ぼっちですが何か?

地方国立大卒ニートの生活記録。精神病持ちです。

自分が嫌なのに他人の顔を批判したり更にそれをテレビで言うのは頭が悪いし酷いと思うのよ。

某ブサイクのふりをしたハイスペック芸人と人気の女優さんが結婚して話題になっている。「え、アイツでも行けるんだから自分も行けるんじゃね?」という解釈をしているお花畑なオジサンも居るようだが、そんな世間のおじさまの夢を壊す気も無いし、夢は見るだけならタダだから好きにすれば良いと思う。

 

さて、そんな問題に関して、某女性産婦人科医の発言が問題になっている。と言うのも「彼の子供の顔が心配だ。私ならNG」という趣旨の発言だ。別に個人の感想だし好きに言えば良いのだが、それをテレビで言うのは配慮に欠けているし、問題だと思う。せめて友人と酒を飲んだ時のネタくらいにしておくくらいの分別と想像力を持ってほしい。

 

それで、僕がその発言に関して問題と思う点は、発言のわりに本人の外見も.....だと思う所だ。それは種となる男云々の問題ではなく、その前に既に問題は発生しているのではないだろうか?分別のある人間として、あえてハッキリは言わないが。発言がブーメランになるという想像は無かったのだろうか。

更に、その某女性産婦人科医は、SNSのプロフィールに「外見の事には触れられたくない」と書いているのだ。それでいて彼女は、テレビで他の人間の顔について「NG」と、電波を通して全国に流しているのだ。それは明らかに頭が悪いとしか言えない。自分が言われて嫌だと言っている事を、テレビで言うとは...。想像力の欠片も、大人としの分別も無いのだなぁ。こういう人間は、「自分だけは良い」という幼稚な思考を持っているのだろうと容易に推測できるのよ。やれやれ...。

そして、それを聞いた彼女の産婦人科のお客さんはどう思うだろうか?彼女の発言を聞いて、少しがっかりした人間もいるかもしれない。そこまで考えられなかったのだろうか?少なくとも、テレビでそれを言ったら、お客さんを悲しませるかもしれないし、そのせいで客が減って経営に影響が出るかもしれない、と考える事は出来なかったのか?やれやれ。別に一介のニートがそんな心配をしても何の役にも立たないのは事実だが...。

 

でも、別に彼女を特別だとは思わない。だって、こんな人はいっぱいいるから。男女問わず。と言うか世の中の人間は、ほとんどこうだ。自分の顔面は差し置いて、堂々と「お前と付き合うのはムリだ」とか「アイツの子供は産みたくない」とか言う人が、世の中には溢れている。まず、お前と付き合いたい人間なんていない、という事を、彼ら、彼女らは分かっていない。

まぁ、それも別にいい。異性の容姿について、あぁでも無いこうでも無いと言い合って、話のネタにするくらいなら良い。それは自由だ。しかし、それを本人の前とかテレビで言っちゃマズいだろ。大勢の前で言うのはマズいという想像力を働かせることを怠ってはいけない。相手の為に、そして何より自分を守るために。と僕はおもうのよ。

 

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。