ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

中国海軍の潜水艦が尖閣周辺を潜航。これでも中国は攻めてこないと言うのか?

www.sankei.com

 

中国海軍の潜水艦が尖閣諸島の周辺を航海した。中国当局によると、「自衛隊の監視」と言っているが、侵略が目的なのは言うまでも無い。尖閣は日本の領土なのに、何を監視する必要があるのだろうか?

 

中国軍のこのような動きは、東シナ海日本海からアメリカ軍を排除する目的がある、と産経新聞では述べている。アメリカ軍の空母の航空戦力はとても大きなものだが、潜水艦には弱い。そして、中国は潜水艦を2020年までに増強する予定です。世界戦略のため、まずは日本周辺で主導権を握りたい、という意図が見えますね。

 

中国のこのような行為は昨年から続います。尖閣は日本の領土であるのに、適当な理由を付けて何回も侵入してくるという事からも、日本へ侵略が狙いなのは明確だ。

 

そして、これだけ領土付近に侵入されて、地元の漁師たちも迷惑している中、未だに「中国は侵略なんかして来ない」と主張する人間がいる事に、凄く驚きます。

そのように言う人の大半はスパイだと思いますが、リベラル系の政治家にもこのような人間は存在します。彼らもまたスパイかもしれないと思っている。少なくとも、日本を良くしたいと本気で思ってる人では無いのでしょう。

 

昨年秋から北朝鮮籍と見られる船が日本海に溶着しており、乗組員の中には武装している人間も居ます。もし、地元の人間が殺害されたりしたら、どうするのでしょうか?拉致被害と言う苦い過去を忘れたのでしょうか?

 

脅威が高まっているのは、誰の目にも明確です。防衛力の強化は必須です。おそらく、アメリカの力も借りなければいけないでしょう。

 

いずれ、「中国は攻めてこない」とか「日本に防衛力は必要ない」と言う人の言う事は信じない方が良いです。彼らは日本を貶めたい、又は外国に買収されている可能性が高いですから。

 

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。