ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

日本人の考えない病は深刻だ。

普段、「日本は〇〇で~」とか、「日本はホントに~~だからダメなんだ」とか、そんな話をよく耳にする。あまり一括りにするのは好きでは無いが、大体そのような批判は当たっている。

その中でも、日本人の「考えない」クセは異常で、病気と言って良いレベルだ。これは間違いない。

 

国政選挙の投票率を考えると、更にその姿が見えて来ます。

去年の衆議院選挙の投票率は、全体で53.68%でした。有権者の約半数の意思しか反映していません。「自分の国籍分かってる?」と言わざるを得ないでしょう。

総務省|国政選挙の年代別投票率の推移について

 

特に20代の投票率の低さは問題です。これから国を作る人とは思えません。恥ずかしいレベルです。「若い人にお金が無い」と言う前に、まずは選挙に行って自分の意思を反映させましょう。じゃないと、若者向けの政策は採用されませんよ。

 

主な「自分が投票に行かなくても何も変わらない」と言う理由があるでしょう。他には「行く時間が勿体無い」や、「どこに入れたらいいのか分からない」という理由があるでしょう。

 

行く時間が無いのは、まぁ仕方が無いでしょう。それよりも優先させるべき事があるのは良い事です。本来なら時間くらい作って投票すべきですが。

 

しかし、「自分が行かなくても変わらない」と「どこに入れたらいいのか分からない」というのは、最強の思考停止です。

 

「自分が行かなくても変わらない」、という人に考えて欲しいのは、国民一人一人に与えられた権利を、放棄しているという事です。単純に悔しくないですか?自分は国民の権利を行使してないのです。その上、問題が発生すれば「これだから政治家は」とテレビの前で文句を言っているのでしょう。それ、あなたたちが投票に行けば起こらなかったかもしれませんよ。

 

「どこに投票したらいいのか分からない」の人は、自分の住んでいる選挙区の候補者が、どの党から出馬するのか、どのような政策を掲げているのか、ちょっと調べれば分かるでしょう。それすらも考えられないようなら、もう人間をやり直した方が良いのでは、とすら思います。

 

国の政策を決める国政選挙で、このような考えが有権者の半数に強く根付いているのです。日本の考えない、考えたくない病は深刻でしょう。

 

ちなみに、僕は安全保障と憲法改正ついて第一に考えました。防衛力を強化し、憲法改正に前向きな考えを持つ候補者は誰なのか?と考え、投票しました。それくらい、誰でも分かる事です。

 

国政選挙を例に、この国の思考力の無さを伝えました。考える事を放棄し人任せにした結果、気付いた時に日本は崩壊に向かっているかもしれませんね。

 

日本がこれからも日本であるために、少しでも考えて欲しい事です。皆さんには、大事な事を人任せにしないで欲しいです。

特に若い人には、思考して行動するクセを付けて欲しいです。これから日本を作る仲間たちよ、頼むぜよ。

 

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

 

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。