ぼっちですが何か?

地方国立大卒ニートの生活記録。精神病持ちです。

「俺はAAAだぞ」のリーダー浦田のポエムtweetで人間が怖くなった。

 

先日、「俺はAAAだぞ」と言って逮捕されたAAA浦田直也氏がtwitterを更新。誰でも自分を知っていると勘違いしていて、酒を飲んで暴行を加えた、幼稚な浦田くん。

非常にポエミーな文章だ。しかし、僕は笑わずには居られない。おバカ過ぎるし、何せ反省の色が見えない。このようなtweetをす本人と、そのマネージャー、グループの関係者の想像力のなさは何だ、と思ったのは僕だけでは無いはずだ。

 

まず、彼は反省しているのだろうか。僕にはとても、そうは思えない。彼は見ず知らずの人間を叩くという暴挙を働いた。それでいて、「見上げた空のように素直に生きてゆけるのならば......」とは、一体なんなのか....。ええ、きみ犯罪者の上に、人を殴って、しかもその相手が女で、いきなりそれか、と驚いたのは僕だけではないはずだ。

 

そのうえ、凄く怖いのが、このような人間は、自分のやった事を全く何だとも思っていない可能性があることだ。何せ、暴行罪で捕まって、このようなポエムツイートをかませるなんて、よほどのサイコか、あるいは認知症かと、疑うのは僕だけではないだろう。この男は、酒に酔って、また同じ事をするかもしれないから、余計に怖いと思ったのだ。

 

そして、もっと怖いのが、リプライ欄のファンたち...。「待ってたよ」とか、「おかえり」とか、そんな事を書くファンが多いことに唖然とした。普通のファンなら、リーダーなのに責任は感じないのか、とか、謝罪が先だろ、などと批判をするのが普通ははずだ。自分の応援している人間が事件を起こしたら、そう思うはずだ。だけど、彼ら、彼女らには、そういう考えは無いらしい。

 

ここから思うに、やはり人というのは、自分、または自分の近しい人や好きな人の罪には甘くなるらしい。人を叩いて捕まった人で、もし自分と関係ない人であれば、「謝れ」と思うところでも、自分の好きな人になれば許してあげてしまうのだ。それはおそらく思考というよりは脊髄反射的に来るモノだろう。そのような人たちが社会の多くを占めている事に、恐怖と驚きを感じたのだ。世の中、結局は、「自分さえ良ければそれで良い」なんだな。でも、それは彼ら、彼女らだけでなく、僕も同じだし、このブログを読んでいる数少ない人間もそうなのかもしれない。やれやれ、人間とは怖いぞ。

 

それで、もし自分の周りに、酒を飲んで人に暴力をしたり、暴言を吐いたりする人間がいたら、それは距離を置いた方が良い。酒がダメなのではなく、単純にその人がダメだった事を、酒が露わにしてくれているだけだ。

そして、酒を飲んでダメになってしまうなら、もう酒なんて飲まない方が良い。でも、酒って、なかなかやめられないんだよね。言いたいことも言えないこんな世の中じゃ、酒を飲まないとやっていられない。浦田くんにも、そのような思いがあったのかもしれない。それなら、ちょっとは分かるな。酒に酔って人を殴るのはダメだし擁護できないにしても、この世の中は誰にとっても、少しだけ辛いのかもしれない。

 

naocchi3.hatenablog.com

 

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。