ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

九月に観た映画の感想を簡単に書いていく①

九月もいろいろ映画を観たよ。アマゾンプライム恐るべし。

という事で、今回はその映画たちを、僕の評価と共にザックリ紹介。皆も映画を観よう。

 

 

 『アメリカンヒストリーx』★★★★

 「差別はダメ」とか「人種で人を決めつけてはいけない」と言う人が居るんだけど、問題はそんなに単純ではない。異民族の人間に恨みがあったり、主義主張がまったく理解できない人間というのも当然いる。それはどうやっても解決できるものではないのだ。これを観てそう思ったよ。

デレクは刑務所での生活で、自分の考えが間違っていたと反省し、考えを改めるのだ。反発があっても、それを許せるデレクに少しばかりの感動を覚えた。

デレクを演じたエドワード・ノートンが凄い。『ファイトクラブ』で見せた気の弱い男とは違い、男らしいカッコいい役だった。彼、普通に強そうだよね。

 

そこまでお堅くないし、悲惨な映像があるわけじゃないけど、結構考えさせる映画だった。最後は残念だけど、観る価値アリ。

 

 

『ブラッドダイヤモンド』★★★★★

 大傑作。素晴らしかった。

ダイヤを仕入れて売ることしか考えていないアーチャーが、現地のソロモンという人間と行動を共にし、友情に近いものを見せてくれる。まず、ここに熱くなる。

シエラレオネの紛争や虐殺は本当に酷い。普通に人の腕を切り落とすシーンは観ていられない。また、子供を洗脳して兵隊にしたり。日本では考えられない事が普通に起こっているのだ。それだけでも、鑑賞価値アリだぞ。

アーチャーはダイヤを手に入れ、ソロモンと逃げ出そうとするのだ。しかし最後は、これまた残念な結末。ハッピーエンドが良かったなぁ。

 

ブラッド・ダイヤモンド [Blu-ray]

新品価格
¥982から
(2017/10/2 09:53時点)

 

 『シェイム』★★★

 恥ずかしい、という意味のタイトルなだけに、かなり観ているのも恥ずかしい。

妹を求めてしまう主人公の男に、何とも言えない感情を覚えた。血のつながった人間と性行為をするのは、いったいどんな気持ちなのか?怖いし、それでも何も興味が無いわけでもない。

絡みのシーンも凄く激しくて、単純に楽しい。いずれ、結構恥ずかしい映画だ。

 

 

オーシャンズ11』★★★

 大ヒット作の第一弾。ジョージクルーニーやブラピなどスター勢ぞろい。

だが、何か楽しめなかったな。何でだろ?

終始淡々と物語が進むので、それが物足りないと感じたのかな。まぁ、もう一回観てみるよ。

 

 

バトルシップ』★★★

金曜ロード前に鑑賞。放送前にtwitterをはじめ話題になったね。

素晴らしい、とまでは言わないけど、まぁ普通に面白かったぜ。他のパニック映画と何が違うのか、と言われたら困るけど。なにせ世界の浅野が出ているから、日本のファンには良いと思う。

 

 

ライフ・イズ・ビューティフル』★★★★

まぁ良い話だね。こういう戦争映画もアリ。

あまり湿っぽい感じは一切ない。だから、涙がボロボロ流れる訳でもない。戦争や差別に負けないお父さんが良い。強く生きるというよりは、苦労もあまり苦労だと思っていないところに感動する。

そんなお父さんと家族の「人生って美しい」という話だ。

 

 

『アンノウン』★★★★

 1時間40分程度で一人の男を中心に描く、アクションと謎解きアリのテンポの良い映画

の類。とりあえず、この手の映画はあまり外れが無い。本作ももちろん面白い。

テンポが良いしアクションもあってオチもしっかりしているから、普通に楽しめる。

リーアム・ニーソンはカッコいいしヒロインも可愛い。たまにヒロインが微妙で「え?」ってなる事があるけど、そういう事は無いのでご安心を。ちゃんと美人だから。

タイトルの通り主人公は自分の事を知らない。というか忘れている。そういうストーリーも良かった。

 

 

『シャッター・アイランド』★★★★

 結構面白い。が、ちょっと長いかな。

島に閉じ込められた捜査官のテディが、一人の行方不明の女を探すのだが。

この閉塞感と謎に満ちた感じが、クセになってしまう。島の人間たちの言う事は何が本当なのか分からない。そのせいで主人公のテディは、自分自身が何なのかも分からなくなっていく。僕も「え、まさかこういう事だったの?」と思ってしまった。

暗い映画が好きな人にはハマるぞ。暗くて謎に満ちた雰囲気が堪らないのだ。

 

 

『イーオンフラックス』★★★★

 評判は良くないけど、僕は普通に楽しめたぞ。

まず、テンポが良い。90分程度の長さなのでちょうどいい。

主人公のイーオンを演じたシャーリーズ・セロンがカッコいい。黒髪を靡かせるクールなビューティーです。

最後に、世界観が面白かった。ウィルスによって人類の99%が死滅した地球。しかし、そこは政府による陰謀で成り立っていた、ガキの心を擽る。

 

 

ビューティフル・マインド』★★★★ 

アカデミー賞作品賞に輝いた名作。確かに良い話だった。

ある頭が良い変わり者の数学者が、国を守るために暗号を解くとか、、、、。あり得なくは無いけど、ちょっとあり得ないなぁと。

そしたら、それは幻覚だったと。今まで出会った知り合いも、現実では無かった。そんな現実を受け入れるのは辛いだろうな。ジョンが幻覚と闘う姿も痛々しい。そして、妻が凄い。精神を病んだ夫を支える彼女に感動した。

数々の幻覚に苦しめらたジョンにも、一つだけ真実があった。それは妻がいたこと。それだけで、人生というのは良い物だと思った。

アカデミー賞らしい、実話の良い話。

 

 

まだあるけど、今回はここまで。もう一回やるよ。皆も一緒に映画を観よう。感想も寄せてくれると、嬉しいなぁ。

 

アマゾンプライムのリンク貼っておくので良かったらお試しを。

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。