なおっちのお一人様フェスティバル

これからはお一人様の時代だ。数々の経験から「一人が一番」という結論に至る。映画、お酒、一人旅、本など、お一人様に嬉しい情報を発信していくよ。

アマゾンプライムビデオと組み合わせたい動画サービスを考える。

どうも、なおっちです。

今回は、「動画見放題サービス」について考えていくぞ。

 

僕は映画を観るのが好きで、アマゾンプライムビデオを活用しているぜ。

 

年間3900円で、対象の映画やドラマ、オリジナル番組が見放題になるこのサービス。気になる映画が何本もあって、その度にウォッチリストに保存して、消化しきれない状況が続いている。

 

作品数も豊富だから、ぶっちゃけこれさえあれば、ほとんど困ることは無い!

 

しかし、そんなプライムビデオにも弱点があるんだよね。

それは、「あれ、観たい作品がプライム対象(見放題対象)じゃない!」という事。そんな時に渋々諦めるのは、ちょっとショックなんだよね。

 

まぁ、全部の作品が見放題だったら、TSUTAYAが潰れてしまうよね。しょうがないんだけど。

 

しかし、「プライムビデオの不足を補填できるサービスがあるはずだ」と僕は考えた。プライムビデオともう一つのサービスを組み合わせることで、ほとんど全ての映画やドラマが観られるように出来ないのか!

 

そこで、アマゾンの他の動画見放題サービスを僕なりに比較して、プライムビデオの相方に相応しいサービスを探していくぞ。

 

では、レッツゴー。

 

 目次

 

 

<とりあえず、アマゾンプライムビデオとは?>

まず、アマゾンプライムビデオって何よ?っていう人へ。

 

もう一度言う。

アマゾンの「プライム」会員のおまけ(お急ぎ便などの配送が無料)として、対象の映画やドラマが年会費3900円で見放題になるサービスだよ。

 

「3900円だから、どうせラインナップ少ないんでしょ?」と言う人。

 

いやいや、何を言っているんだ?作品数はかなり豊富だぞ。

流石に、TSUTAYAの最新作(現在の『君の名は。』や『シンゴジラ』など)はラインナップには無いけど、それ以外ならかなりの割合で揃っている。

 

新作の『スタートレックbeyond』や『ジェイソン・ボーン』が早くも追加された。それ以外にも、TSUTAYAの旧作なら大体は揃うぞ(例えがTSUTAYAばかりでスミマセン)。特に洋画は作品数が多い。

 

そんなサービスが、年会費3900円で観られるという、大変素晴らしいサービスなのだ。

僕はプライムビデオをPS4で観ているよ。是非、買ってください(笑)

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)

新品価格
¥31,040から
(2017/8/2 20:15時点)

naocchi3.hatenablog.com

 

PS4じゃオーバースペックだという人は、fire TVで。

アマゾン、ネトフリ、Hulu、DTV、DAZNなどに対応。映画やドラマだけなら、これで十分。

コンパクトだからスペースも取らないね。

Amazon Fire TV

新品価格
¥11,980から
(2017/8/18 22:26時点)

 

<しかし、そんなプライムビデオにも弱点はある>

 

そんなプライムビデオも、全ての映画が観放題なわけでは無い。弱点はあるのだ。それは

 

・最新作は見放題にはならない

・見放題期間がある

・追加料金を払わないと観られない作品がある(特に邦画)

 

など、僕が思うのはそんな所だ。

 

・最新作は見放題にはならない

これは前述のとおり。全部見放題対象にはならない。

なので、観たい作品は個別にpay per view(PPV)で購入するか、Blu-rayをレンタル、購入する必要がある。

 

・見放題期間

見放題の作品にも、その期間がある。

プライムビデオを検索していると、「○月○日に、プライム期間が終了します」と表示される映画がある。

なので「あの映画はプライムで観れるから」と油断していると、突然お気に入りの映画が追加料金を払わないと観れなくなる事がるのだ。

 

・追加料金を払わないと観れない作品がある

最新作でなくても、追加料金を払わないと観られない作品がある。特に邦画は、洋画に比べてあまり作品が多くないので、「あれが観たい」という時にプライム対象では無いことが多い。

 

最強とも言われるプライムビデオにも、弱点はあるのだ。

この弱点をどうにか補填したい。そのためのサービスは無いのか?と僕は考えた。

 

