なおっちのお一人様フェスティバル

これからはお一人様の時代だ。数々の経験から「一人が一番」という結論に至る。映画、お酒、一人旅、本など、お一人様に嬉しい情報を発信していくよ。

味わい深い大人のエールビールで一人の時間を楽しむ。

どうも、今日も酔っぱらいのなおっちです。

 

今夏の記事は、ビールについてだよ。ビールが美味い季節だね。みんなで飲むのも良いけど、僕は一人で飲むよ。

 

ビールの中でも、今回の記事で僕が紹介するのは「エールビール」だよ。味わい深いエールビールで、一人の時間を楽しもう。

 

え?エールビールって何よ?という人もいるよね。という事で、エールについて、まずは解説するね。

 

 

<エールビールとは?>

 

エールビールは、上面発酵のビール。

日本で多く飲まれているラガービールは、下面発酵。

味の違いについては、後で説明するね。

 

スーパードライ一番搾りもサッポロも、全部ラガービールなんだ。

 

 

<エールの種類>

 

エールには

 

・ペールエール

・ブラウンエール

ヴァイツェン

・ヴェルジャンホワイト

・スタウト(黒)

 

などの種類があるんだ。

 

一方、ラガーには

 

ピルスナー

・シュバルツ

 

などがあるよ

 

 

<エールの味>

 

エールの味は一言で言うと、苦みと香りが強い!

従来のラガービールは、スッキリしているのに対して、かなり対照的なんだ。

 

種類によって違いがある。簡単に説明すると

・ペールエール

華やかな香りとキリッとした苦み

 

・ブラウンエール

香ばしい香りとマイルドな苦み

 

ヴァイツェン

甘い香りとバナナのような甘み

 

・ヴェルジャンホワイト

スッキリした後味とレモンのような酸味

 

・スタウト

香ばしい香りと苦み

 

こんな感じだよ。

 

ペールエールの中にも何種類かあるんだ。それについても説明するね。

 

 

<飲み方>

 

エールはラガーに比べて、香りと味わい深さが特徴のビール。

ラガーのように飲むのは勿体ないのだよ。

 

エールは、チビチビとゆっくり飲むのが、正しい飲み方。

温度は、キンキンに冷やすのではなく、常温に近い温度で飲むのが美味しいんだ。

 

缶を開けたら、まずは香りを楽しむ

最初は泡を立てて、その後はゆっくり注いでいく

注ぎ終わったら、再び香りを楽しむ

その後、ゆっくり飲んでみる

 

ラガーのように一気に飲んだら、苦みや香りをスルーしてしまう。そこはゆっくり飲んで、苦みと香りを楽しむ。

「今日も疲れたなぁ」と、自分との会話をしながら飲むのにピッタリなビールなんだ。これぞまさに大人のビール。大人は一人を楽しめるものだよ。ワハハ。

 

 

<エールビールで大人の仲間入りだ>

 

エールは香りと苦みが命。一気に飲んでは勿体ない。

 

スッキリのラガーはみんなで騒ぐときに飲む。

エールは、一人で語り合う時に飲む。

 

苦み香りがぐわっと来たら、一回手を止めて、「ふぅ」と深呼吸。味わいを楽しんで、自分に向き合えたら、一流の大人だ。

 

君もエールビールでお一人サマー(様)デビューしようぜ。