ぼっちですが何か?

とあるぼっちの生活記録。気になったニュースなどについて、非常にひねくれた意見を述べていきます。

昼ドラから夜ドラへ。「他とは違う」番組作りの見本になるか?

headlines.yahoo.co.jp

 

フジテレビの「昼ドラ」を作っていた東海テレビが、「大人の土ドラ」というタイトルで深夜ドラマを制作している。その名の通り、大人向けのピリピリしたサスペンスものが多く、人気になっているみたいだ。

 

現在放送中の「サクラの親子丼」は、真矢みき主演の社会はドラマ。無料で親子丼を振る舞う食堂を舞台にした人間模様を描いている。

 

製作しているのは、以前昼ドラを制作していた東海テレビ。ドロドロとしたストーリーが売りの昼ドラの特徴が、ここに来て生かされている、という感じだ。

最近のテレビ番組はどれもコンテンツが似ていて、面白くない。その中で、少しヘビーなドラマというのは貴重なものと言える。

 

奇妙な隣人をテーマにした「火の粉」は僕も観ていたが、最近の地上波には無い、重苦しい内容で面白かった。現在放送している番組も、なかなか他では見れない、目を背けたくなる社会派ドラマになっている。

 

視聴率低下で苦しむフジテレビ。最近、長年看板番組として引っ張って来た「めちゃイケ」や「とんねるず」の終了が発表された。ドラマの方も、苦戦が続いている。

 

その中で、他でやっていない番組を作る姿勢は、素晴らしいと思う。他と同じ事をやっていては、また視聴率競争で負けてしまう、だったら、他では出来ないヘビーでダークな番組で勝負するのは、良い戦略だろう。

 

相変わらず、視聴率を競っている地上波のキー局たち。「内容が薄くなっている」と言われる現代でも、視聴率の高い番組は存在する。

しかし、大体の番組はそうではない。他とにたような内容や、単純に面白くない番組が大半を占める。その状況を脱すべく、他の曲も「他とは違う」番組を制作して欲しい。

 

今のネットのコンテンツは凄く充実している。改革を急がないと、テレビが無くなる日が意外と早く来てしまうかもしれないぞ。

 

naocchi3.hatenablog.com

 

naocchi3.hatenablog.com

 

おススメ記事