なおっちのお一人様フェスティバル

これからはお一人様の時代だ。映画、お酒、サッカー、旅、本が好きななおっちが、お一人様に嬉しい情報を発信していくよ

「やれやれ」と言いながら、常にドライに構えていたい

常にドライでいたい。

歳をとるにつれて、そう思う事が多くなった。

良いことがあっても、少し笑うくらいが良い。

悪いことが起こっても、「やれやれ」と言って、軽く受け流すくらいが良い。

 

ドライ、つまり淡白な対応(世間では塩対応と言ったりする)は周りの人からは「冷たい」と思われるかもしれない。

でも、感情の振れ幅を小さくすることで、物事に対して冷静な態度でいられる。見間違う事も少なくなると、思っている。

 

そして何より、いつでも「自分の温度」でいるために、重要な事だと思う。

 

 

誰かと一緒に居て、発言やリアクションを求められたりするのが、元々好きではない。

もちろん、心を許している人となら、それは全く構わない。

 

しかし、問題はそうでは無い時。

気の合わない人と居る時に、「笑ってよ」とか、「何か話せよ」と言われた事がある。

その時、僕は何とか笑った。そして、無理に捻り出して話した。

もちろん、周りの反応は微妙。僕は、凄く後悔した。「どうして、無理に笑ったりお話しするという愚かな事をしたのか?」と。

 

その嫌な思い出を、たまに思い出す。時に、嫌いでは無い人と居る時に。

その時に楽しい話をしても、その事を思い出すと上手く笑えないのだ。

いや、全然楽しんだよ。その人には、そう伝わって欲しい。上手く笑えなくて、ゴメン。

 

こんな出来事が何回もあった。無理に自分の思っている事以上の感情表現をして、周りが白けて、時には馬鹿にされたりする。下らない、と思った。

そして、感情を出して喜びや悲しみ、怒りを表現することが怖くなった。もう少し言えば、喜怒哀楽の表現に疲れてしまったんだ。

 

 

良いことがあった時。

飛び跳ねて喜んだり、仲間と抱き合ったりするのは、素晴らしい。僕も、そんな事をしてみたい。でも、少し落ち着いてみよう。自分の中で湧き出る喜びに浸れるから。

 

悪いことがあった時。

確かに、反省することは必要だ。しかし、必要以上に悩んでいたのでは、時間が勿体ない。そして、嫌な事で自分を失ってはいけない。

 

激しく喜んだり、酷く悲しんだりするのは、本来の「自分の温度」から、かけ離れている、という事になる。

これは、言ってみれば、物事を冷静に観れない状態。

 

だから、僕は良いこと、悪い事があっても、ドライでクールに構えることで、「自分の温度」を保ちたいと思うようになった

 

たとえ、みんなの前で嫌な事を言われても「あ、そうですか」、と無表情で答える。

良いことがあったり、他人から褒められても「どうも」と、クールに答える。

そうすることで、「自分の温度」から出されること無く、快適な精神状態でいられる。

 

僕の大好きな作家の村上春樹さん。僕が好きな彼の言葉がある。それが

「やれやれ」だ。

 

特に悪いことがあった時に、僕は「やれやれ」と言ってドライに構えていたい。

変に怒ったり、泣いたり、叫んだりするのは疲れるし自分にとっても不快だからだ。

 

「やれやれ」凄く良い言葉だ。これさえあれば、何でも受け流せそうだ。

 

恋人と喧嘩した。僕はサンドイッチを食べながらビールを飲んで、「やれやれ」と言った。

 

こんな場面を想像しながら嫌な事と接すれば、なんだか素敵じゃないか。やれやれ、僕は海が見えるレストランでカキフライが食べたいよ。

 

 

好きな人と居る時、「笑ったり、喜んだりしなければ」と思う人はがいるかもしれない。

しかし、無理に笑っているのは、相手に伝わってしまう。

沈黙でも全然良い。「自分の温度」を相手に分かってもらおう。

 

やれやれ、僕はビールを飲みながら映画でも見ることにする。

「自分の温度」を大事に、生きて欲しい。

 

なおっち。

村上さんのところ コンプリート版

村上さんのところ

新品価格
¥1,404から
(2017/7/5 17:25時点)