ぼっちですが何か?

地方国立大卒ニートの生活記録。精神病持ちです。

『実録・あさま山荘への道程』感想 閉鎖したコミュニティは過激化して目的を見失うよね。

こんちわ。なおっちです。

この前はこんな映画を観ました。

 

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

あさま山荘に立てこもった日本赤軍連合赤軍とも言うらしい)方から見た、あさま山荘事件を描いています。

あさま山荘事件って、あの鉄球のヤツですよ。警察がデカい鉄球をクレーンからつるして、建物を破壊して侵入した所が、最高視聴率80%だったとか....。

警察側から見た方はコチラです。わりと有名かな....。

突入せよ!「あさま山荘」事件

突入せよ!「あさま山荘」事件

  • メディア: Prime Video
 

 

んで、本作は革命する側から、あさま山荘に至るまでの道筋を描いているのですが、まぁロクなモノでは無いという事が表現されている訳ですね。

「総括」という自分や組織の活動を振り返ることを通して、個人や集団の士気を高めて、共産主義を実現しようという思想の下、彼らは活動しているんですが、コレがどうも怪しい。語られるのは精神論だけで、具体的にどうすれば革命が実現出来て、革命後はどうすれば国を上手く運営できるのかが、ほとんど語られません....。

マルクス主義者なら、リアルな問題から逃げるなよ。マルクスは「宗教は阿片である」という名言の通り観念論を否定して、物質的な豊かさを第一に考えたんだぞ...。観念論に逃げるなんて、マルクス主義者として失格だ。ちゃんとマルクス読めや。

 

naocchi3.hatenablog.com

 

組織はどんどん閉鎖していき、当然のごとく尖っていき、その矛先が内部の者にも向きます。組織の意向に沿わない行動をした者は「総括」を求められます。組織の意向と言っても、要は上の人間の気に入るようにという事です。

閉鎖したコミュニティは、上層部の権力を維持する方へ走ります。組織内でのリンチや殺人で、組織は上層部のお気に入りの人間だけが生き残るようになります。劇中では自分より美人な子を気に入らないから、自分で顔を殴るように指示され、その女は死んでしまう、という事まで起こります。共産主義国の粛清とか、オウムの「バジラヤーナ」と同じですね。

 

閉鎖したコミュニティの行先というのは同じで、そこは反革分子の粛清です。スターリンとか毛沢東とか、今の北朝鮮も同じ事をやっています。組織の上の人間が権力を維持するために、違う人間を処罰するのは、まぁ当然の結末というかですね。

かつてオウム真理教も、信者の殺人を行いました。それは「ポア」、つまり「魂をより高い世界へ移動させること」で以て正当化されます。これも要は麻原の権力を維持するためなんですね。組織の中でのポジション取りですよ。

 

革命を目指したんだけど、結局その手法はロクなものではないですね。おそらく彼らに政権を渡しても何も変わらないか、もっと悪くなるんでしょうね。村上春樹にも出てきますが、彼はそういう事を言っているのかな。

いずれ、秘密主義で何かをやろうとすると、大体の結末は組織内での争いで消耗か、方向を間違えて自滅か、どちらかですかね。

 

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。