ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

読書感想:林修著『いつやるか?今でしょ!』3

今回は「勝ち易い場所で努力しろ」という内容だ。

 

意外と分かっていない人が多い内容だと思う。

無駄な努力をして、貴重な時間やお金を無駄にしている君は、まず考えてみよう。

 f:id:naocchi3:20170911201844j:plain

 

 

<「勝ち易きに勝つ」道を選べ>

 

「大した努力をしなくても勝てる場所で、最大の努力をしなさい」

 

人間は万能ではありません。得意なことがれば必ず不得意なこともあります。楽に成長できることと、そうではないことの違いははっきりしています。しかし、それがやりたいことなのかはまた話が別です。だから、面倒なのです。(P169)

 

やりたい仕事と「勝ち易き」仕事が一致する人は幸せなひとです。何も迷うことはないでしょうから。しかし、多くの人はそれがずれるのです。だから苦しむのです。(P171)

 

<負けから学ぶこと、そして時に潔く負けること>

 

自分の負けるレースには参加しません。だから、僕は負けませんよと、本当に自信をもって言える人は、数限りなく負けてきた人なんです。ただ、負けてきただけでなく、そこから多くのことを学んだ人なんです。(P176)

 

自分の負けパターンを知っている人間は強いものです。こういうときはマズい、修正を図ろう、あるいは撤退だ、と迅速かつ冷静に判断できますから。(P177)

 

・楽に勝てるところで、最大の努力をする

・負けて適性を知る

 

ここに書いてあるのは、そういう事だ。

これ、凄く大事なんだよね。でも、分かってない人が多い。

 

楽に勝てる所で努力すれば、周りとの差はどんどん開く。自分の地位を揺るぎないものに出来る。

そして負けて適性を知れば、無駄な努力で時間やお金を無駄にする事が無くなる。

 

世の中の人は、これを知らなすぎ。みんな無駄な努力で時間を無駄にしてるし、そもそも適性を知らない人が多すぎ。

 

例えば、部活。

練習しても上手くなれない人や、いつまでも試合に出れない人が、いつまでも続けているのをよく目にする。

それは時間の無駄だから、早く部活を変えるべきだ。残酷だけど、それが真実なんだよね。

自分の適性を知れば、そういう事は起こらないと思うのだが。

 

僕はめっちゃコミュ障で、人に話しかけるのが凄く嫌い。それを無理に治そうとしても、無駄。元々コミュ力に長けている人には、勝てないんだよね。

 

まずは適性を知る。そして、そこで努力する。これが、どれほど大事か。

皆にも気付いてほしいなぁ。

 

naocchi3.hatenablog.com

 

naocchi3.hatenablog.com