ぼっちですが何か?

とあるぼっちの生活記録。気になったニュースなどについて、非常にひねくれた意見を述べていきます。

昇格プレーオフで「神の手」炸裂!悪いのは誰?

www.footballchannel.jp

 

昨日行われたJリーグ昇格プレーオフで、まさかの判定が下ったようだ。

名古屋グランパスの田口選手の手に当たったプレーが見逃され、ゴールにつながったのだ。

 

f:id:naocchi3:20171127133447p:plain

 

問題となったのはこのプレー。この後、田口選手は見事なゴールを決めた。しかし、ゴールに繋がったこのプレーは明らかにハンドだ。このゴールで流れが大きく変わったのか、千葉は逆転を許し敗れた。

 

この判定を見逃した審判について。

まず、このプレーは明らかにハンド。昇格が掛かった試合で反則を見逃し、ゴールまで決まったのだから、レフェリーの責任は重い。

 

次に、田口選手について。

ハンドをしてゴールを決めたのは、褒めるべき事ではない。しかし、わざとやっているのでは無く、あくまで至近距離の相手選手のクリアボールが偶然にも当たっただけ。

そして、笛が鳴らなかったらプレーを続けるというのも、これまら当たり前のルールになっている。同選手は、その慣行に従ってプレーを続行しただけだ。

 

大事な試合でミスジャッジが出るのは非常に残念だし、選手やサポーターの悔しさも良く分かる。事実、僕も応援しているチームの試合で、ミスジャッジに泣かされた事は何回もあった。

 

しかし、非常に手垢が付いた言葉で申し訳ないが、人間の判断能力はこれが限界なのだ。どのシーズンでも誤審というのは一定数存在するし、それが消えることは無い。

 

このような事態を防ぐために、先日の日本代表戦で採用されたビデオ判定をJリーグでも取り入れて欲しい。世界では既にスタンダードなシステムなのだから、日本でそれを導入しない理由は無いだろう。

 

「審判だって人間だ」とは誰もが言う通り、ミスは仕方が無い。責めても、判定が覆る事は無い。

 

千葉の選手やサポーターには、ここで落胆しないでもらいたい。またオシム時代のような躍進をJ1で見たい人は、きっと多いだろう。来シーズンの活躍に期待している。

グランパスには、その分もきっちり頑張って、プレーオフを勝ち進んでもらいたい。名門である以上、その責任があるはずだ。

 

審判に腹が立つのも十分に分かるが、人間に完璧を期待するのは無理。皆さんには前を向いてサッカーライフを楽しんで貰いたい。まぁ、難しい事ではあるが、、、。

 

 

おススメ記事