ぼっちですが何か?

とあるぼっちの生活記録

集中力を高めるテクニックで、人生の価値を上げる②

集中力を高めたいなおっちです。

さて、この前書いた記事で、集中力が高まると人生の価値は格段に上がる、という事を書いたよね。

 

関連記事

 集中力を高めるテクニックで、人生の価値を上げる。 - なおっちの独り言

 

胡散臭い自己啓発本のようなタイトルだけど、これはマジ。前回の記事を読んでない人は読んでみてね。

 

それで、今回はその続きを紹介するね。今回は少し応用的なテクニックを教えるよ。この前と同じ『超集中力』を参考にしてるよ。

 

 

<即決で判断を減らす>

 

 脳は行動することで疲れるのではなくく、小さな意思決定の連続によって疲弊していくことは、先にお伝えした通りです。

 しかも、「今は面倒だから」と後回しにすると、持続的に疲れが増していきます。これは第一章で述べた、「決定疲れ」というもの。無意識下でありながらも、「やらなくちゃ」と意識し続けていくと起きる現象です。

 やるべきことなら、雑事こそ即時判断することが重要です。(P134)引用

 

人は意思決定で疲れる。迷うのは、ウィルパワーの最大の敵。

それを防ぐために、「すぐやる」習慣を身に付けよう。

 

具体的には

・皿はすぐに洗う

・着る服は決めておく

・使ったらすぐにしまう、捨てる

 

人は「あれもやらないと、これもやらないと」と迷っていると消耗し、ウィルパワーが無くなってしまう。だから、そもそも迷わない環境を作って、ウィルパワーはクリエイティブな事に使おう。

 

僕は、皿洗いが非常に面倒なので、自宅で料理するのをやめたよ。食べるのはコンビニやスーパーの弁当、お惣菜、カップ麺くらい。洗わなくていいし料理しなくていい、その上一人暮らしならそんなに金が掛からない。え、これって凄くない。

 

着る服で迷う事はまずない。だって、僕は出かけないから。

と言っても、会社や学校に行く人が大半。だから、そう言う人は前の日に決めておくか、スティーブ・ジョブズみたいに七本のハンガーにセットする、みたいにすれば良いかもね。一つ一つがシンプルな服なら、そんなに外れないと思うよ。

 

使ったら戻す・捨てるも大事。

お菓子食った袋が散乱してると気が散る。そして、それを心にずっと溜めてると、「片づけないとなぁ」という迷いでウィルパワーが確実に減ってくる。

 

 

<物を持たない>

 

いっその事、物を持たない方が良いかもしれないね。

今はレンタルが充実していて、パソコンやスマホ、車もレンタルできる時代。身軽な方が動きやすいし、何より片づけの手間と時間が大幅に削減できそう。

みんなもレッツ・ミニマリスト

『超集中力』の著者のDaiGoさんも物はレンタルがほとんど(P138)らしいお。

 

 

<朝は一番大切>

 

朝起きた後の二時間は、一番集中力の高い時間。

特に朝食後の30分。

 

しかし、多くの人は

ギリギリまで寝る→起床→準備でバタバタ→イライラしながら出勤・登校

じゃない?

 

僕もそうだった。けどね、それって一番大事な時間を無駄にしてるんだよ。この損失と言ったら何円になる事やら、、、。学生時代の僕に言ってやりたいよ。

朝起きてすぐは、とにかく頭がスッキリ。何も頭に入っていない&ウィルパワー満タン。読書、執筆、映画鑑賞etc、、、。すべて、朝が一番捗る。経験上マジ。

 

そして、朝の行動は更に効果を生むんだ。

それは「朝頑張ったから今日は良い日」効果。これは『超集中力』にも書いてないし、僕が名付けたよ。

この効果は、朝、自分のために何か努力した、という事で、その後の気持ちがとても前向きになる効果だよ。

 

朝、例えばランニングとか読書とかヨガとか、何でもいいから何か行動に起こしたというだけで、出勤や登校の時に前向きになれるんだ。

僕も、朝に集中して何か書いたり読んだりできた時は、その後も良い気持ちで過ごせるんだ。

一方「朝頑張るつもりだったけど出来なかった」と後悔していては、何をするにも後ろ向きなマインドが付きまとうよね。これは凄く気持ち悪い。

 

 

<まとめ:部屋はスッキリ&朝活推奨>

 

散乱しているものを見るだけで、人の集中力というのは奪われる。「あぁ、ここにゴミあるよ」みたいな残念な気持ちにもなる。

それを避けて歩くのもまた一苦労。これもウィルパワーを消耗させてしまう大きな要因だ。

 

朝は一日の雑念や疲れが一番少ない日。集中に向いているのは言うまでもない。これ、気づいてない人多すぎだよね。学生さんとかぎりぎりまで寝てる人多いけど、朝大事に出来る人とそうでない人は凄まじい差が出ている事でしょう。