なおっちのお一人様フェスティバル

これからはお一人様の時代だ。数々の経験から「一人が一番」という結論に至る。映画、お酒、一人旅、本など、お一人様に嬉しい情報を発信していくよ。

服を買うのは無駄だ。無難な物を5着持っているだけで良い。

片付けを推奨したいなおっちです。

 

今回は服について。

大学生とか、無駄に服を買ってしまう人って多いよね。

 

しかし、それって着る?

だいたい着なくなって、置き場所に困って、邪魔になって捨てる。

 

特にこだわりが無い人なら、無難なズボンとシャツを5セットくらい用意して、曜日で分けた方が良い。

選ぶ手間も省けるし、外すことも無い。無駄に服を買う事も無くなる。

f:id:naocchi3:20170827110144j:plain

 

 

 

<古着屋で服を買うのは良くない>

 

 

古着って、味がって良いよね。

でも、古着って着なくなる事が多いんだ。

 

僕は大学時代、無駄に古着の“古臭さ”にハマった。

そして、良さげな物を結構買っていた。

 

でも大体は、不要になる。

 

僕が古着屋で買った服は、どれもデザインが微妙。着た感じも良くない。

その時は良いと思ったのに、時間が経つと、「え、何でこれを買ったの?」と自分でも訳が分からないくなるんだ。

 

最後に、タンスに着ない服が溜まりすぎて、収納スペースが無くなる。

 

しまいきれない物は部屋の中に散らかす羽目になる。部屋が散らかって、不快な思いをするんだよね。

 

いやいや、お金を出して買った物に苦しめられるなんて、理不尽極まりない。

 

それなら、最初から買わなきゃ良いじゃん。

 

 

<服は無難な物しか買わない、着ない物は買わない>

 

 

服なんて、無難な物を3~4着持っていれば、十分だよね。

春なら無地のシャツ5枚、夏ならTシャツ5枚、冬はコート着るから中に着る物なんて何でも良い。

 

無駄に味のある物を古着屋で買っても、どうせ着ない。

どう着たら良いか分からなくなるし、お金は掛かるし。

 

もう、服なんて持たなくても良いのではないか?

最近は服のレンタルサービスのairClosetとか、良いサービスもあるみたい。

その辺を上手く使えば、物なんていくら凄く減らせそうだ。

 

 

<人に会う事が無い人は、ジャージで良い>

 

 

僕みたいな、非社交的で誰とも会いたくない人は、服なんて要らない。

寝る時も、コンビニに買い物に行くのも、全部ジャージやスウェットで良いだろ。

 

服なんてね、動きやすくて、ストレスが無いのがベスト。

自分が着ていて不快に思ったら、それはダメ。格好良くても、意味が無い。

 

服は楽で、安いものをちょっと持っていれば十分。無駄に持っても、着る機会が無いぞ。

 

 

<無駄な買い物第一位は、服>

 

 

みんながする、無駄な買い物の一位は、服。

間違いない。

 

着ないのに、何となく「カッコいいから」「可愛いから」という理由で、服を買ってしまう人が、多い。特に女性。

 

可愛くても、カッコよくても、着ないなら意味が無い。

 

僕は大学時代、無駄な服(靴も含めて)に10万円ほど費やした。そして、その服のほとんどを、先日処分した。

 

10万円、勿体ない。

10万円あれば、旅も出来る、酒も飲める、映画も好きなだけ観れる、下手すれば車が買える(車が有益か無駄かは別)。

 

無駄な服にお金を掛けずに、もっと自分の為にお金を使おうよ。

昔の自分、バカだったなぁ。

naocchi3.hatenablog.com