ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

収益性のないビジネスを頑張っても意味がない。

毎日必死でモノを売ろうとしている営業マンの皆さん、ご苦労さまです。

中には、上司に「契約一件も取って来れないのか!」と詰められる人もいるでしょう。大変ですね、僕には出来ません。

 

しかし、中には「コレ誰が買うの?」という商品を売っている会社もありますよね。

それを必死に訪問して売ったところで、「要らない」と言われて当然ですよね。

 

僕は人嫌いなので、家に人が来ても出ません。電話が鳴っても出ません。当然、セールスなんてお断りです。

でも、僕みたいな人って、そんなに珍しくないと思うんです。セールスお断りの人や家庭って、ほとんどだと思うんです。

その中で、電話や飛び込みで、そこら辺にある商品を売ろうとしても、そりゃ厳しいですよ。ちょっと考えれば、誰でも分かるはずです。

 

それも分からず、「ウォーターサーバー買いませんか?」とか、「ホワイトボード一枚どうですか?」と言って来る人が、未だにいます。

えぇ、何やってるんですか.....?水なんて、水道の蛇口ひねれば出ますよ。ホワイトボードなんて家庭で使いますか(笑)?

 

ホント、ムダな営業がこの世には多すぎます。それを必死に売っても、買う人はまずいませんよ。商品自体に魅力や需要が無いんだから......。

 

魅力のない商品で、幸せになる人はいません。働いている人は、売れずに苦労するし、給料は上がらないし、上司に詰められるし......。

そして、それを売られる方も時間は無駄になるし、買っても使わないし......。

 

諸悪の根源は、「ダメな商品」と言っても良いでしょう。

「何で売れないんだ?」と怒っても、その商品に魅力がないなら当然です。

自分がお客になった気持ちで考えれば分かると思います。「自分は、その商品が欲しいですか?」と。おそらく、「要らねーよこんなもん」ってなるでしょ。99%。

 

自分たちの商品やサービスの魅力を疑わずに、営業をしても意味が無いんです。営業マンたちに「良いから売ってこい」なんて言っても、それに魅力が無いんだから......。

 

もし、結果が出ないなら、まずは一番基本的な所から見直さないといけません。

売れないから「営業マンが悪い」ではなく、「そもそも、コレを欲しい人はいるのか?」と疑わないと、その会社は潰れていくでしょう。

 

まぁ、社会的には、魅力のないビジネスをする会社は潰れた方が良いんですよね。そこに裂く人もムダですし.....。

今は農業をする人が少ないですから、そちらに回した方が良いんじゃない?と思ってます。食べ物は絶対必要なんだし、これからも無くなることはないでしょうから。農業は大事です。

 

ムダなビジネスなんて、意味ないです。ぜひ、必要な所で人を使いましょう。

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。