやまる必要は無い」はその通りなんだけど、、。

news.livedoor.com

 

16日のラジオ番組で、爆笑問題太田光がウーマン村本氏に対し、「謝る必要はない」と擁護した。これは、村本氏の「朝まで生テレビ」での発言に対してのものだ。

 

村本氏は、同番組内で、自衛隊が現憲法下で違憲である事を理解しておらず、また、憲法を読んだことが無い事も暴露した。出演していたパネリストらからは、「無知を恥じろ」とまで言われる集中砲火状態だった。これは、視聴していた僕も分かる。

 

それに対し爆笑問題の太田氏は、「あやまる必要は無い」と擁護。また、村本氏にキツイ言葉を浴びせた有識者に、「まだこのレベルなのか」と批判した。

 

まぁ、別に謝罪する必要は無いですけど、、、。番組に出るならそれくらいは知っておかないと、話しに付いていけませんよね。専門家や高学歴の人が出演している中、一人だけ「「僕は知りません」と言われても、そりゃ困るでょう。

 

太田氏の有識者に対する「まだこのレベルなのか」というのは的外れです。知らない事は良いけど、それを批判した人達に間違っている点は一切ありません。「まだこのレベルなのか」と言われるべきは、むしろ政治に強い関心を持ち、この番組にも出演しながら憲法9条を読んだことが無かった村本氏でしょう。

 

無知を恥じる必要は無いんですよ。むしろ、多くの国民は考えた事も無いでしょうから。関心があるだけで凄いと思うし、彼が番組を面白くしたのは事実でしょう(いろんな意味で)。

 

ただ。太田氏の有識者批判には無理があります。あの番組に出るなら、9条は読むべきです。レベルが低いのは有識者の方では無く、村本氏の方でしょう。決して悪い訳では無いですが。

 

いずれ、9条について真剣に考える時期が来ました。国民全員が関心を持ち、どうするべきなのか考え無いと、日本は崩壊するでしょう。

 

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

 

おススメ記事