ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

経済が全ての基本である。政治家は経済に強くなろう。国民は経済を勉強しよう。

f:id:naocchi3:20180811141617j:plain

 

こんちわ。

全ての政治は、やはり経済が基本だと思っています。

なので、経済に無知な人は、あまり政治家になるべきではないでしょう。

確かに、国防や農業、技術などに詳しい大臣などは必要です。

が、やはり基本的な経済の知識くらいは持っていて欲しいです。

 

僕は経済系の学部を出ましたが、経済の勉強というのはあまりして来なかったですねぇ...。どちらかと言うと会計とか、そっちの方を履修していました。

 

が、もっと経済について勉強しておけば良かったなぁと後悔しています。

この世は、やはり経済で回っているなぁと実感したからです。

 

なので、政治家の皆さんは、もっと経済のお勉強をしましょう。

そんな政治家への文句を書いていきます。

 

目次

 

経済が上手く回らないと、我々の暮らしは上手く行かない。

 

我々の生活するお金が貰えなくなる。

なぜ、経済が大事か?

 

それは、経済活動が健全に機能していないと、我々は仕事をしてお金を貰って、生活をするという事が出来ないからです。

 

経済が健全に機能していない国では、仕事がありません。仕事が無いと、暮らしていく事が出来ません。その結果、街には失業者が溢れかえる事になります。

 

失業者が多い国、つまり経済が上手く回っていない国では、治安が悪くなります。

貧しい国で犯罪(暴行、強盗、殺人)が多いのは、悪い事をしないと生活が出来ないからです。

 

なので、経済が健全に機能しないという事は、我々の安全も脅かすという事なのです。

経済を健全に機能させるというのは、我々が安全に暮らすために、まず一番の基本にある事なのです。

 

つまり、仕事をしたい人が仕事に就けていない経済システムというのは、間違っているという事なのです。

 

政治家は経済に詳しい人間であれ、というのはこういう理由です。

経済を知らない人間は、政治家になるな!という事です。

 

経済が上手く回らないと、税収が確保できない。

経済が上手く回らないと、税収が確保できません。コレも問題です。

税収が確保できないと、警察官を雇って治安の維持も出来ません。

自衛隊の国防費をねん出できなくなります。

 

それだと、街は荒れ放題になるし、外敵も侵略してくるようになります。

 

また、社会保障費が無くなるので、生活保護や医療費も払えなくなるでしょう。

貧しい人は死ぬしかないし、病気の人は病院にも行けない事態になります。

 

そして税収が確保できないと、国立大学などの研究開発費がなくなるため、社会の進化が止まってしまいます。

科学の進歩は、社会を良くしていきます。それが止まるというのは、国が進化せずに停滞することでもあります。

 

それだと、日本という国は崩壊していきますよね。つまり経済は暮らしの基本であるのです。

 

 

全ての基本は経済で、政治家はもっと経済に詳しくなろう。

 

枝野幸男氏の利上げ理論。日本の政治家は驚くほど経済に無知である。

まず、日本の政治家は驚くほどに経済に無知なんですよねぇ....。

立憲民主党の枝野代表は、まさに経済に無知な政治家の代表です。

彼は立憲民主党を結成した当初、驚くべき発言をしています。

「利上げをして、緊縮財政を敷いて、経済成長を目指す」

 

ええ、ビックリでしょ?普通、利上げをしたら経済は停滞します。

利上げというのは経済が成長している時に、その行き過ぎた経済状況を調整するために行うものです。つまり、経済の調子が良い時にする政策です。

 

同時に緊縮財政も、経済の調子が良い時に、財政支出を抑えるために行う政策です。

不況の時にそれをやると、さらに不況が深刻化します。

 

ちなみに、その枝野さんの政策を行っているのが韓国で、現在の韓国の失業率は高い状態となっています。

 

いちおう、枝野さんは弁護士の資格を持つ政治家なのですが、その彼でもその程度の知識なのです。

 

やれやれ、という感じですね。

ちなみに、蓮舫さんとかその辺はどうなんだろ....。人気だけで政治をやっている気がしなくても無いですが.....。

 

今までの日銀や財務省の政策が間違っている。

バブルが崩壊した後、日本経済は後退の一途をたどりました。

それは、厚生労働省のデータが示しています。消費者の購買力を示す、「実質賃金」は、バブルが崩壊して、97の消費増税の後、下がり続けています。

 

その後、有効求人倍率が1を大幅に下回る就職氷河期という時期にも突入しました。

その時に就職活動をしていた人間たちは正社員になれずに、今でも派遣労働などで食いつないでいる人が多いようです。

その影響もあって、少子化はさらに進んでいきます。現在、その世代の人たちは40代周辺の年齢になっているようです。

本来なら、その人たちがちゃんと職業に就いて、子供を育てるという選択が出来ていたら、これほどに少子化が急激に進むことも無かったかもしれません。

 

