ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

読書感想:「筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方」 ダイエットの基本は食事と筋トレ。

twitterで56万人のフォロワーを抱える、「筋トレ社長」のtestosteroneさん。

「全ての基本は筋トレである」という名言の通り、筋トレの効果を、毎日発信しています。

 

今回は、そんな彼の著書「筋トレエリートがやっている最強の食べ方」を紹介します。

 

この本は、ダイエットの基本「食べ方」にフォーカスしている、ダイエットの入門書です。

「世の中の簡単なダイエット方法の大半は嘘だ」というほど、この方法には自信を持っているようです。

 

色んなダイエットをしてきたけど、なかなか痩せない.....。と悩んでいるなら、まずは本書を手に取て、ダイエットの基礎から徹底的に学びましょう。

 

今回は、そんなダイエットの基礎に触れている前半から、面白かった部分を紹介します。

 

「面白い」と思ったら、本書を手に取って、具体的なメソッドを学んでください。

そして、実践して理想の身体と自分を手に入れましょう。

  

プライムリーディングで読めます。

 

筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方

筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方

 

  

 

目次

 

食事を抜くのは意味が無い

昨今、ブームとなっているのが炭水化物抜きダイエットだ。夕食時だけ炭水化物を抜いたり、定食でライス抜きにするといったライトなものから、まるでベジタリアンが肉類を徹底的に避けるかのごとく、日々の食事から炭水化物を排除する人までいる。この炭水化物抜きダイエットだが、素人は手を出すべきではないというのが私の意見だ。

 

日頃から炭水化物を摂取しすぎている人が、炭水化物の量を少し減らすことで結果として上手くいっている場合もある。しかし、 炭水化物抜きダイエットは正しい方法で行わないと、仕事や運動のパフォーマンスが間違いなく落ちる ことを覚えておいてほしい。

 

くり返すが、炭水化物抜きダイエットは米が主食である日本では色々とハードルが高い。一時的であればできるかもしれないが、これを一生続けていくのは、「炭水化物抜きダイエットが趣味!」といったレベルの人や、フィットネス競技者でないと厳しいだろう。

 

はい、まず炭水化物抜きダイエットは、あまり効果的では無いようです。

あくまで、炭水化物を「減らす」のは良いのですが、「全く抜く」というのは、そりゃ無理が来ますよねぇ.....。一つの栄養素を、極端に減らすのは、悪でしかありません。

 

やはり、バランスよく食べるのが、一番の近道です。

ダイエットはあくまで健康のためにやるもので、それを損なっては意味が無いのです。

 

その辺を勘違いしている人も多いですが。ぜひ、

 

 

代謝を減らすと痩せにくい身体になる。

筋肉が減り、代謝が落ちている状態なので、同時に消費カロリーも落ちている。その状態でダイエット前と同じ食事をすると、同じ内容や量でも太りやすい状態になってしまう。つまり、 ダイエット前よりも「太りやすく、瘦せにくい身体」に仕上がってしまう のだ。もちろん、リバウンドもしやすくなる。  このとき「リバウンドしたから」といってまた置き換えダイエットをすると、また筋肉が減り、代謝が落ちていくだろう。完全なる悪循環だ。つまり、誤った方法でダイエットすればするほど地獄が待っているのだ。

 

その頃には筋肉が減っているから、プロポーションも悪くなるはずだ。「目標体重」には到達したかもしれないが、ポヨッとした、ブヨブヨの身体になってしまう。いわゆる「 スキニーファット〔*〕」というやつだ。

 

はい、でました。体重が減っているのに痩せない問題。

ダイエットが上手くいっていない人が陥っているのは、おそらくこれでは?

ぜひ、疑ってみましょう。

 

「筋肉が減り、代謝が落ちている状態なので~」の前には、十分なタンパク質が接種できていないと筋肉が減って、代謝が落ちるという説明がされています。

 

いやいや、怖いですね。しっかり栄養を取らないと、長期的には痩せにくい体質になっているという.....。なんたる地獄......。

 

やはり、ダイエットは長期的に行うモノです。そのために、しっかり食べて、筋肉を育て、体脂肪を減らすという過程が重要な訳です。

 

いや~、皆さんもコレに陥っているかもしれませんよ。

バランス良く食べて、しっかり動きましょう。これに勝る方法は無いですよ。

 

 

筋トレが最強。

当然だが、人間は生きているだけでエネルギーを消費している。呼吸をしたり、体温を維持したりといった、生きているだけで使われるエネルギーを「基礎代謝〔*〕」と呼ぶ。

 

この基礎代謝、脂肪を減らすうえで重要である。なぜなら、基礎代謝が上がれば、運動をしなくても生きているだけでより多くのカロリーが消費されるからだ。  たとえば、同じ量の食事を摂っていても消費するカロリーが多いから太りにくくなる。当然、瘦せやすくもなる。  ここまで取り上げてきたような「食事を制限する系のダイエット」がおすすめできないのは、その基礎代謝を減らしているからだ。

 

では、基礎代謝を上げるには何が有効か。

それは、「筋トレ」である。

 

また、筋トレによって身体に筋肉がつくと、仕事をしたり歩いたりといった普段の生活で使うエネルギーである「活動代謝」も増える。

 

しかも、筋トレをすると、基礎代謝が上がることに加えて、テストステロン〔*〕 やエンドルフィン、アドレナリンなどの分泌も促してくれる。つまり、 やる気アップやリラックス効果まである のだ。  筋トレで、「非モテ」も「うつ気味」も「仕事」もすべて解決すると公言している私だが、大まじめに説明するなら、ここで述べたことが、私が筋トレをいつもおすすめしている理由なのである。

 

結局、筋トレは最強です。根性論ではなく、これはマジです。

 

筋トレをすると、とても筋肉が付き、パワーもアップします。身体のパワーは、集中力を持続するために大切です。なので、仕事力もアっぷすという訳です。

 

その他、男性ホルモンテストステローンも活発に分泌されます。やる気や活力がアップするでしょう。

 

そして!痩せるには「筋肉量を増やして、脂肪を減らす」が鉄則です。体重を減らすことが目的ではありません。

 

筋肉を増やすと、代謝が増えます。エネルギーや脂肪を消費するのには、筋肉の活動が不可欠です。

 

よく、「体重は少ないけど、何かぽっちゃりしてるなぁ....」という人がいます。それは、筋肉を減らしてしまっているのでは?

 

この本通りのダイエットをすると、「体重はあまり変わらないけど、見た目がスッキリした」という現象が起きるのでは?筋肉の方が、脂肪よりも重たい訳ですからね......。

 

さて、皆さんも逃げずに筋トレしましょう。理想の身体を手に入れるには、筋肉を付けて、痩せやすい身体にしないとダメですよ。

 

 

さて、ここでお伝えしてきたのは、本の中では基礎に当たる部分。それのごく一部です。

その他にも、ダイエットをする上で基礎になる知識や、具体的な方法を掲載しています。

 

正しいダイエットの知識を、ぜひ習得して下さい。

そして、理想の身体と、良い人生を手に入れて下さい。

プライムリーディングで読めますよ。

 

その他にも、testosteroneさんの関連書籍が発売中です。

ダイエット、筋トレ、人生などなど、全てが上手くいくメソッド手に入れましょう。

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。