ぼっちですが何か?

とあるぼっちの生活記録

男が一人で観たい映画。カッコいい男が活躍する映画(洋画)編。

日曜日の夕方にこんばんは。なおっちです。

 

今回は、男が一人で観たい映画をまとめたよ。明日から仕事の人も、ダルイ学校の人も、映画を観て元気出して行こう。

 

 目次

 

 

ワイルドスピードSKYMISSION(シリーズ)

ご存じの人も多いよね。

主人公のドミニク、相方のブライアンが大活躍するカーアクション。

第一作から最新作まで8作が登場している大人気シリーズ。どの作品もめっちゃ面白い。

その中でおススメは、7作目のSkyMission。

 

前作でジゼル、ハンという仲間を失ったドミニクファミリー。

そして、相手はヨーロッパで戦ったオーウェン・ショウの兄、デッカート・ショウ。イギリス特殊部隊出身の彼は、弟の敵を討つべく、ドミニクの仲間のホブス、そしてファミリーに襲い掛かる。

対するドミニクは、意表を突いた空から攻撃を仕掛ける。ドミニクとブライアンはファミリーを守れるのか。

 

まず、この第七作。時間は第三作の『TOKYO DRIFT』の後。第四作から第六作は、その前という設定になっている。

それまで活躍していたハンとジゼルが死んで、東京の主人公のショーンが登場。新たなワイスピの始まりなのだ。

 

そして、車がいつもながら豪華。

ドミニクのいつもの愛車プリムス、ブライアンの35GT-Rはもちろん素晴らしい。そして、スープラ、R32、インプ、バイパー、フェラーリ、ランボル等々、僕らの心を刺激する車たちが空を飛んで、レースをするのだ。これほど良い映画は無い!

 

今まで離れていたレティ(ドミニクのパートナー)が、ギリギリでブライアンをドリフトで助けるシーン(文章では説明できない。映画を観て)が、お気に入り。今までの作品で接点が無かった二人の。絆を感じたぞ。

ワイルド・スピード SKY MISSION [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2017/8/13 16:20時点)

 

ファイトクラブ

デヴィッド・フィンチャーの傑作。

 

主人公の「僕」は特に不自由なく暮らしている、大企業の会社員。しかし、不眠症という悩みを抱えていた。

タイラー・ダーデンという男に出会い、二人で「ファイトクラブ」を作る。どんな身分の奴でもそこでは関係なく、好きに殴り合う。そして、「僕」は重大な事実に気付いていく。

 

まず、主人公よりも、ブラピ演じるタイラーがカッコいいんだよね。

住んでいる所も汚いし、何か豪華なものを所有している訳じゃない。でも、とにかく好きに生きるという姿勢が、完全に男。ロックなんだよね。

そして、ラストに衝撃。そう言う事だったのか、と誰もが思うはず。

ファイト・クラブ [Blu-ray]

新品価格
¥927から
(2017/8/13 16:17時点)

 

アメリカン・スナイパー

これは一番怖い戦争映画だ。

 

迫ってくる音、臨場感あふれる戦闘シーンの全てが、見る人に迫って来るぞ。

冒頭の、武器を持つ少年をギリギリまで撃つか悩むシーン。これが忘れられない。「撃つのか、撃たないのか?」と頭の中で何回も繰り返してしまうぞ。

全ての戦闘シーンで手に汗握ってしまう。そんな一秒も目が離せない戦争映画だーよ。

 

プライムで検索したけど無い。これは買うしかないのか、、、。

近々きっちりレビューするので、このくらいで。

アメリカン・スナイパー [Blu-ray]

新品価格
¥1,100から
(2017/8/13 16:18時点)

 

・レオン

リュック・ベッソンの超傑作。

 

孤独な殺し屋のレオンと、恵まれない家庭環境のマチルダ。

ある日、マチルダが買い物に出ていると、父親が麻薬を盗んだ容疑で家族が全員殺されてしまう。

マチルダはレオンを頼る。二人は共に生活し、レオンはマチルダに殺しを教えるようになる。

そして、マチルダはレオンと共に家族の復讐を決断するのだった。

 

レオンとマチルダ。凄く歳の離れた二人。合わないように見えるでしょ?

いやいや、そんな事無いんだよね。むしろ、凄くお似合い。

レオンのスキルが高すぎる。僕のお気に入りは、冒頭でいきなり出てきて階段から敵をサラッと落とすシーン。

そして、過去が悲しすぎる。泣けるぜ。

 

最後のShape of my heartが染みる。激しくて悲しい、アクションでありラブストーリーだ。

 

 

クリード チャンプを継ぐ男

ロッキーシリーズの番外編。超ムネアツ映画。

 

ロッキーが、かつてのライバル・アポロの息子、アドニスと闘う。

複雑な生い立ちのアドニス。何と、彼はアポロが愛人との間に作ってしまった隠し子だったのだ。

ロッキーは病気を抱え、一度はアドニスのトレーナーを降りそうになる。しかし、彼らは再び組んで、共に世界タイトル戦に挑む。

 

病気に立ち向かいながらアドニスを教えるロッキーと、過去を払拭するべくタイトル戦に挑むアドニス。「俺はもう、過ちじゃない」は映画史に残る名セリフだ。

二人に超熱くなるボクシングムービー。

 

