ぼっちですが何か?

地方国立大卒ニートの生活記録。精神病持ちです。

映画『ジョーカー』感想 透明にされた人間のリアルな悪意。

さて、去年話題になった『ジョーカー』を見ました。

ダークナイトの悪役ジョーカーを主人公に据えたサスペンス映画です。

ジョーカー(字幕版)

ジョーカー(字幕版)

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: Prime Video
 

 


映画『ジョーカー』特報

 

ジョーカーと言えば、クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』に出て来るジョーカーを思い浮かべる人も多いですね。演じたヒースレジャーはアレが遺作になった事で、さらに人気になりましたね....。

ダークナイト (字幕版)

ダークナイト (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

期待たっぷりで見た本作の印象は「ちょっとイメージと違う....」。なぜかと言うと、本作は演出抑えめ、しかも派手なアクションシーンはほとんど無し。もう少し派手にエンタメ調でやって来るのかなと思っていたら、思いの他という感じです。

エンタメに振ると、確かにお客さんは来ますよね。でも、それだと何か都合が悪い、という事かな、と思いましたよ。

 

なぜ都合が悪いかと言うと、本作の真意はエンタメではないからです。本作の真意は「社会の分断」です。ジョーカーと物語の舞台ゴッサムシティというのは、それを伝えるための、あくまで分かりやすい「アイコン」としての役割にとどまっています。

治安の悪いゴッサムシティと、そこに誕生したダークヒーローのジョーカーという設定は、「バッドマン」(ダークナイト)を少し借用する事で、僕たちのような一般の人にも分かりやすく受け入れさせる、という役割を担っています。

でも、中身はただのヒーロー漫画にとどまらず、現実社会をしっかりと反映させ、確実に我々に訴えかけて来ます。ジョーカーは、その為の入り口の役割をしているのです。

 

というのは圧倒的な個人の感想ですが...。そのために、派手なアクションや演出を抑えて、あくまでリアリティに徹している、と。それで何が表現したかったかと言えば、それはアメリカで進む分断ですね。大統領選でも、明らかになりましたね。

 

分断を放って置くと、確実にその仕返しは、社会の各所に及びます。分断というのは所得や人種、学歴などで生じる国民の間の格差の事ですが、どうやら先進国では、この流れは進むようですね。それはグローバル化とかの影響ですが、今後もAIの進化で、この流れが加速するという見方が強いです。

 

少しストーリーに触れます。

主人公のアーサーは、お笑い芸人を目指す青年です。しかし、脳に障害があり、突然笑い始めるという病を持っています。母は病弱で、そんな母と貧乏な暮らしをしています。

お笑い芸人を目指す彼でしたが、なかなか芽が出ません。それどころか、社会の誰にも相手にされず親切にもされません。衰退したゴッサムシティで街とと共に、彼も死んだような暮らしを強いられます。

特にそれが現れているのが、市の福祉サービスで受けられる診療です。精神科の先生は、形式的に毎回同じことをアーサーに質問します。アーサーは本当にあんたは僕のことを思っているのかと憤慨します。

そのうち、行政サービスは打ち切られ、アーサーは形式的に診てくれる場所さえ失います。アーサーは社会に見捨てられた、言わば「透明人間」と化してしまいます。

 

しかし、その透明な人間が実際に居なくなるかというと、そうではないです。物体は実際に存在しますし、透明な人間は、時にリアルな形を持った悪意を噴出させます。それはアーサー一人では無く、ゴッサムシティに住む人間全体に及んでいきます。透明な人間たちの実在する悪意は、人から人へ波及し、いつの間にか手の付けられない状態になっていると、本作では上手く表現されている、という事です。

アーサーは、ある出来事がきっかけで、その火付け役になります。しかし、アーサーが本当にその切っ掛けなのか、というと、本当はアーサーを透明にした社会にあるのでは、という見方も出来るのですよ。実在する人間を透明にした社会は、やはりそれなりのツケを払うのです。ラストに進むにつれて、どんどん社会はアーサー(ジョーカー)の方に傾いていきます。

 

ラストシーンはまさに圧巻。透明にされた人間たちの悪意が充満し、それが爆発します。行き場のない悪意は、爆発するしかないのです。社会を見る立場によって、その見え方が変わります。それまで最下層だったアーサーなどの透明な人間たちが、ついに透明ではなく、意思を持った本当にリアルな人間になるのです。

ここまで大袈裟な演出やアクションシーンを控えて来た物語が、壮大なラストを迎えます。アーサー(ジョーカー)は一気に”スター”になります。社会の形によって、支持される人間の定義は変わります。彼を推す人間が多数派ということは、つまり彼は主役なのです。それが、ラストシーンの意味でしょう。コレの為に最後まで取っておいた、とでも言うのでしょうか。社会が、彼をそのようにさせたのです。

 

アイコンとしてジョーカーを使用し、中身はしっかりリアルで、そこに鑑賞してみると意外性を感じます。見る人によってはエンタメとしての物足りなさを感じるでしょう。

実感は無いけど確実に忍び寄る社会の分断を、バッドマンの世界観とジョーカーというアイコンを用いることで、確実に僕には凄い物として伝わってきました。分かる人には分かると言うと、自分のことを賢いと言っているみたいでアレですが、本作にエンタメを期待しすぎると、どうしても物足りなさだけで終わってしまうのでしょうね...。

 

ジョーカー(字幕版)

ジョーカー(字幕版)

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: Prime Video
 

 

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。