ぼっちですが何か?

地方国立大卒ニートの生活記録。精神病持ちです。

面接から2日で郵送での不採用通知は何なのか?

なおっちです。

国立大学を卒業後、ニートとして東北の片隅で無職ロックンロールを叫び続けている26歳だ。

 

さて、昨年の秋に続いて、労働意欲の高まりから、就職活動的なことをしていました。

まず、とある病院の事務職に応募し落選。やなりブランクありの人間に正社員はキツいか、という考えから、アルバイトから徐々にステップアップを図る方針へと変更。

次に応募したのは近所のスーパーの清掃。しかしここで事件発生。なんと希望の時間は「埋まってしまった」とのこと。なら、ちゃんと求人取り下げておけボケ。手間取らせんなカス!

 

そして、食品加工工場の面接へ。採用担当者は応募理由から採用後の事について細かに説明するところから、「流石に間違いないだろ」と踏んでいた。「通知までに5日ほどかかります」。

 

しかし、面接からわずか2日、しかも郵送での「不採用通知」。は?「選考に5日かかる」は何だったのか?郵送で即、不採用を告げるのいうのは何なのか?それ、即決で不採用決めてるようなもんやんけw

 

郵送された封筒の消印を見ると、5月29日。面接をしたのが5月28日。僕の脳みそに浮かんだのは、面接をして僕が応接室を出た瞬間に、採用担当者が「不採用」を告げる紙を作成して、封筒にそれを入れている姿だ。彼らは本当は選考なんかする気は無くて、ただ求職者を弄んでいるのではないか、と。

 

せめて、「検討をしましたが、残念ながら採用に至りませんでした」くらいのポーズを見せてくれるくらい出来ないものなのか?5日かかるはずの選考なはずなのに、たった2日、しかも郵送で不採用を告げるなんて、「あなたは採用を検討するまでもありませんでした」と言われている気がして悲しい。即日不採用を決めるってどーなんや?

 

早すぎる郵送での不採用通知は、僕の精神を再び鋭い矢で突き刺した。それは治りかけていた心を弱らせるには十分すぎた。

 

バイトすら受からない。これが底辺に落ちる、ということらしい。一度落ちると、もう立ち直れない。これが世の中か....。どうりで世の中では、オッサン達のポジション争いに終わることは無いわけだ。確かにな...。一度落ちたら、彼らは金なし居場所なしの「キモくて金の無いオッサン」になってしまうのだから、それは必死なわけだ。やれやれ。

 

どうやらキモくて金のないオッサンが確定した、通称「無敵の人」は、今後どのような生き方を選択すれば良いのか。もしや、青葉真司のように無敵らしく反乱に出るのか。闘いは続く....。

 

 

 

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。