ぼっちですが何か?

とあるぼっちの生活記録

一人暮らしは綺麗な部屋で楽しく。面白そうな片づけ本5冊をまとめたよ。

どうも、なおっちです。

 

この間は、部屋を綺麗にして一人の時間を良くする、というテーマで記事を書いたけど、今回はそれに関連して、掃除本を調べてみたよ。

 

汚い部屋からスッキリした部屋に来ると、何でも捗ってしまう事が判明した。

疑っている人は、一回ホテルに行って泊まったり、部屋を劇的に掃除してみると良いよ。違いが歴然としているから。

 

特にぼっちやお一人様は、一人で部屋で過ごす時間が多い。だから、部屋くらいお気に入りの空間にしようよ。

 

という訳で、片づけ本特集、行くぜ。

 

 目次

 

 

『人生がときめく片づけの魔法』

 

大ベストセラー。

 

人生がときめくとは、凄く大げさなタイトル。そして、魔法とは。胡散臭い自己啓発本みたいだな。

この本は、「一度片づけたら、二度と散らからない方法」を書いた本。まずは捨てるを終わらせて、短期で片づける。そうすれば、2度と散らからないらしいぞ。

 

「片づけてもすぐに散らかるから、掃除しても意味ない」と思ってしまうよね。

 

片づけしても、すぐに汚くなる人は、読んだ方がよさそうだね。

 

そして、著者の近藤麻理恵さんは有名な片付けコンサルタントらしいぞ。大学二年からコンサルティング業務を始めているとは、凄いな。

 

アマゾンのレビューが凄いね。

「まさに魔法」とか「今までにない片づけ本」とレビューしている人がいる。そして、だいたいの評価が★五つ。これは、気になる。

人生がときめく片づけの魔法

新品価格
¥900から
(2017/7/21 13:25時点)

 

『奇跡の3日片付け』

 

3日片付け、とは、これまた良いタイトルですな。

モノは家全体の収納の7割が適量で、そのために片づける。

理想の暮らしを思い描き、家一軒片づけきるのを3日で終わる方法を、まるで隣に筆者がいるかのように教えてくれるらしい。

 

隣に居るとは、いったいどんな本なんだ?そして、3日で片づけるというのも面白い。僕は、片付けは1日でやるものだと思っていたけど、3日なら、無理せず最後まできっちり片づけられそうだね。ゆっくり、確実にやるのは良いかも。

 

筆者は片づけアドバイザーで、不動産業も営んでいる。現在は半年先まで予約がいっぱいになっているとか。いやいや、片付けで苦しんでいる人は多いんだな(笑)。

 

レビューも★五つが多いね。最高峰と絶賛している人もいるぞ。これも良い本っぽいな。

一生リバウンドしない!奇跡の3日片づけ

新品価格
¥1,404から
(2017/7/21 13:26時点)

 

『ダメな自分を認めたら部屋がキレイになりました』

 

こちらはコミックエッセイ。

 

ダメな自分を認めるのは良いね。良いじゃないか、人間なんて所詮ダメなんだから(笑)。

 

「持っているだけで安心して、実際に使っていないモノ」を思い切って捨てた事で、良い人生が開けたんだとか。

 

やっぱり、片づけって大事なんだね。部屋が良いと、勉強や作業が捗るだけでは無さそうだな。

 

レビューもかなり好評だね。漫画だから分かりやすくて面白いのかな。気になるぜ。

 

 

『ゆるい片付け』

 

映画のタイトルみたいだね。いいねぇ、ゆるいッて。

 

この本は、「無理しない程度の片付け」メソッドについて書かれた本。物を持ち過ぎず、捨て過ぎずの丁度いい暮らしが、この本にはありそうだね。

 

レビューが少ないのは気になるけど、どれも高評価なので、良い本だと思うぞ。

「循環ライフ」で、こんなにキレイ! ゆるい片付け

新品価格
¥1,404から
(2017/7/21 13:28時点)

 

『部屋は自分の心を映す鏡でした』

 

ホント、部屋は自分の心だよ。部屋って自分自身だなぁって良く思う。

 

片づけられない理由(心のクセ)を解き明かし、それに合わせた片付けをレクチャーする本。

片づけを心、言い換えれば人間の心理から解説するのは、本当に効果的だし面白い!部屋を汚くするのも綺麗にするのも人間なわけだからね(当たり前)。

 

部屋が汚い、又は片づけられないのは心の要因が大きいよ。僕の部屋が汚いのも、僕の心が散らかってるから、又は汚いから。自分でも、ホントに思うんだ。

 

まずは自分の心を知って、それに合わせた片付けを実践しよう。僕と一緒に。

 

レビューを見てみると、当たり外れが激しいみたいだね。僕が読んでみて、レビューするから、そちらを楽しみにしていてね。

部屋は自分の心を映す鏡でした。

新品価格
¥1,296から
(2017/7/21 13:27時点)

 

 

 

いやぁ、片づけ本っていっぱいあるんだね。今回はそんな数ある本から、僕が気になった本を選んでいったよ。

 

凄く印象深いのは、『人生がときめく片づけの魔法』と『部屋は心を映す鏡でした』だね。

 

『人生がときめく~』は、2度と散らからない部屋づくりというテーマが面白いよね。片づけでも減量でも、元に戻るのって多いんだよね。それを無くして、整理された状態を保つというのは、本当に大事で効果的な事だよ。整理された部屋は凄く快適な空間だから。

 

『部屋は心を~』は、片づけを人間の心から捉えている所が良い!

人間の心って、本当に部屋に出るんだよね。心があれこれと落ち着いていないと、部屋にその通りにスクリーンされる。僕の最近の精神状態が悪いから、部屋にもそのまま映ってしまったんだね。

逆に言えば、部屋を綺麗にすれば心も落ち着くんだよね。綺麗な部屋は精神的に物凄く良い。

 

さて、どれを読もうか。皆も綺麗な部屋で、楽しい時間を過ごそう。

 

おススメ記事