ぼっちですが何か?

とあるぼっちの生活記録。気になったニュースなどについて、非常にひねくれた意見を述べていきます。

自分に不向きな事を理解して、時間とお金の無駄をなくそう。

オピニオン記事を書くのは久しぶり。

 

林修さんは著書『いつやるか?今でしょ!』の中で、「努力しないで勝てる所で、最大の努力をする事が大事」と述べていた。

 

その意見に、僕も強く賛同している。つまりは、向いてない事にさっさと見切りを付けて、そこでは勝負しない、という事だろう。

 

僕はそれを読んで、こうも思った。

向いていない事を理解して徹底的に排除すれば、人生というのはある程度良くなるのでは?と。

 

 

今までの人生で、「向いてないなぁ」と思ったことは誰しもあるはず。

 

僕の場合は

・人に話しかける

・集団生活

・大人数の飲み会

・無理やり参加する行事

 

などなど、思い返してみるとかなりの不向きが見つかった。

僕が学生の時は、とにかくこれらに馴染もうとしていたんだけど、その時間ってどう考えても楽しくなかったんだよね。

 

大学に入学した時は、誰か友達を作ろうと話しかけてみた。でも、結局仲良くなれたのはゼロ。

 

中学、高校時代では「学級」や「部活」という集団に嫌でも属していたけど、これが凄く窮屈で退屈でうんざり。女子はいちいちウザいし、男子は訳が分からんし。二度と関わりたくない。

 

大人数の飲み会は地獄。注文が通らないしビールはピッチャーで来るからマズイし。そもそも馬鹿で声のデカい奴だけしか話さないんだよね。クラス会も、僕は誰とも仲良くないから楽しくなかったなぁ。何で参加したんだろ(笑)?

 

学校で参加させられる行事で楽しい思いでは無いなぁ。

文化祭は面白くないし、体育祭でみんなが熱くなる意味も分からなかった。全員参加とか辞めれば良いのに。

 

こんな事に一生懸命になっても、意味がありません(笑)。諦めて下さい。

 

でも、それって自分の為なんだよね。向いてない事をさっさと諦めて、向いている事に注力する。その方がつまらない思いをせずに済むし、時間を無駄にしないで良いし、何より楽しい時間を過ごせるぞ。

 

人間関係も同じ。「コイツ合わないなぁ」と思ったらめちゃくちゃ距離を取って、とにかく無視か聞いたふりで適当に対応しよう。感情的になると自分が疲れるからダメだぞ。

「何で仲良く出来ないのか?」と考えても無駄。その人とは、どうやっても合わないというのが正解だ。

 

合わない奴をシカトして、徹底的に不要なものを削ぎ落とすと、最適化されるぞ。

大学後半に、仲の良さそうで実はまったく要らない奴を排除して、無駄が減った。その結果、無駄な時間と金を使う事が無くなった。

 

別に人と話さなくても楽しいし、飯も一人で食った方が美味い。それに気づいたのもその時だった。もう少し早く気付いていれば、つまらない思いをせずに済んだのに。

 

映画、読書、ゲーム等々、夢中になれる世界はいっぱいあるぞ。いつまで集団で消耗してるの?

 

向いてない事に見切りをつけて、損切りする。これを早いうちに出来た人は、その後の人生も楽しくなるだろう。

 

不向きな事はシカッティング。ロスをカッティング。嫌な事はナッシング。

 

僕はまだ読んでないけど、為末大さんのこの本はかなり人気みたい。いろんなブロガーさんが勧めていたぞ。

諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉

新品価格
¥1,620から
(2017/9/17 13:47時点)

naocchi3.hatenablog.com

 

おススメ記事