ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

通ってて分かった!大学の良いところ&悪いところ

どうも、学校はホントに要らないと思っているなおっちです。

大学に行っても意味が無いと言っていましたが、良いところもあるんですよね。僕も大学時代はけっこう好き勝手に生活していました。

もし、何もやりたいことがない、又は就職なんてしたくないという人には、良い選択肢になるはずです。

 

大学のいいところ

1.大学は、自由な時間が多い

大学は自由な時間をたくさん取れます。いや、理系は忙しいと言われますが、それも学校や学部によって変わるでしょう。僕の知り合いの人は、めっちゃ暇そうでしたからね。いずれ、大学生はけっこう暇な人が多いです。

 

僕はバイトをしてましたが、それなりに時間はありました。休みには出かけたり、学校終わりの時間には映画を観に行ったりしてました。今思い出しても懐かしいです。たまに大学をサボったりしましたが、それも良い思い出です。

大学生という仮面を被りながら、趣味に没頭したり旅に出たり、、、。大学生にはそういう時間が出来ます。その時間を有効に使えば、すごく楽しくて実りのある生活になるでしょう。

 

2.大学は、一人で過ごせる

これも大学生の強みだと思います。中学や高校では、何かとみんなで動くことが多いですが、大学という環境はビックリするくらい孤独です。クラスという枠が無いし、逆に友達ができない人は、4年行ってもできませww。マジで。

 

大学ぼっちというのは、それまで体験した事がない環境から生まれます。高校までは、嫌でも誰かと関わる必要がありますが、大学は授業から食事なども一人でやらなければいけませんから、マジで孤独です。

まぁ、そこが良いんですけどね。ムダに人との関わりがない分、自分の世界に没頭できます。ゲームしたり本読んだり、映画観たり、好きな事に使いましょう。こんな時間、なかなか取れないですよ。

 

3.大学は、教員を選べるの

大学は教員を選べます。合わない教員の授業は取らなくて良いです。小中高では、嫌な先生の授業でも受けなきゃいけないでしょ?大学では、教員を選べます。

大学には色んな教員がいて、中にはとんでもなくキチガイな奴もいますww。そのような人間とはなるべく近寄らず、楽に単位を取って卒業しましょう。

 

ゼミも同様。キチガイ教員のゼミに入ると、マジで詰みますww。なるべくゆる~いゼミに入って、なるべく時間を取られないようにした方が、生活は充実するでしょう。

僕の入っていたゼミは、かなり楽でしたww。行かなくてもとりあえず単位はくれるし、何も怒られません。

でも、そんなゼミで良かったなぁとも思っています。興味のないことに打ち込むのはキツイし、自分の趣味に時間を割けるし。意識の低い学生は、そのようなゼミに入ることをおススメします。

 

大学の悪いところ

1.大学は、お金がかかる

大学の授業料は高いです。そんな金払ってまで行く価値はあるのか?と聞かれれば、文系にはおそらく無いですね。行く時には、よく考える必要があります。僕も授業料分の知識を身に付けられたとは思いません。

 

2.大学は、時間を無駄にしやすい

大学は時間が余る分、ムダにしやすいです。自分の趣味を見つけないと、時間とお金をムダにしてしまうでしょう。

 

3.大学は、友達ができない

これも良いところの裏返しなのですが、マジで大学は孤独です。友達欲しさに行くと、ちょっと痛い目に遭うでしょう。コミュ障だと、マジで友達はできません。一人の趣味を持ちましょう。まぁ、僕は孤独で良かったですが、、。

 

 大学は孤独が好きな人に適している。

 

大学は、孤独が好きな人に向いています。じっくり自分の好きな事に向き合えるし、何にも縛られず自由に行動できます。

 

一人でフラッと出かけたり、明るいうちから酒を飲んだり、ちょっと大学をサボって映画を観に行ったり、、、。そういう楽しさがあります。

今まで、ちょっとした息苦しさを感じていた人は、大学に行きましょう。

 

いやいや、普段「学校に価値は無い」と言っていますが、大学という場所は、良い付き合い方をすれば、すごく有意義で楽しい所になるでしょう。

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。