ニートの平日

地方国立大卒ニートの生活記録。「え、ニートに平日も休日もないだろ....」という下らない日記です。

成人式で騒ぐ新成人を批判する大人がダサすぎる。まずは希望ある日本を作ってから言ってね。

どうも、なおっちです。

成人された皆さま、おめでとうございます。

成人式って楽しそうで良いですよね。僕は行っていません。友達いないんで....。

既に働いている人もいるでしょう。すごいですね。立派です。

んで、今年も成人式で問題が発生したようです。横浜市では式が一回中断する騒ぎになったようです。

 

でもね、別に良いと思うんです。こんな面白くない世の中なら、そりゃ暴れたくもなるよ、というのが僕の感想です。

それよりも、こういう若い人を批判するだけの大人ってダサいですよね。希望のある日本を作って来なかった君たちが、何を偉そうに人を批判しているんですか?

そんな事を書いていきます。

 

目次

 

成人式の若者批判はダサイので辞めて下さい!

 

若い人を批判するだけならだれでも出来るよ。

若い人を批判するのって誰でも出来るんですよね。

「若い奴が暴れやがって」とか言いますが、別に仲間内で暴れるくらい良いでしょ?

そもそも成人式なんてあっても無くても困らないんだし、ある意味「若い奴が暴れるための式」とも言える訳で....。

 

そもそも、今の衰退日本を作った大人たちが、「今の若い奴が」とか批判しても、単なるブーメランでしか無い訳ですよね...。僕たちからしたら、「今の大人は...」なんですよ!

 

もし若い人を批判したいなら、まずは自分たちが良い仕事をすれば良いんです。

バブル崩壊から失われた時代を作った今の大人(特に50代~)の責任は重いですよ。

就職氷河期に当たってしまい、今でも正社員に就けていない人が社会問題化している中、よく偉そうな事が言えますね。

それに加え、今でも外国の侵略を防ぐ法律さえもまともに作れていないのに、呆れてモノも言えませんわ。

まずは自分たちのやる事をやってください。

 

まぁ個人を責めてもどうしようも無いので、全体としてザックリとした問題になるのですが....。

 

今の若い人は生まれた時から閉塞感をヒシヒシと感じ取っているんだよ!そりゃ暴れたくもなるよ!

僕は生まれた時は既にバブルも崩壊していたので、日本は「失われた時代(ロストジェネレーション)」に突入していました。

小学生になると毎日学校に行きますが、朝起きるとニュースの街頭インタビューでスースを着たつまらなそうなサラリーマンが「不景気だ不景気だ」と言っていましたねぇ...。

日経平均株価は〇〇円安で~」という女子アナの言葉も何回も聴きましたね~。もういいよって感じで..。

 

幼い頃から聞いていた言葉って、その後に与える影響もデカいです。なので、今の人に「金を使え」って言ったってムリなんですよ。

将来が不安で不安で、とっても金を使う何て怖くて出来ません。コレは今の若い人が悪いんでは無く社会が悪いんです。

まぁ社会全体が豊かになったし、物の性能が向上して買い替える必要が無くなった、とも言えますが。

 

そういう訳で、僕が生まれた時から社会は不景気で、日本はつまらない世の中だったのです。

就職先が少ない、給料は上がらないけどモノはけっこう高い、外交では外国に舐められっぱなし.....。

 

そりゃ暴れたくもなるだろ!

昔の仲間に合った時くらい騒いだって良いだろ!

 

大人だって酒飲んで暴れたりするじゃないですか。居酒屋で意味不明のイチャモンを付けたりしますやん...。

そのうえ良い人のふりをしてパワハラ、セクハラ、不祥事の隠蔽をするのは大の大人ですし...。

政治家だって偉そうにして正しい政策を行わず国を衰退させるし、ホントに悪いのはどっちだ?っていう事ですよね。

 

今の大人の若者批判は、基本的にイケてないです。なんせ、これだけ少子高齢化が進んでいるんですから..。

次世代を残す人が急激に減るというのは、それは国の衰退以外の何でも無い訳です。それを作って来た人間たちが、何を言っているんだ!と言う事です。

 

 

僕も暴れる同年代や上の年代の人間をバカにしていたが、それはダサいと気付いた。

僕にも、「20歳にもなって式で暴れるなんてダサいよ」と斜に構えて冷たい目を向けていました。

でもね、その批判はどこにもエネルギーを発散する場所が無い人間がする妬みのようなものでした。

本心は暴れる人たちが楽しそうで羨ましかったんですよね。「あぁ、俺もあの中で楽しくなれたらな」とか、潜在的にはそんな風に思っていたのです。

暴れるまで行かなくても、楽しそうに仲間とワイワイ騒いでいるのって単純に楽しそうじゃないですか。僕もそういう事がしたかったんだなぁって思いました。

 

僕の取っていたのは、傍観よりもダサい「賢者ポジション」というもので、特に実績も能力も無い人間が、自らの無力さを隠すために他人を批判する一番ダサいものです。

ほら学校にもよく居るじゃないですか。ブサイクで面白くも無い奴が、少しでも賢く見せるためにネチネチと他人を批判するの。まさにアレですよね

 

自分の位置をせめて高くするために他人を非難するって、一番ダサいですよね。つまらない人間が最後の抵抗にする事です。

そういう批判って凄く無意味なんで何も生まないんですよね。賢いふりをする前にまずは自分で何かをすればいいのに....。

 

んで、今の大人が行っている若者批判も、まさにそれでしかない訳です。

するべき事を怠って来たクセに、自分たちよりも若い連中を批判するのは「賢者ポジション」でしか無い訳です。無能さを隠して、そのうえ少しでも上に行きたくて他者を無意味に批判する事でしかないんです。

 

批判だけして行動に移さないって、マジで無能ですよね。実際、つまらない人間に限って自己防衛の為にこういう行動に行きますよね。自分もそうなので、良く分かります。

 

言いたいことも言えないこんな世の中じゃ暴れるしかないんだよ!

反町隆史の歌で、「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ」ってあるじゃん。

まさにそれだと思うんです。

世の中には希望も無いし、少し我慢したところで希望が見えて来る訳でも無いし、だからと言って言いたいことを言ったら怒られる...。。

だったら、暴れるしかないよね?

 

今のオジサン世代って、まだバブルとか経済成長の恩恵を受けられたんでしょうけど、僕らはそうでは無いです。

経済や人口規模が縮小し間違った政策で更に苦しくなっていき、閉塞感で息が苦しい仲を生きていくんです......。こんな世の中、辛すぎません?

 

ホントね、若い人を批判していればカッコが付くなんて思っている時点で、あんたは三流以下の人間でありサラリーマンです。

 

日本が良くなる様子は無いし、要らないモノを作って安い労働力は入ってきて、ますます暴れる人も増えて来るでしょうねぇ...。

そのうちフランスみたいに暴動が起きるかも....。その時、僕はもしかしたら「今の若い奴は.....」って上から見ているのかもしれないですね。

老害化は避けられないのか、って思うとこれまた辛いですねぇ....。なりたくない者にいつの間にかなっていたり、思い描いたような人間になるのはムズイけど、人間ってそんなもんなのかなって思ってます。

 

カッコ良くなくても、少しくらいは余裕があって、「あぁ今の若い奴らには、彼らなりの苦しみがあるんだな」って表面だけでも言える爺さんになっていたいですね、はい。

 

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。