ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

【グランツーリスモsports】 R34でニュルブルクリンクを駆け抜ける!

 

www.youtube.com

R34スカイラインニュルブルクリンクを走っています。

いやいや、15年前のクルマとは思えないくらい良い車ですね。コーナリングもエンジンも、めっちゃ良いです。

 

さて、そんな伝説的クルマは、ドイツの「スポーツカーの聖地」を果たしてどれくらいのタイムで走るのか?

いちおう、この前は8分11秒というタイムが出ました。けっこう頑張っているんですよ、これでも.....。

 

今回も、タイヤはスポーツハード。サスは若干固めてあります。

 

では、スタートから良い感じ。下りのコーナーでは若干アンダーステアが出るもの、進入も立ち上がりもスムーズです。FRと4WDの良いところを取っているだけはあります。

 

f:id:naocchi3:20180317005834p:plain

外から見ていると良く分かるんですが、姿勢がすごく安定しているんですよね。スルスルっと入って行って、ドカンと立ち上がる感じが、もう見て分かると思います。

 

セブンはコーナーの入りは良いんだけど、出口でケツが出るので、すごく乗りにくいんですよね.......。しかし、コイツはそのような挙動は出ません。ちょっとカウンターをあてることはありますが、すぐに前を向いて加速していきます。

 

1:00あたりの、前半の複合コーナーセクションは、けっこう難所なんですよね。アンダーは出やすいし、ラインを外すと大きなタイムロスになりますから.....。

しっかりブレーキングして、姿勢を崩さないようにレコードラインに沿って走ることを心がけましょう。そして、なるべく早く車を前に向けて加速させれば、かなり良いタイムが出るはずです。

 

f:id:naocchi3:20180317005616p:plain

2:05の長いストレートからの低速コーナーでは、ちょっとアンダーが出ますね......。これは重いクルマだからしょうがないのかな.......。フロントに2.6リッターのエンジンを載せていますからね.......。

 

2:30くらいで、だいぶクルマの姿勢が乱れていますが、これは大きなタイムロスです。大したことは無いと思われがちですが、0.5秒くらい差が付いたりします。特に重いクルマでは、スライドはさせないようにしましょう(でも、GT-Rのドリフトってカッコいいんだよね......)。

 

3:30の連続低速コーナーは、ちょっとキツイデスネ。アンダーが.........。ハンドルをいっぱい切っているのに、曲がっていかない.........。コレはフロントヘビーの宿命なのか.........。

 

4:30秒あたりの長い直線とコーナーの間のような区間は、すごく安定しています。「接地感」が高いので、ハイスピードでも吹っ飛ばされる感じがありません。

 

f:id:naocchi3:20180318030203p:plain

5:40くらいでは、バンクを抜けてからの連続する中速コーナーのセクションに入ります。この辺は下っているので、GT-Rはアンダーが出やすいですね........。

 

まず、オーバースピードだと絶対曲がっていきません。コースアウトで大幅なタイムロスになります。まずは減速して、出口が見えてきたらアクセルを踏んでいくという流れが、より重要になってきますね~。GT-Rのトラクションを生かしましょう。

 

7:20の200キロからのコーナリングは、コースアウトしやすいです。マジで。ここでアンダーを出してしまうと、次の左がキツイので、しっかり減速しましょう。

 

そこを抜けると、バンクです。ここのバンクはそこまできつくないので、3速で入って全開で立ち上がりましょう。

 

さて、いよいよ最後のストレートの前のカーブです。複合コーナーになっています。最初のコーナーはゆっくり入って、アウトで立ち上がり、その後のコーナーにスムーズに入れるようにしましょう。

このコーナーも、結構きついので、パーシャル気味にラインを外さないように。出口が見えたら、アクセル全開。コースの幅いっぱいに立ちあがって、出口のスピードを稼ぎましょう。ここの立ち上がりは、ストレートの伸びに影響してきます。

 

ストレートからのブレーキングは、結構怖いですね。姿勢を乱さず、ちょっと奥まで入っていきましょう。

 

f:id:naocchi3:20180318030401p:plain

最初の左のゆるいコーナーが見えてきたら、チョンブレーキングで200キロくらいまで落とし、次の右のコーナーくらいでフルブレーキング。2速まで落として、曲げていきましょう。ここまで来れば、ゴールは目の前です。

 

タイムは8分9秒6でした。さらにタイムは縮まりそうです。

いや~しっかし、R34というのは素晴らしいクルマですね~。クルット曲がってドカッと立ち上がる、めちゃくちゃ速いクルマです。

 

ベストモータリングでは、重さでセブンやエボの後ろでゴールする事もありましたが、このゲームではそれは無いと思います。どのサーキットでも、2~3秒の差を付けるでしょう。

 

この車を2002年で生産終了させたのは、大きな損失ですね。もといろんな人の手に渡るべきでした。

これから中古で買う人は、ぜひなが~く乗って、その良さをいろんな人に伝えて欲しいですね。1000万くらいするそうですが.......。

 

 

naocchi3.hatenablog.com

 

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。