そこで、動画見放題サービスを組み合われば、観たい映画はほとんど無くなるのでは?と考えた。

 

では、プライムビデオと相性が良いサービスを検討していくぞ。

 

 

<国内最大手のU-NEXT>

U-NEXTは、国内最大手の動画配信サービス。

価格は月額1990円(税抜き。うち1200円はポイントとして付与される)。

31日間のお試し期間あり。

コンテンツ数は12万以上(ちなみに、アマゾンは4万本ほど)。

PPVあり。

 

一見、「これだけあればプライムビデオの穴埋めには充分」と思えるよね。では、実際にコンテンツを見てみるぞ。

 

まず、推し中の映画が、プライムビデオで観られる作品ばかりだ。

「見放題で楽しめる厳選良作」のコーナーには、『イミテーションゲーム』や『トランスフォーマーリベンジ』が推されている。しかし、これはプライムでも見放題対象。

 

それに加えて、プライムビデオではトランスフォーマーの第四作『ロストエイジ』まで見放題

一方、U-NEXTではpay per view(追加料金を払って観る映画)になっている。

 

この様子から、プライムの方が見放題に長けているのかも。

 

そして、最新作は見放題の対象では無い。

君の名は。』や『キングコング』などの作品は一本540円から。うん、1990円も払うのに見放題じゃないのかい!と突っ込みを入れたくなるね。

1200円のポイントがあっても、最新作が二本しか観れないのだ。それで見放題とか言っちゃうの?

 

この時点で、プライムビデオの相方失格。解約の手続き面倒で、解約後も料金が発生することがあるんだとか。これはお勧めできない。

 

31日間のお試し期間があるけども、僕はやらないな。ユーザーの利便性を考えていないサービスには手を付けない主義です! 

 

 

<海外ドラマに強みのHulu

海外ドラマがかなり揃っているHulu。

月933円(税抜き)。

4万以上のコンテンツ。

14日間のお試し期間。

PPVなし。

 

プライムビデオは、あんまり海外ドラマの作品数は豊富ではない。良い相方になりそうだ。コンテンツを比較していく。

 

まず、映画。

映画はあんまり多くない印象。プライムビデオのラインナップと被っている作品が多い。

『レオン』『M.I』『ミレニアム』『キャッチミー・イフユーキャン』『英国王のスピーチ』『スラムドッグ・ミリオネア』などなど、プライムビデオで観られる作品がかなりある(プライムは期間があるので、いつまでも観られる訳じゃない)。

それでも、プライムで見たことが無い映画もちらほら。若干、不足を補えるかも。

 

ドラマ。

こちらは流石。海外ドラマも国内ドラマも豊富にラインナップ。

まず、海外ドラマ。

多すぎて分からない(笑)。『ウォーキングデッド』とか『死霊のはらわた』とか、僕でも知っている物から知らないドラマまで。しかも完全見放題。素晴らしい。

 

国内ドラマ。

日テレ系のドラマが多い。家政婦のミタとか懐かしいものから、校閲ガールなど新しい物まで、様々。TBSのドラマもあるぞ。

 

アニメ。

NARUTOや東京グール、進撃の巨人などが観れる。こちらも、かなり豊富なのでは?(アニメは詳しくないので分からない)。

 

その他、バラエティー番組もラインナップされていたりする。お笑いも楽しめるのか!

 

映画よりもドラマが好きな人、アニメも観たい人にはHuluがおススメ

月額933(税抜き)でPPVなしも魅力だね。まぁ、映画もプライムよりは若干豊富ではあるが。

14日間のお試し実施中だ。皆もどうだい?

 

 

<世界最大手のNETFLIX

最近日本でもサービスを開始したネットフリックス。

月650(ベーシック)

 950(スタンダード)

 1450(プレミアム)

一カ月お試し期間あり。

コンテンツ数は非公開。

PPVなし。

 

スタンダードはHD画質、プレミアムは4K画質で視聴可能。普通の人はスタンダードで良さそう。

 

映画。

『マッドマックス・怒りのデスロード』『はじまりのうた』『GANTZ・O』、『セッション』などなど、2年前ほどの人気作がほぼほぼラインナップ。『アメリカン・スナイパー』は無いのかな?

