ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

Koboとkindleはどちらが良いのか?両方使ってみた感想。

僕は電子書籍で読書している。大体の人は、電子書籍と聞くと楽天koboとアマゾンのkindleを思い浮かべると思う。そこで、両方使ってみた感想をザックリ紹介。

 

結論:楽天派かアマゾン派かで決めよう

どちら良いか?という質問に、「これだ!」とハッキリと答える事は出来ない。なぜなら、ユーザーによって、それぞれ使い勝手が違うからだ。

スマホアプリの使い勝手も、両方変わらない。どちらも使いやすい。小さい画面でも、読みやすいように出来ている。

 

SALEも、両方で同じようなことをしている。だから、価格もそこまで変わらない。ストアでの本の探しやすさは、どちらも微妙。若干、kindleの方が探しやすいかも。

 

楽天を使っている人はkoboAmazonを使っている人はkindleを使えば良い。ポイントも溜まるし、両方で買い物をするというのは無駄が多いからだ。

僕はプライムビデオやお急ぎ便の良さから、Amazonを使っている。ただ、それだけだ。

 

読み放題サービスで決めるのはアリ

そうは言っても、やはり違いはあるもの。

例えば、最近流行りの読み放題サービス。楽天Koboとアマゾンのkindleでは、それぞれ独自のサービスを展開している。それで決めるのは、かなり良い方法だと思う。

 

まず、楽天は雑誌の読み放題サービス楽天マガジン を展開している。約200を超える雑誌が、月額380円(税抜き)で読み放題です。例えば、

Seventeen(女性ファッション誌)

メンズノンノ(男性ファッション誌)

・number(スポーツ誌)

サッカーダイジェスト(スポーツ誌)

・家電批評(総合娯楽誌)

デジモノステーション(総合娯楽誌)

週刊ダイヤモンド(経済誌)

東洋経済(経済誌)

・プレイボーイ(男性誌)

・スクリーン(映画誌)

ベストカー(車)

 

などなど、コンビニに置いてある雑誌のほとんどを網羅しています。素晴らしい。読めない雑誌はなくらです。これがあれば、コンビニで立ち読みする必要もなし。タブレットスマホでポチッと一発で気になる雑誌が読めますよ。

 

雑誌が好きで、普段からコンビニで立ち読みをしている人や、毎週毎月雑誌を買って浪費してる人は、これで時間とお金を大幅に節約できるぞ。

 

こういう訳で、雑誌好きな人はkoboを使うのがおススメ。ちなみに雑誌はスマホだと読みずらいから、タブレットがおススメですよ。iPadとかで雑誌をサクサクと読んでしまうのも良いねぇ。スマートで超現代的ではないか!

 

 

一方kindleでは、書籍の読み放題サービスのkindle unlimitedを展開。月額980円で、対象の本が読み放題というサービスだ。和書は2万書くらい揃っている。

今年の9月に発売された「モチベーション革命」が既に追加されている!これはビックリ。

 

堀江貴文氏の「何でお店が儲からないのか僕が解決する」も面白かった。新品で買うと高いんだよねぇ。

 

そんな訳で、結構良い本がランナップされていて嬉しいサービスだ。上記の「モチベーション革命」は紙で買うと1620円するので、これ一冊読んだだけで元が取れる。これで月額980円は、お得。他に漫画も結構揃っている。

 

本が好きな人はkindleを使うのがおススメ。Kindle unlimitedを契約しているだけで、かなり良い読書生活が送れるぞ。これから読書を始める人は、kindleを使ってみよう。  

naocchi3.hatenablog.com

 

また、プライム会員なら誰でも利用できるアマゾンプライムリーディングにも、結構良い本や雑誌があります。雑誌だと2ndとかMacfanGetnavi、ギターマガジンなども読めますよ。月額325円でコレは、凄くお得です。

 

 

まとめ:しかし、結局は楽天ユーザーかAmazonユーザーかで決めれば良い

僕個人のおススメはkindle。普段からアマゾンを利用していて、プライムビデオなどのサービスも充実しているからだ。

 

前述の通り、どちらのサービスもそこまでの違いは無い。どちらも不定期にセールをやっているので、価格もそんなに変わらない。

 

楽天の人はkoboを使えば良いし、Amazonの人はkindleを使えば良い。僕の感想はそんなところ。

 

他の電子書籍サービス(Honto)なども比較していきたい。

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。