ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

林先生の「小中学校の友達なんてクソみたいなものです」について考える事。

「いつやるか?今でしょ!」でお馴染みの林修先生。

彼が司会を務めるテレビ朝日の「今でしょ講座」での、「小中学校の友達なんてクソみたいなもの」という発言が、心に響いたので紹介。

 

せっかくの友達をクソと例えるとは、なかなか斬新な発言だと思う。友人の多い人の中にはムカついている人も居るだろう。

しかし、東大卒で東進ハイスクールの人気講師である彼の発言には、それなりの深い考えががあるのだろう。僕も、非常に共感した。

 

まず、小学校の友人と一年に二回以上会う人は7%程度である、という事。そして、一年に一回以下の人は93%である、という事。大半の人は、小学校の友人と一年に一回も会わないのだ。

次に、社会に出れば忙しくなり、会社の人や取引先の人などの人、または家族の方が会う機会が増える。小中学校が一緒だった人の重要性は、低くなって来る。

 

故に、小中学校の知り合いや友人とは、歳を取るほど大事では無くなる。「クソ」という例えは少し誇張が入るが、それでも間違ってはないはずだ。

 

そして、この「クソ」という例えは、人間関係に悩む小中学生に響くようにという狙いがあるようだ。

どうしても、その年代の人々は些細な事で悩んだりしがちで、酷い時には自殺という選択をしてしまう。しかし、その時代の友人とは年一回会うかどうか。そこまで悩まなくても良いだろう。

 

特に田舎は同じ人と顔を合わせる機会が多い。小中学受験も一般的では無い地域が多く、同じ人と長い期間を同じ学校で過ごす人も多い。だから、その事実にも気づきにくい。田舎の嫌なここで、自分の居る世界を全てだと思ってしまう傾向がある。

しかし、世の中は嫌というほど広い。地元で天才と呼ばれていた人が、いたって普通の人だったという事も、少なくない。

 

まぁ、とにかくそんな感じなので、小中学校時代の人間関係で悩むことは無い。それ以外に悩むべき点はあるはずだ。

 

あぁ、もちろん僕は「クソ」という気は無いので、もし友達がいる方は大切にして下さい。「クソとは何だ?」と顔を真っ赤にして批判する人は、記事をちゃんと読んでないおバカと認定しますので。

 

naocchi3.hatenablog.com

 

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com