ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

読書感想:水野操著『あと20年でなくなる50の仕事』2 未来のお店でのお話が理想過ぎて面白すぎる

どうも、なおっちです。

AIによって人々の労働がどう変わっていくのかを示した『あと20年でなくなる50の仕事』。このなかで、未来のお店の話をしている部分があるんだけど、これが面白い。

 

なので、引用して皆さんにも紹介するよ。

 

 

あと20年でなくなる50の仕事 (青春新書インテリジェンス)

新品価格
¥907から
(2017/9/19 16:43時点)

 

 雑居ビルのエレベーターを降りると、すぐに居酒屋の入り口だ。「いらっしゃいませ」と声をかけるのは人型のロボット。人数を確認すると、横から下に車輪のついたロボットが出てきて先導する。そんなに幅の広い通路ではないが、ルンバよろしく器用に動き回る。席に着くとテーブルにはタブレットとリーダー端末がある。ロボットが、リーダーにお財布携帯をタッチするように促してきた。言われた通りにするとタブレットのスクリーンが点灯し、チェックのボタンの表示が現れた。タッチするとメニューの画面に変わり、これで注文ができるようになったとりあえず私と妻は生ビールを、娘はオレンジジュースを注文してから、その日のおススメを注文することにした。ただ、なかには聞きなれないメニューのものがあったので、メニュー表示の上にある「?」をマークをクリックすると、ボイスロイド「音声合成ソフト」の声で「何かご質問でしょうか?」と聞いてきた。いったいどんな料理か、写真だけではよくわからない」と言うと、このタブレットの向こう側にいるAI(人工知能)が詳しく説明してくれた。案外人情味もあるAIで、気の利いた説明をしてくれる。

 

正直なとこ、料理のあじはごく普通といったところだが、値段なりだしサービスもきわめてスムーズだったので3人とも満足することができた。タッチパネルで「お会計」をタッチすると、注文した者の一覧が出てきた。会計は電子マネー、クレジットカード、現金のいずれかを選択するように促されたので、電子マネーを押す。チェックイン時のものでいいかどうかの確認が求められたので「OK」をタッチすると、「チェックアウト完了」の表示が出た。レシートは私の登録メールアドレスに送られた。そう言えば、ときおりテーブルの間を回っているマネージャーの男性以外、この店では人間の姿を見ていない。

 

 

 

まず、ロボットが接客って、凄く面白いじゃん。変な人間が適当にやるより全然良い。

 

そして、注文をタブレットで聞いてくれるのも良い。

既にかっぱ寿司やいくつかの居酒屋で採用してる。その方がスムーズで簡単だし、何より店員の聞き間違いが無くて良いんだよねぇ。まぁ、こっちが言い間違える事もあるけど(笑)。

 

安い居酒屋の店員さんって適当だし態度悪い奴多いから、イラッと来るんだよね。

あと僕は基本的にコミュ障なので、出来れば知らない人に話しかけたりとかしたくない。だから、タブレットでポチッとするだけで注文が完了して、料金まで分かるのは凄くありがたい。その方が店側も楽でしょ。

 

高級料亭やバー、マスターのトーク目当てで行くような個人経営のお店以外は、注文も会計も全部自動で良いんじゃないかな。気軽に飯食ったり酒飲んだりする店で、店員の接客とか要らないでしょ。ウザいし、話すの面倒だし(笑)。

 

牛丼店とかファストフード店もこうなれば良いなぁ。ハンバーガーの名前を言うのは面倒だから嫌なんだよね。席に座ったらタブレットでワンタッチ注文の方が絶対良いよ。そもそも、僕はマックの店員の中途半端な態度が大嫌いだ(笑)。牛丼も「並盛」とか、人間が聴くの非効率だよね。

 

この本に書いてある事、近未来的で良いじゃないか。ホントに素晴らしい。ロボットが説明するのを早く見てみたい。

 

僕は読んでいてとてもワクワクした。こんな未来が早く来ると良いなぁ。まぁ、それは残酷な現実でもあるんだけどね。

 

naocchi3.hatenablog.com

 

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。