しかし、『マッドマックス』や『セッション』はどのサービスを見ても無かったな。偉い!他にもオリジナル映画もある。映画に関しては一番だね。

ただ、最新作はラインナップに無い。950円(スタンダード)払うんだから、せめて何本かは欲しいよね。

その他、オリジナル映画もあるよ。

 

ドラマ。

オリジナルコンテンツが豊富。『フラーハウス』や『火花』など、話題のオリジナルドラマがいっぱい。僕が一番気になったのは『リバーデイル』。面白そうだね。

 

アニメ。

559タイトルがラインナップ。僕が知っているタイトルは無かった(笑)けど、アニメ好きのみんなが気になるタイトルはあるはず。アニメ詳しくないんです。

 

映画も新しい人気作が多い。マッドマックスがラインナップされているのは、始めてみたよ。

それでいて、オリジナルコンテンツが豊富。特にドラマのオリジナルが多いね。

作品数が少ない、と言われているが、全く感じないな。質が良いからかな?

既存の作品にはだいたい飽きていた人は、ネトフリのオリジナル作品を見ると良いね。

 

プライムのラインナップに無い映画やオリジナル映画、ドラマを観たい人には、ネットフリックスがおススメ。一カ月の無料お試し中だぞ。

 

 

<ドコモじゃなくても大丈夫・dTV>

ドコモが運営している動画配信サービス。ドコモじゃない人でも観られるよ。

 

月500円(税抜き)

PPVあり。

コンテンツ数は12万。

31日間無料お試しあり。

 

まず、映画。

こちらも、プライムビデオに無い作品もあれば、ある作品もある。若干、コンテンツが被っている。

そして、残念ながら最新作は見放題対象では無い。PPVで500円ほど払う必要がある。見放題じゃないのか!

 

ドラマ。

前のクールまで放送していた『crisis』がラインナップ。その他、プライムビデオで見かけない作品もあるね。『重版出来』とか、超面白いぞ。

ただ、Huluの方が質、量ともに良い。

 

アニメ。

アニメ映画を含むと500以上のコンテンツ数。あんまり聞いたことが無いアニメばかりだな。きっとマニアには嬉しいラインナップになっていると思うぞ。

 

dTVは月額500円で安い。しかし、コンテンツ数12万と言いながら、新作や人気作はPPV。「そんなに多いかな?」と率直に疑問が残る。

しかし、映画はプライムビデオと被っている作品が多く、ネットフリックスの方が質が良い。

ドラマは国内、海外含めHuluの方が豊富。

アニメも、Huluよりも良い、とは言い切れず。

 

 

<その他>

・DMM

DMMの見放題ライト。映画やドラマのコンテンツは全く充実していない。

しかしDMMだから、セクシーな動画のラインナップは凄いぞ。アダルト系が好きな人は、契約しない訳にはいかない程だ。月額540円。

 

TSUTAYA TV

TSUTAYAがやっている動画配信サービス。ラインナップはあまり多くない。ほとんどがPPV。

ただ、毎月1080円分のポイントが付与される。これで新作を二本観られる事になる。ただ、作品数が少ない。それに933円払うのは、お勧めしない。

 

・そのほか、気になるサービスがあったら追記していく予定だぞ。

 

 

<まとめ:ドラマとバラエティーのHulu、映画とオリジナルコンテンツのNETFLIX

主な動画配信サービスを、「アマゾンプライムビデオの不足を補う」という視点で比較してみた。

 

プライムビデオは確かに便利だが、全ての作品が見放題という訳では無い。新作は当然PPVだし、見放題の期間が終了する事もある。

 

それを補えるサービスは、

NETFLIX

・Hulu

 

という結論に至った。

 

NETFLIXは、映画の質が良い。

プライムビデオでは見放題対象になっていない人気作でも観れる。マッドマックスなどが見放題になっているのは大きい。

また、オリジナル映画・ドラマが多いのも良い。今までに無い作品が観たい人は、ネットフリックスが良い。

 

Huluは、ドラマの数が多い。

海外ドラマの数がとにかく豊富なのと、国内ドラマのリリースが早い(特に日テレ系)ので、ドラマ好きには超良い。

また、バラエティー番組もラインナップされている。

 

映画・オリジナルコンテンツが観たい人はNETFLIX、ドラマ・バラエティーが観たい人はHulu。

 

アマゾンプライムビデオと組み合わせれば、毎月1500円以下でかなりの映画やドラマが楽しめる。皆もお試し期間に登録してみてね。

 

では、今回はこの辺で。