ぼっちですが何か?

地方国立大卒ニートの生活記録。精神病持ちです。

宮城県大崎市の鳴子峡は、緑と滝がキレイなリフレッシュスポット。

宮城県大崎市鳴子峡に行きました。

緑が生い茂げてっていて、ズザーっと流れ落ちる滝がある、居るだけで良い気分になれる場所でした。

ぜひ、ドライブの休憩や観光に、おススメのスポットです。 

f:id:naocchi3:20180506161457j:plain

 

 目次

 

 

はじめに

行く理由

ここに行こうと決めた理由は、何となく(笑)。

別にここに初めから「行きたいなぁ~」と思っていた訳ではありません。

 

クルマを遠くまで運転したくて、たまたま宮城県の古川まで来ました。そこで、ちょっと寄ってみただけです。

 

高速を降りて、ふら~っと国道47号に入り、「どっか休憩できる場所ないかな~?」と良さげなスポットを探しておりました。そしたら、この鳴子峡があったわけです。

 

 

 

アクセス

この鳴子峡までの行き方。

高速道路の古川インターで降りて、国道47号に入ります。「鳴子方面」と書いてあるはずです。

 

この二けた国道を1時間ほど走り、ちょっとした山道に入ると見えるはずです。

それほど山奥ではなく、古川の街からも遠くありません。分かりやすい場所にあるので、とってもアクセスが良いです。

 

47号線は、仙台に近いせいもあるのか、高速を降りてしばらくは交通量が多いです。

それに、僕は軽トラに捕まってしまいましたww。普通なら、もう少し早く行けるはずです。

そして、温泉街なので、道路沿いには温泉宿がいっぱいあります。寄り道して、温泉に入るのも良いでしょう。

 

山に入ると、緑とちょうど良いカーブがある面白い峠道です。しっかり減速して、アクセルを踏むという操作をさせてくれる道路でした。

 

山道好きの僕は「お、良い道路じゃん!」と思わず興奮。よし行くぞ~(吉幾三)と、しっかりアクセルを踏んできました。ちょっとGがきつかったですけどね。2ケタ国道はドライブに最適です。

 

f:id:naocchi3:20180506172419j:plain

 

 

 

鳴子峡に到着

緑がいっぱい。

47号を1時間ほど走り、遂に到着。

緑に染まった、周りを囲む山々と緑がお出迎えしてくれました。新緑ですなぁ.....。

そして、周りも緑の木々がたくさんあります。目と心にとても優しいです。

 

緑に囲まれていると、とってもいい気分になれます。

風が「ズザー」っと音を立てながら、葉っぱを揺らしているのを見たり聞いたりすると、心身ともにリラックス。普段、家に引きこもっている僕には、とっても効果がありました。

 

 

緑生い茂る遊歩道。大きな音を立てて流れる滝。

この場所には遊歩道があります。周りを木が囲んでいるので、歩きながらもしっかり緑を感じます。この道を下っていきます。f:id:naocchi3:20180506171437j:plain

 

ちょっと歩くと、なかなか立派な滝が.....。

f:id:naocchi3:20180506161502j:plain

 「ズザー」っと落ちる水の音は、イヤホンで音楽を聴く僕の耳に癒しを与えます。自然な水の音は、耳にも脳にも良いですね。

 

そして、下まで行くと、「チョロチョロ~」と音を立てて流れる川に遭遇。

木の間からは太陽の光が差し込み、緑の葉っぱと、川の水をキラキラと照らしています。f:id:naocchi3:20180506171049j:plain

 

f:id:naocchi3:20180506171047j:plain

 

水と緑の葉ほど、自然を感じるものはありません。何も考えずに、ただそこに居たくなります。病んでいる僕にも優しい自然たちです。

こういう感覚を覚えるのは、普段はなかなかありませんね。コレが、自然と旅に良いところです。

 

しかし、一番下まで来てしまうと、帰りが大変です。

階段が急で、かなり長いので、行く時はその辺も考慮して下さい。

僕は階段を上るだけで息切れ。キレイで心に良いスポットですが、身体にはちょっとキツイ場所でもあります。

  

 

売店が入っているレストハウス

ここにはレストハウスがあります。木で出来た建物で、周りの自然な景観と上手く合わせています。

ここでは、地元の名産品が買えたり、焼きおにぎりなどの軽く食べられる物を売っています。

僕は買いませんでしたが、たまり醤油のニンニクとか売ってました。産直めぐりが好きな人は、かるく時間を潰せます。 

 

 

 

周辺はちょうど良いワインディングロードで、ドライブが楽しい。

ドライブに最適な108号、県道63号。

先ほどの国道47号を古川方面に戻り、国道108号に入ります。

ちょっと上って、今度は県道63号に入ります。ちょうど良い勾配とカーブの峠道です。

f:id:naocchi3:20180506172418j:plain

 

こういう道路はドライブ意欲を誘いますね~。

タイトなコーナー多いです。行き過ぎると「グっ」という重力の洗礼を受けます。

カーブに差し掛かったら、そのままでは少しキツイので、減速してギアを落として、進入していきます。こういう操作は、より運転している感を与えてくれます。

ストレスなく曲がれると、クルマと自分が一つになった感覚になります。ドライブとは、こういうものなんですよねぇ.....。

  

この県道63号は、山形県の最上町に抜け、47号と合流するのですが、その先は冬季通行止めでした。やれやれ、東北の冬は長いですね。

地図で見ると、曲がりくねった良い山道のようなので、ぜひ通って来たかったなぁ.....。ちょっと、残念。

 

 

 

広々とした緑と雪が残るオニコウベ牧場。

そんな山道を抜けると、広々とした「オニコウベ牧場」に着きました。

広々とした景色が広がっています。山のてっぺんには、雪がまだ残っていますね。

f:id:naocchi3:20180506171435j:plain

 

「ここは北海道か?」と思うほど、広々とした景観が眺められます。叫びたくなるほど、広大で見晴らしの良い場所です。 

 

 

 

こんな人におススメ。

鳴子峡 はこんな人におススメです。

・お手軽に自然を感じたい人。

・ドライブを楽しみたい人

・温泉に入りたい人

 

古川の街から、クルマで1時間以内で行ける鳴子峡

しかし、生い茂る緑と大きな滝、そこを流れる川が、しっかりと自然を感じさせてくれます。普段の生活や仕事から離れて、すごく良い気分にさせてくれます。

 

 また、国道47号やその周辺を走る道は、ちょうど良いワインディングになっていて、ドライブにピッタリです。勾配とゆるいコーナーが、クルマで走る気にさせてくれます。

 

そして、鳴子は全国でも有数の温泉街です。ドライブや観光のついでに、温泉に行きたい人は、ぜひ行ってみましょう。

 

今度はどこに行こうかな......。また旅の感想や写真を上げていくので、見て下さい。

ではでは。

 

naocchi3.hatenablog.com

 

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

 

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。