ぼっちですが何か?

とあるぼっちの生活記録。気になったニュースなどについて、非常にひねくれた意見を述べていきます。

ミニストップが成人誌発売を中止へ。寂しいコンビニの誕生。

mainichi.jp

 

イオン系コンビニチェーンのミニストップが、成人誌の発売を順次廃止すると発表した。健全な社会の形成のため、とは言うものの、寂しさは否定できない。

 

記事によると、千葉市の要請から取り扱いを辞めることになったという。おそらく、健全な青少年の育成などが目的だと思う。まぁ、悪くは無いと思う。

 

コンビニと言うのは、いろんな物が揃っていて、中には凄い珍しい商品もあったりする。雑誌売り場に行くと、「成人向け」という仕切りの先にアダルトな本が置いてある。「こんな凄い女優がいるのか!」という発見があるのが、楽しかったりしたなぁ。

 

コンビニに成人向け雑誌があると、気軽に情報を仕入れる事が出来たので便利だった。中に入っている特典のDVDが良い時は、凄く内容が豪華だったりるのも嬉しかった(長尺のビデオが収録されているなど)。

また、コンビニに置けることで、アダルト業界の売り上げや市場拡大にも繋がっていただろう。

 

今回はミニストップだけだが、少なからずアダルト業界が受ける影響はありそうだ。今後もこのような動きが続けば、市場縮小は避けられないだろう。

 

健全な社会の形成は素晴らしい。が、コンビニの雑誌を規制する事で得られる効果は、いったいどれくらいなのだろうか?最近は中身を開けないようになっていて、内容が見れないように工夫がされている。

 

アダルト業界の健全な発展のために、あまり意味の無い規制はしないで欲しい。無理やり市場を小さくしても、何も良い事は無いぞ。まぁ、他のコンビニで引き続き売ってくれれば、別に良いだけど。

おススメ記事