 

・アルゴ

アカデミー賞作品賞受賞作品。

 

イランでアメリカ大使館が襲撃され、生き残った職員たちを救うべく、“映画の撮影”として、職員たちを撮影のスタッフと偽装し、イランから救い出す計画を実行する。

 

無残にも殺されていくアメリカ人が凄く痛ましいんだよね。『アメリカン・スナイパー』でも思ったんだけど、アメリカって大変だよね。何かあれば出撃するし、そのせいでテロとかデモで標的にはなるし。

 

映画の撮影と偽って、職員を救出するって、そんな滅茶苦茶な、、。でも、これは実話なんだよね。これ自体、凄くない(笑)?

 

主人公のメンデス(ベン・アフレック)が、凄く男らしいんだ。

アメリカ人を殺そうと国内が血眼になっている中、怯えること無く淡々と“アルゴ作戦”を実行して職員を救い出す彼が、超ダンディ。普通なら怖くて逃げだすけどね。

 

ベンアフのダンディな姿を楽しんでくれ。プライムで視聴可能。

 

 

ジョン・ウィック

キアヌ・リーブスのアクション作品。チャプター2が公開中だね。

 

恋人を失った伝説の殺し屋ジョンウィックは、彼女から貰った愛犬をチンピラに殺されてしまう。

そのチンピラに復讐を誓うウィック。しかし、そのチンピラの一人は、かつてのボス・ヴィゴだった。

 

キアヌ一人で何人も倒していくもんだから、「ウソくせぇ」と思う人もいるみたいだね。

でもね、そこが良いんだよ。中途半端なアクションなら誰も見ないでしょ!

キアヌが出ている中でも、これが一番。敵をかわして、弾を避けて、走って、殴って蹴って、撃つ。それがあまりにスムーズなので、むしろ爽快。

スーパーマンなジョンを楽しんでくれ!

ジョン・ウィック [Blu-ray]

新品価格
¥6,077から
(2017/8/13 16:16時点)

 

・はじまりの歌

少し趣向を変えて、こちらは音楽映画。

 

ニューヨークの街で、堕落した音楽プロデューサーが、バーで出会った一人の女と歌を作って、再び輝きを取り戻す。

 

カッコいい男が活躍と言っても、こちらは音楽プロデューサーのお話。決して殴ったり蹴ったり、銃で撃ったり車でレースすることは無い。

でもね、カッコイイってそれだけじゃないよね。良い歌を作って、演奏するのも、カッコ良さだよね。

マーク・ラファロ演じるが、これまたダンディすぎるのよ。

 

そんなダンと主人公のグレタが、良い感じになるんだけども、恋人にはならないんだよね。そんな二人の「はじまりのうた」は一体どんな曲なのか?

はじまりのうた BEGIN AGAIN [Blu-ray]

新品価格
¥3,553から
(2017/8/13 16:19時点)

 

・96時間

リュックベッソンの痛快アクション。

 

レオンとは違い、こちらは凄く分かりやすいアクション。約90分の尺だから、凄く観やすい。

 

歌手のボディガードをしていたミルズ。そして、歌手になる事を夢見る娘。

娘のキムはパリに旅行に行く。そこで旅行者を狙った組織に狙われ、オークションに掛けられ売り飛ばされそうになる。

ミルズは娘を救い出すために、パリに行く。彼は敵を倒して、娘を取り戻せるのか?

 

リーアム・ニーソンがとにかくカッコいい。次々と敵を倒していくのは、ジョンウィックに似ているね。

分かりにくいストーリーは一切なし。娘を助け出すために父親が戦う。ただ、それだけだ!お父さん、カッコいいぜ。

 

 

ロード・オブ・ウォー

ニコラスが戦場で荒稼ぎする武器商人を演じる。

 

ニコラス演じる武器商人ユーリが、世界各地の戦場で武器を売りさばく。

そんなユーリにも、家族が出来る。武器を撃った金で妻と子供を養っている事にとまどい、「死の商人」と化している自分に嫌気を覚えながらも、ユーリは商売を続ける。

 

鑑賞後の気分が悪い。

戦争をしているのは現地に居る兵隊たち。その陰で、戦争を利用して儲ける者たちがいる。

人は人を支配しようとする。そして、お金が好きだ。

片方が存在する限り、片方は絶対に無くならない。だから、戦争や虐殺は無くならない。

そんな風に言われている気がした。

 

ユーリのどこがカッコいいか?

家族に武器を売っている事を隠しながら、商売をやめないところ。汚くても、儲け第一。商人の心意気を感じるぜ(良いか悪いかは別)。

 

 

男が活躍する映画を特集してきたぜ。どれも、僕の好きな映画だ。一人の時には、こういう映画がおススメだ。

 

 

<次回はサイコ映画の特集をるぞ>

次は、僕の大好きなサイコパスを扱った映画を特集したい!

サイコって、リアルで接するのは怖いけど、画面の中では凄く笑える奴もいるから、面白いよね。楽しみにしててね。

 

では、また次回!

 

naocchi3.hatenablog.com

 

おススメ記事