ぼっちですが何か?

地方国立大卒ニートの生活記録。精神病持ちです。

【経験から学ぶ......】大学生必見!無内定ニートにならないための方法を、経験者の僕が解説する。

どうも、なおっちです。

 

17卒が内定を取れずにニートになった話はこの前したので、この記事で読んで欲しい。

 

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

 

それでは、そうならないためにはどうしたら良いのか?それを、経験者である僕が解説します。

 

これから就職活動を迎える大学1~3年生は、ぜひ読んで、危機感を持ちましょう。

 

目次

 

僕が無内定になった理由。

まず、前回の記事でも述べたが、僕が無内定になった原因を分析した。

 

1.自主性が無い。

まず、僕は凄く自主性の無い人間だ。

今までも、何とな~く生きて来た。受験も何となく自称進学校に行って、入れる国立大学に入学した。

 

受験は、それでどうにかなった。なぜかと言うと、そこには自主性というものは必要ないからだ。受験で点数を取れば、学校というのは入学できるのだ。

 

しかし、就職活動は乗り切れない。「この会社に入りたい!」という強い意志と、なぜそう思うのかを、書類や面接で説明しなけれないけないからだ。

 

自主性がないと、入りたい会社を選ぶこともできない。その意思を伝える事も出来ない。これでは、就職活動など出来るわけがないのだ。

 

もちろん、例外もある。高学歴(東大京大、早稲田、慶応など)を出ていれば、学歴である程度のアドバンテージを貰える。

また、顔が良い人も、やはり優遇されやすい。結局、まず人は顔を観られるので、そこがダメだと振るいに掛けられる。非常に残酷ではあるが......。

 

明らかに役に立つスキル(医師免許、弁護士資格、英語能力など)を持っていれば、話は別だろう。それ自体で開業も出来るし、法律の知識を持っている人間というのは、明らかにビジネスには役に立つ。

 

しかし、多くの人はそうではないし、僕もそうでは無かった。

やはり、何をしたいかと言うのを自分で決められる「自主性」という能力を、それまでに身に着けておこう。

 

リゾートバイトはその点でおススメだ。ぜひはたらくどっとこむ などの好案件に応募して体験を積んで欲しい。

  

2.目立ったスキル、成功体験が無い。

僕にはスキルがありません。

運転免許と、簿記2級くらいだ。

しかし、そんな資格は誰でも取れるし、何の差別化にもならない。

皆は、ぜひ差別化できる資格などを取って、堂々とアピールして欲しい。

 

3.人と話すことに抵抗がある。

僕はかなり、人との関係を避けて来た。

元々コミュ力は無い方だったが、大学でそれはより大きなものになった。

しかし、こればかりがどうにもならない。生まれついた容姿やセンスが大きく問われる分野だからだ。

 

なので、せめて話のネタを増やしておくくらいで良いのではないか、と思っている。

 そういう意味でもリゾートバイトとかは非常におススメ。ネタも出来るだろう。

 

無内定を防ぐ方法。

では、そんな残念な無内定にならないためには、どうしたら良いのか?

詳しく見てみていこう。

 

1.学生時代にスキルを付ける(プログラミング、英語など)

まず、絶対にしておきたいのはスキルの獲得だ。

スキルは、仕事をする上で一番武器になるモノだ。それだけで独立開業できるスキルもあるし、採用担当者がアッと目を引くモノもある。

 

そして、あなたを助けてくれるのは、何よりスキルだ。スキルさえあれば、お金は稼げるし、どこに行っても生活が出来るのだ。

そして、スキルを付けるのは、絶対に大学生の時が良い。就職すると、残業などで新たに能力を蓄える暇が無くなる....。日本の勉強しないサラリーマンを見れば分かるだろう.....。

 

アルバイトもアピールポイントにならない訳では無いが、そういう意味でもスキルを付けておくと良いだろう。

 

おすすめは、やはり英語。そしてプログラミングだ。

AIで自動翻訳が出てきても、タイムロスは必ず生まれる。自分でパッと話せることに、越したことはない。

日本は人口が減るため、海外に進出する事も多くなるから、やはり英語は必須のスキルになるだろう。

 

