ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

映画感想:「アイズ」 役者、ストーリー、結末すべてが良い日本ホラーの傑作。

乃木坂46のメンバーが主演した日本ホラー。

「アイドル推しのクソホラー映画かな?」と心配しました。

が、ストーリーが良く、キャストの演技もワザとらしさが無いです。

ちゃんと怖い映画に仕上がっています。

 

おススメ度:★★★★

アマゾンプライムビデオで視聴できます。

 

目次

 

基本情報

2015年/日本

監督:福田陽平

キャスト:伊藤万里香、おぞねせいこ、山田太一、中川慶次、他

上映時間:1時間35分

 

 

あらすじ

女子高生の由香里は家族と普通に暮らしていた。

家の表札に謎の文字が書いてあり、由香里の母がそれを消すように言うが、由香里に書いた覚えはない。

 

ある日、由香里はバスの事故で友人を失う。

その日から、由香里はある女の姿を見るようになる。

 

そして、父親が失踪してしまう。由香里はその時に女が父を連れて行くのを見かける。

 

由香里は同級生の力を借りて父を探すが、父には由香里が知らない秘密があった。

その父の秘密は、表札の文字や、謎の女と関係があった.....。彼の過去に一体何が.....。

  

 

感想

f:id:naocchi3:20180804180301p:plain

moviecollectionjp YouTubeチャンネルから引用

 

乃木坂の伊藤万里香主演のホラー映画です。

ちょっと雑な所はあるけど、ストーリーとオチがしっかりしていました。

怖がらせる工夫も良く、夜中に一人で部屋を暗くして観たおかげもあるでしょうが、背中がゾワゾワしました。

 

そして、主演の伊藤万里香の演技がスゴイです。

感情表現が特に良くて、クールに言う場面と泣いたり悲しんだりするシーンで、ちゃんと感情を出せています。その辺のアイドルとは違いますよ。

 

その時はまだアイドルでしたが、これだけ演技が出来るのはスゴイですね。ぜひ、これからも活躍して欲しいです。

 

ストーリーもオチもしっかりしてますよ。

f:id:naocchi3:20180804180023p:plain

 

日本の、しかもアイドル主演(当時)のホラーながら、ストーリーに見ごたえがありました。

しっかり謎を持たせて、しっかりラストでそれを説明して、「おっ、そういう事ね!」と納得させてくれます。

 

まずは、そこに触れたいと思います。 

 

最初に出て来る「表札の文字」。コレは、最初はただの落書きだと思われていました。

が、徐々にそうでも無いという事になります。この文字が、話のカギを握ってきます。

 

そして、友人がバスの事故で亡くなります。この時から、由香里は髪の長い不気味な謎の女を見ることになります。

弟の翔太は、あまり親から可愛がられている様子もなく、あまり相手にされていません。

 

事故から現れてるようになった女は、たびたび由香里の前に現れます。観ている我々にジワジワと怖さを与えます。「さて、この女は何者なんだ?」という謎が深まります。

 

ある夜、その女は現れ、父は謎に失踪してしまいます。由香里は、その女が父を連れて行くのを見た、と言います。

由香里の母親は、父の失踪などで疲れてしまいます。母は、由香里がおかしくなったと言い、精神科に連れていきます。

医者は、事故のショックで怒るPTSDの可能性が高いと言います。

 

その後、由香里は同級生の力を借りて、父の行方を追います。文字の意味やパソコンの情報から、一つの製薬会社にたどり着きます。

 

ちょっとずつ父に近づく由香里でしたが、その父には思いもよらぬ秘密がありました。

その父の秘密と、由香里の前に現れる女、弟の翔太は、すご~く関係がありました。

 

伏線を張って張りまくって、ジワジワと謎を広げ、すご~く面白みがあります。

オチもけっこう意外で、良い意味で期待を裏切られました。こういう意外性のある脚本は、ホラーでは超重要です!

 

アイドル、しかもホラーということで、「どうせペラペラの紙みたいな薄っぺらいストーリーにクソみたいなオチなんだろ」と見下していました。が、けっこう面白くてビックリです。

 

最近は、キモイ奴を出して脅かすだけの単調なホラー映画が目立ちますね。

ハリウッドでも、そんな映画が散見されます。先日書いた、「THE JUON」もそうでしたが.....。どうにかならないんですかね?

 

パラノーマル・アクティビティ」にしても、低予算でたまたま撮れたっぽい映像が怖いという発見がありましたが......。

最近では「ドント・ブリーズ」というアイデアに富んだホラーがありましたが。

 

しかし、表札の文字の本当の意味は、最後の最後に明らかになります。この意味が分かった時、ホントに悪い奴が明らかになります。このオチの付け方も上手いです。

   

伊藤万里香の今後に期待

f:id:naocchi3:20180804180007p:plain

さてさて、もう一つこの映画の良い所は、主演の伊藤万里香の演技です。

 

アイドル主演のホラー映画って......。それ、失敗するに決まってるじゃん......。

特にアイドルの演技は期待できません......。セリフは棒だし、まったく怖く無さそうだし、別の意味で面白いです。

 

僕はアイドル主演のホラー映画が公開される度に、「また1,000円騙し取られる人が増えるよ~」と心配になります。

 

 

でもね、本作は良い!特に主演の伊藤万里香が良い!

感情の変化が激しく、難しい役でしたが、ごくごく自然に演じていました。主演の彼女がしっかり怖さを表現できたことは、この映画の見所です。

 

由香里は元々大人しい性格でしたが、友人の事故死や父の失踪、謎の女の出現で、徐々におかしくなっていきます。

ラストでは全ての真相にたどり着き、恐怖と悲しさが混じった、何とも言えない表情を見せます。コレも難しいと思うんですけどね。よくやりましたよ。

 

アマゾンプライムビデオで視聴できます。

 

 

naocchi3.hatenablog.com

 

naocchi3.hatenablog.com

 

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。