なおっちのお一人様フェスティバル

これからはお一人様の時代だ。数々の経験から「一人が一番」という結論に至る。映画、お酒、一人旅、本など、お一人様に嬉しい情報を発信していくよ。

読書感想:『まだ東京で消耗してるの?』2

イケハヤ尊師の『まだ東京で消耗してるの』。

 

今回は第二章の「田舎の方が圧倒的に稼ぎやすい」を紹介。

「ビジネスを作れる人は田舎の方が良いんじゃない?」という内容だった。地方に行って、ビジネスを作りたい人は、読んでみてくれ!

 

そして、読みながら、東京と地方のメリット、デメリットを考えてみて欲しい。

まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく (幻冬舎新書)

新品価格
¥864から
(2017/9/12 21:12時点)

 

 <田舎に移住したら収入が3倍になった>

 

 

 のっけから刺激的な披瀝をすると、僕は高地に移住してから収入が3倍になりました。事業はまだまだ成長中で、このまま億単位のビジネスに育てていくつもりです。

えぇ、ぼくが住んでいるのは限界集落ですが。ここからでも存分に稼げますし、仕事は創れるし、そもそも仕事もあるんです。

東京よりも田舎のほうがお金は稼ぎやすいとさえ思いますよ。

繰り返しですが、実際に、僕が移住してから収入が増えましたから。「地方には仕事がないし、地方では稼げない」というのは、昭和時代の常識なんですって。(引用)

 

この部分は、ちょっと疑問に思わざるを得ない。

まず、収入が三倍になったのは「移住したから」ではないでしょう。筆者はブログで事業をしてるけど、記事がヒットしたり本数が増えたりしたからでしょう。

 

そして、東京よりも田舎の方がお金は稼げる、というのも人によるでしょう。

筆者のように、ネットを使ってビジネスをしている人は、周りに人が居なくてもネットが人にコンテンツを届けているのから良いのでしょう。

 

しかし、そうじゃない人は東京の方がお金は稼ぎやすいと思う。田舎は、やっぱりする事が限られている。スーパーやコンビニなども、東京に比べると数が凄く少ないから。選択肢は、絶対に東京の方が多い。

 

筆者が言うように、田舎で稼げる人というのは、そもそもビジネスをする才能があって、仕事をする場所を選ばないネットビジネス系の人なんじゃないかな。こういう人は、コンテンツを作るために、田舎の何も無い環境の方が集中できるし、誰もいないから快適に過ごせる、というだけで。

 

まぁ、向き不向きはあるにしても、自分でビジネスを作れる人、又は既に持っている人は、地方移住もアリなのかな。

 

 

<東京の受動的なサラリーマンはこの先食えなくなる>

 

 ある意味では、地方では常に「起業家精神」が求められます。あなたは、自分でビジネスを生み出さなくてはならないのです。(引用)

 

やっぱり、そうなんだよね。

田舎は自分でビジネスを出来る人には良いけど、それ以外の人には凄く厳しい場所なんだよね。だから、田舎の人はみんな「東京に行きたい」と言うんだと思うな。

 

 

能動的に価値を生み出していける人にとっては、地方はほんとうにパラダイスです。僕は限界集落に住んでいますが、誇張ではなく「何をやっても食っていける」自信ありますよ。農家になってもいいし、林業やってもいいし、民泊経営してもいいし・・・・・・。

本来的に「仕事は自ら作り出すもの」であることを思い出しましょう。(引用)

 

 確かに、そうだね。

自分で価値を創れる人は、ライバルがいない田舎に行けば、自分だけの世界みたいなコミュニティを形成できるわけですね。実際、イケハヤさんも「イケハヤランド」的なものを作っているみたいだね。スゲェな。

影響力のある人、コミュ力の高い人、新しいものを生み出すのが得意な人は、田舎に行ってみれば良い。

実験系(やってみました系)YouTuberなんかは、都会よりも田舎の方がやりやすいんじゃない?爆発させたりするのは、都会では出来ないでしょ?誰もいなかったら、どんだけ騒いでも怒られないし。

 

「仕事は自ら作り出すもの」というのは、本当はそうなんだよ。誰かの言う事をただ聞いて行うものではないんだよ。

でもねぇ、目の前の生活のために、日銭を稼ぐことしかできない人が居るのも事実。早くベーシックインカム導入されないかな。少し話は逸れたけど。

 

 

<まとめ:クリエイター、起業家は移住もあり>

 

 イケハヤさんが、田舎に移住して収益が伸びたという話は、単純にイケハヤさんのセンスによるところが大きいはずだ。もちろん、田舎が彼に合っていた、というのも影響しているけど。

そして、イケハヤ氏は元々ビジネスをしていた。田舎に来て、始めたわけでは無い。

 

なので、「田舎に行けば人生変わる」みたいには思わない方が良いだろう。

 

しかし、田舎の環境は、(土地が広くて安い、環境が良い、食材が安いなど)物事に集中しやすいなどのメリットあるようだね。

自分のビジネスを持っている人や、作りたいものがあるクリエイターは、一回田舎に行ってみるのもアリだと思う。良い効果が得られるかもしれないぞ。

 

naocchi3.hatenablog.com