そして、プログラミングも欠かせないと思っている。

ホリエモンなどの実業家が、真っ先にスキルについて聞かれると「プログラミング」と答える、それほど、注目度の高い能力なのだ。

 

大学生のうちにこの2つをマスターしておけば、世の中なんて余裕で渡っていけるのでは?少なくとも、日本のビジネスシーンでは相当有利になるはず。

 

プログラミングでおススメなのはテックキャンプ辺りかな......。 

英会話だと、【スタディサプリ ENGLISH】 が断然良い。日常会話コースは月額980円で受けられる。

TOEICを受けたい人はTOEIC対策コースもある。スマホで効果的な英会話練習をしよう。

 

 2.成功体験を積む。

学生時代に圧倒的な成功体験を積んでいる人間は、明らかに強い。

そのような人間は経歴だけではなく、他の人間には無い覇気を纏っているものだ。

面接などでも、面接官などに動じず、「俺を採用する資格があるか?」と逆に会社を見る側に立てるかもしれない。

 

さっき上げた英語やプログラミングでビジネスをするのが一番だ。

アルバイトではない手段で、自分のスキルでお金を稼いだ経験は自信になるし、なにより他との差別化になる。

 

プログラミングなどを極めると、エンジニアで採用してくれる会社もある。僕も使っているA8ネットのエンジニアも募集しているので、チャレンジしてみると良い。

 

それがハードル高い人は、サグーワークスなどでライティングや編集の仕事を受注してみよう。

やはり文章を書けるのも会社では武器になる。中には月に30万円を稼ぐ人間もいるようだ。ぜひチャレンジして、スキルとお金と成功体験を同時に身に着けて欲しい。

 

アルバイトは誰でも出来る分、採用でアドバンテージにはならないだろう。

そういう意味でも、他の手段で、成功体験を積んで欲しい。

 

仕事をしながらスキルアップ!【サグーワークス】

 

 

3.適当にサークルに入っておく

サークルは、とりあえず入っておこう。

採用担当者は、「協調性」も気にする人も多い。

サークルで、そこそこ楽しく過ごせたというのは、「会社に入っても上手く人間関係を築けるか?」という意味で、わりとアピールポイントになるだろう。

 

別に目立った事をする必要はない。入って、飲み会に何回か行って、一人か二人の知り合いを作れれば、それは十分良い。

 

逆に、入ってもいないのに面接で嘘をつくのは、バレルのでおススメしない。「入っていた」という実績だけでも、作っておこう。

  

4.お金を貯めて、金融資産に投資する。

金融資産に投資をするのも、是非お勧めしておきたい。

大学生で投資をしている人間は、あまり多くはない。

そして、資産があると、利息や配当などの副収入にもなるので、年収が大きくアップするのだ。

 

トレーダー向けではあるが、トレーダーズ・プレミアム は様々な金融機関が採用している株式情報サービスだから、もし気になるならチェックして欲しい。

 

 

まとめ:大学時代を何となく過ごしていると、内定取れないよ。

僕の大学生活を振り返ると、とても空っぽで何も無いという結論に行きつく。

 

何となく学校に行って、バイトして、酒を飲んで、映画を観て、たまに旅に出て.......。

楽しかったが、正直だれにでも出来る、普通の生活だった。

 

そんな人間が、しかもコミュ障のクセに、内定など取れる訳が無いのだ。

そんなに、社会は甘くない...。僕はそれを見抜かれていたのだ。

 

大学生の皆にやっておいて欲しいのは、

 

・スキルの獲得

・アルバイト以外でお金を稼ぐこと(ビジネス、クラウドソーシングなど)

・投資

 

など、人とは違う事で、お金を稼ぐことに取り組んで欲しい。そうすれば、それ自体で食っていける可能性もある。間違いなく、就職の上では大きなアドバンテージになるだろう。

 

もういちど言うが、ただ大学に通っていただけでは、何も得られない。

卒業した後も、「俺は何をやっていたのだろう.....」と、自分の大学生活に絶望することになる。

 

キミたちには、そうならないでほしい。

 

以上。

 

 

関連記事

naocchi3.hatenablog.com

 

naocchi3.hatenablog.com

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。