ニートの平日

地方国立大卒ニートの生活記録。「え、ニートに平日も休日もないだろ....」という下らない日記です。

映画『ノマドランド』 ノマド生活は楽ではなく、むしろタフさや覚悟が求められる。

こんにちわ、なおっちです。無職ロックンロール→社畜ロックンロールもどき→無職ロックンロール→今度こそ社畜ロックンロールを行き来している26歳。

 

という訳で、バイトの面接に受かった日に勢いで『ノマドランド』を観てきました。チラシの写真がカッコイイですね。

 

 原作本はコチラ。

ノマド 漂流する高齢労働者たち
 

 

リーマンショックの影響で会社を解雇された女が、キャンピングカー一台と最低限の持ち物でノマド遊牧民)的な移住生活を開始するというストーリーです。

 

リーマンショックで労働者のファーンは解雇され、家も失います。そこでバン一台と生活道具で旅に出ながら生活していく姿が、凄く逞しいです。

と言うか、ノマド生活というのは、タフでないと絶対に出来ないでょう、と思いました。

 

ファーンはバンで移動しながら、所々で日銭を稼ぐ労働を見つけて働きます。住居は車なので寒いし暑いし、ウンコも車の中でしますから、臭いです。

さらに行く先々で、その土地の人々(移住者)たちと、上手く関わっていかないといけません。移住生活とは言え、ファーンのような人間たちは少ないくないです。移住者たちのキャンプ的な場所では、爺さん婆さん、そのほか色んな人達が生活しています。当然、そこで生まれる人間関係もあり、それに彼女は上手く対応していきます。

ノマドは自由気ままで、煩わしい人間関係とは無縁と考えていてはいけません。僕はそう考えていたのですが。そこで生まれる軋轢や、逆に絆というモノに、またノマドの味わいを感じます。

例えば、ファーンは車のタイヤがパンクしてしまいます。彼女は自分で治す術を知らなかったので、その辺のオバサンに聴きにいきます。普通はオートバックスとかイエローハットとかに行って交換するかもしれないですが、そうはいきません。彼女はノマドですから。まず誰かに聞きに行くことをしなければいけないです。彼女は他人から助けれ貰いやすい人柄で、そういう所もノマドには必要なのでしょう。そこも彼女のタフさです。やはりノマドは、普通の定住者よりも、コミュ力が物を言うかもしれないですね。

 

前にも書きましたが、ファーンは日銭を稼ぐために、短期間の労働に出向きます、アマゾンの倉庫とか、国立公園の清掃などの季節労働をすることで、必要な金を稼ぎます。移住生活とはいえ、資本主義や貨幣経済のロジックから100%逃れられる訳ではないので、この辺にも難しさがある訳です。上手く折り合い付けながら、生活しなければいけないのです。彼女は周りと上手く協調しながら、上手く生きていきます。この辺からも逞しさが求められるのが分かるはずです?

 

この移住者同士の人間関係というのも本作のキーワードの一つです。移住者の先輩爺さんは「ノマドにさようならはない」と言います。あるのは「またどこかで」だけだと。コレも移住社会ならではです。定住社会だと「あそこの誰々が死んだ」と葬式とか様々なものに追われます。しかし、そもそも家を持たなければ、そういう事にはなりません。生き死に執着せず、死ですら旅の一つである、というノマドの精神を感じますね。でも僕は人間は本来それで良いと思います。誰かが死ぬことは当たり前だから、別に騒ぐことでもないし、大げさに葬式をする必要もない。それが本来の人間ではないかと。少し話は逸れましたが。

 

最後の方にいくと、彼女が定住者に戻るのか.....という案件が発生します。彼女はやはり定住にも揺れますが.....。彼女はどちらを選ぶのでしょうかね。彼女の生き方が問題になります。煉獄さんみたいですが、彼女が如何に生半可でノマドをしていないかが分かるでしょう。ノマドとしてのタフさ逞しさ、覚悟が伝わってきます。

 

naocchi3.hatenablog.com

 

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

 

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。