ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

黒染め強要で不登校に。髪の色はどんなに大事か?

news.livedoor.com

 

大阪の高校で、女子生徒が黒染めを強要され不登校になっている。生まれつき茶色の髪を黒に染めろと指導するのは正しのか?いや、正しい訳が無い。

 

学校では、「個性を尊重するのが大事だ」と言われる。肌の色や宗教などで差別してはいけないと、教わるはず。

しかし、この学校では、生まれついた髪の色を強制的に黒にさせるらしい。その生徒にとっては元々の髪色を否定される事で、人間そのものを否定されたと感じたのだろう。

 

生まれつきの身体的特徴を否定し、変えさせるなんて、そもそも教育機関のする事では無い。

 

僕も、元々髪の色は茶色い方だ。中学高校の時は、特に問題にされたことも無かった。きっと、「生まれつき茶色い髪なのだ」と先生方が気付いてくれたのだろう。

 

そして、この女子生徒を名簿から除外していたらしい。髪の色が違う、という理由で学校から居ない事にするとは、卑劣極まりない。そもそも、学校に行くか行かないかは生徒の自由のはずだ。

 

僕は別に、校則で髪色を黒にする事を否定しているわけでは無い。お堅い学校や進学校なら、校風やイメージを維持するために髪や服装をきっちりするのは良いと思う。

しかし、生まれつきの特徴を矯正させ、学校から居ない事にするなんて、理解ができない。その学校は、生徒を自分の思い通りにする事しか考えてないのだろう。これだから学校は。

 

まぁ、僕は学生の髪の色については自由で良いという立場で、特に学校から何かを指導することでは無いと思ってる。下らない事にこだわり過ぎなんだよねぇ。学校って。

 

服装とか髪が自由な学校が出てきて欲しい。全員私服で、色んな髪をした奴らが良い大学に行っていたら最高に面白いじゃん。日本の学校の在り方も変わるかも。お金持ちの方、お願いします。日本はとにかく教育から変えていかないと、世界から置いていかれるよ。

 

naocchi3.hatenablog.com