日銀はその時に、金融緩和をするべきでしたね。

そうすれば雇用を生み出せて、就職氷河期も訪れなかったかもしれないのに.....。

厳密には、一応はしたらしいですが、金融政策を行う時期が遅くて効果を発揮できませんでした。もっと判断を早くするべきでしたね。

 

そして、リーマンショックでも日本経済は大きな打撃を受けました。

しかし、その時に具体的な政策が行われたかと言うと、そうではありません。

 

これって、経済に詳しくない人間が政治をやっているからでは無いでしょうか。

もし、経済について少しでも知識があれば、然るべき時にするべき政策が取れていたはず。

 

いやいや政治家の皆さん、もっと経済を勉強しましょうよ。これだから日本はダメなんですよ。

 

国会議員は高い給料をもらっているんだから、国民の暮らしを第一に考えろ。

国会議員の給料って、高いらしいですね。いくらかは知らないけど。

それでいて、実際に仕事をしているのは官僚の人だったりしたり...。

 

まぁ、という事で、まず国会議員は国民の暮らしの事を第一に考えろっていう事なんです。つまり、経済を上手く回すことを考えろって事です。

 

「ええ、そんなの当たり前じゃん.....」って思うかもしれませんが、そうでも無いんですね。

 

だって来年の消費増税はどう考えてもデメリットが大きいですもん。

実質賃金が下がり続けている時に、消費税を上げて物価を更に上げたら、消費は停滞します。

そうなると、デフレにもなるし、結果給料も下がるという悪循環になりかねません....。

 

それでいて、軽減税率の対象に新聞が入っていたりするんですよ。新聞なんて、今時必須では無いですよね。スマホがあれば、情報はすぐにでも入るのに....。

僕はtwitter共同通信とか時事通信、ロイターなどのアカウントをフォローしていますが、それで十分情報は入ってきますよ。あとはテレビでも見れば良い訳ですし。

 

テレビと新聞社は資本関係にあるんだから、新聞が売れなくてもテレビが見られれば、収益は確保できるでしょ?それくらい分かるはずなのになぁ....。

 

そして、プレミアム商品券とか、意味不明なモノまで開発するし...。アレ、商品券を作って配って管理するコストが掛かるんですよね。いくらかは知らないけど。

 

そして、小売店からすると、アレを処理するのも面倒でしょう。僕も経験ありますが、アレは消耗しますよ。

 

という事で、国会議員の皆さんは国民の経済をちゃんと考えて仕事をして下さい。

 

 

国民は経済に詳しくなろう。

 

政治家がダメなら、国民が経済を作れば良い。

政治家が賢くなる見込みがないので、つまり我々が賢くなるしかないんですね。

でも、それって良い事なんですよね。国民が賢くなって、政治家に騙されないくらいになれば、自分たちで経済を作れる訳ですから....。

 

第一、政治家が経済を作っていく時代って、そろそろ終わると思うんです。

 

例えばアマゾンは、通販だけでなく様々なサービスを展開しています。

アマゾンプライムでは、年間3,900円で映画、音楽、本などなどが利用可能になります。

特に映画のラインナップは充実していて、面白いムービーライフを送れていますよ~。

必要なモノは売ってくれるし、その他のサービス提供してくれるなら、もうアマゾンがあれば生活できるんじゃね?って思ってます。

もちろん、食料品などについてはスーパーで買った方が安いので、そちらを利用していますが....。

一つの企業が経済圏を作って、その中で社会を回していくというのは、これからもどんどん進んでいくでしょうねぇ...。

 

それって、個人レベルでも可能だと思うんです。

特に頭が良くて、全体を俯瞰できるような人なら、地域の経済を作っていくのは簡単でしょうねぇ。2チャンネルのひろゆきさんとかなら、出来そうですけど....。

 

まぁ要は、経済は国民生活の一番基本に存在しているので、国民が経済を勉強して、最適な経済システムを作っていけば良いんじゃないですか?という事です。

 

僕も世の中のムダな仕事(申し訳ないが)に従事している人を配置転換して、社会に必要な所に共有すれば、社会としても労働者としても、良くなるんじゃないですかね?

 

ただ、それって、国が出来ることにも限界がありますから、より細かい所に目が届く地域とか、会社とか、個人とかがデザインしていかないと機能しないと思ってます。

 

なので、皆さん、経済の勉強をしましょう。そうすれば、政治家に騙されずに、良い国が作れるはずです。

 

「権力が国から個人への回帰する」というのは、最近ではかなり言われますね。

でも、YouTubeとかtwitterというプラットフォームが発達して、個人でも影響力を持てるようになった今なら、それも分かりますよね。

 

要は、自分たちで何でも出来る時代なんです。我々が良い社会をデザインしていきましょう。

 

そのための基礎知識として、経済を学ぶことは凄く大事だと思ってます。

 

大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる

大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる

 
(図解)大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる

(図解)大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる

 
大学4年間の経済学がマンガでざっと学べる (中経☆コミックス)

大学4年間の経済学がマンガでざっと学べる (中経☆コミックス)

 

 

 

関連記事

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。