ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

映画感想:「グリーン・インフェルノ」 ただのグロ映画だと思ったらそうでも無い社会派作品。

皆さんこんにちわ。なおっちです。

今日ご紹介する映画は、イーライ・ロス監督の「グリーン・インフェルノ」です。

 

一部のコアな映画好きさん達に、一時話題になった作品です。先日アマゾンプライムに追加され、そんな人達の歓喜の声が聞こえてきました。僕もそのうちの一人です。

 

食人文化を持つ部族をテーマにした作品で、そこに行った意識に高い大学生グループが、悲惨な運命に遭うお話です。

 

感想を一言で表すと、閲覧注意!

 

やはり、「食人」という事で、グロい映像を見所に挙げる人が多いですね。僕も、途中から始まる残虐な人食いシーンに見ごたえを感じています。

 

しかし、本作は「社会派」の一面も兼ね備えている映画なのです。

色々と考えさせられる所があります。今回はグロさよりも、そこにスポット当てて紹介します。

 

おススメ度:★★★★

アマゾンプライムビデオで視聴できます。

 

目次

 

基本情報

2014年/アメリ

監督:イーライ・ロス

キャスト:ロレンツぁ・イッツォ、アリエル・レヴィ、ダリル・サバラ、カービー・ブリス・ブラントン、他

上映時間:1時間40分

 

 

あらすじ

父が国連に勤めている女子大生のジャスティンは、ある時、学生グループの集会に参加する。

 

そこでは、ある大企業が独自の文化を持つ、アマゾンに住む「ヤハ族」の縄張りを壊して、強制的に森林の開発をする事を問題にしていた。

 

ジャスティンは、リーダーのアレハンドロの姿に惹かれる。そして、彼女はグループに参加し、現地に行って大企業の開発に抗議することに参加する。

 

最初こそ抗議行動は上手く行っていたが、途中で飛行機が墜落。一同が落ちたのは、まさにヤハ族が生息している地域だった。

 

彼らは、自分たちとは明らかに異なる文化を目の当たりにする........。

 

 

感想

 

さてさて、コアな方々に絶大な支持を得た本作。

 

大企業の開発によって追い込まれている部族を救おうと、意識の高い学生たちが立ち上がるのですが、まさかの事態が待っていた..........というお話です。

 

多くの人は、中盤から始まる悲惨な展開を評価していますね。僕も好きです。「助けに行ったのに、何で......」という理不尽さが堪らないです。

 

しかし、公開から4年経った今、僕がそれを書いても需要がありませんね。

 

なので、僕はちょっと違う見方をしたいと思います。

この映画は、社会派の面を持っています。それをお伝えします。

 

意識高いグループの目的は目立つこと。

f:id:naocchi3:20180807132856p:plain

シネマトゥデイYouTubeチャンネルから引用。)

 

まず、本作の学生グループについて。「ヤハ族を救うため」という名目で活動を始めます。 

 

しかし彼らの目的は、スポンサーである人の利益と、自分たちが有名になることだと、リーダーのアレハンドロが明かしています。

彼らは、本当は目立てれば何でも良かったのです。ヤハ族を本気で救おうとしていた訳ではないのです。

 

意識高い系グループにしては、すごく美人が多いのは、アレハンドロの趣味でしょう。

普通、美人はそんな危険な場所には行かないですよね。そこからも、彼らの意識の”低さ”がうかがえます。

 

彼らは、その後、とんでもない目に遭います。僕はむしろ「ざまぁ見ろ」と思うんです。軽い気持ちで、誰かの利益になるような行動を取るから、こうなるんですよ。

 

「助けに行ったのに、救いが無いなぁ....」と思える内容ですが、このような見方をすると、その後の残虐な展開も笑って楽しめるのです。

 

世の中にも、こういう連中はいますよねぇ。

社会を良くする事が目的と言いながら、実際は自分たちが目立つことや、暇つぶしを目的に活動をしている団体は、非常に多いです。

 

僕が通っていた大学にも、たま~に来て活動していましたねぇ.....。「平和だ~」とか言いながら独裁国家の方を持つ奴らが。きっと、暇で目立ちたかったのでしょうね。この映画の彼らに似ているモノがあります。

 

僕は、こういう団体を、あまり信用していません。本作も、うわ残酷.....。と思いながら、けっこう楽しく見てましたよ。

 

ヤハ族を悪として扱って良いのか?

f:id:naocchi3:20180807133043p:plain

 

さて、もう一つ面白いのは、ヤハ族をどう扱うかです。

この映画では、食人文化を持つ彼らを、極めて異端な存在として扱われています。学生グループを地獄に落とす彼らを、悪とする人も多いでしょう。

 

しかし、それもどうかな?だって、彼らには彼らの文化がある訳ですから。こちらの世界とは、考えが大きく違うのです。

 

それを悪として、「コイツらはキチガイだ」と切り捨てるのは、ちょっと違いますよね。

 

いやいや、もちろん、「人を殺してはいけない」と教えられながら、何人も殺人をしていたら、それはキチガイですが........。

 

僕たちは、この「ヤハ族」をどう扱うべきでしょうか?とっても難しい問題ですが、考えてみると、ちょっと面白いですよ。

 

一番の見所は、女子が皆の前で脱糞してしまうシーン。

f:id:naocchi3:20180807133706p:plain

 

とは言っても、やはりグロ映画としての魅力も捨てられません。なので、ちょっとネタバレしますが、そこに触れます。

 

この映画で一番面白いのは、大学生の可愛い女の子が、人の前で脱糞してしまうシーンです。この写真の子です。

ヤハ族にとらわれ、檻に閉じ込められた彼らは、トイレにもまともに行けませんでした。

ですが、どうしても我慢できず、その子はウ〇コをしてしまいます。きゃあ、恥ずかしいwww

 

ブリブリブリィィっっ~という豪快な放便に、本人も恥ずかしさを隠しきれません。

見ていたヤハ族の人間たちにも笑われます。学生たちも「やっちまった」という表情を見せます。僕も笑ってしまいました。

 

が、人間は極限状態だと、ホントに脆い存在ですよね。

う〇こなんて誰でもする事なのに、それを自由に出来ないなんて......。もし、社会が機能しなくなったら、現代人は生きていけないですね。そんな恐ろしさを感じました。

 

この女優さんも、よくこのシーンをOKしましたね。その後は、どんな映画に出ているんだろ?情報あったら教えて下さい。

もし、他の映画で見かけても、「あのウ〇コの女だ」なんてバカにしないであげてね。

 

この映画はアマゾンプライムビデオで視聴できます。

 

naocchi3.hatenablog.com

 

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。