ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

映画感想:「ヌードの夜 愛は惜しみなく奪う」 エロさとグロさと怖さを備えたサスペンス。

f:id:naocchi3:20180716193845p:plain

映画『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』予告編 - YouTube

シネマトゥデイYouTubeチャンネルから)

 

グロイ、エロイ、怖いを揃えたエロティック・サスペンス。

ストーリー性がしっかりあって、その中にエロさを入れて楽しませてくれる映画です。

おススメ度:★★★★★

 

 

 

目次

 

基本情報

2010年/日本

監督:石井隆

キャスト:竹中直人佐藤寛子大竹しのぶ、東風真智子

上映時間:2時間25分

レイティング:R-18

 

 

あらすじ

スナックで働く連、桃、あゆみの三人は、店を荒らす男を殺し、富士の樹海にその死体を捨てた。

しかし、その時に桃は、ロレックスの時計を一緒に捨ててしまう。

 

何でも屋を営む紅次郎は、連の依頼で、その富時計を探す。

次郎は何とか見つけ出すも、そこは強烈な異臭を放っていた。

 

何か怪しいと思った、次郎は警察の「安斎」という女に相談する。

 

その頃、スナックの三人は、老人を保険金を掛けて殺し、マンションを建設する計画を立てていた。

 

そして、連は失踪した「多絵」という女の捜索を、新たに次郎に依頼する。

 

しかし、そこから、連の本当の狙いが明らかになる。次郎はその思惑に巻き込まれていく.......。

 

 

感想

大人の恋愛映画に定評がある石井隆監督の「ネオ・ノワール」です。

 

ストーリーがしっかりあるサスペンスです。その中に、エロさとグロさ、女の醜さを兼ね備えているので、ちゃんと楽しませてくれます。

 

園子温監督の「冷たい熱帯魚」や、壇蜜の「甘い鞭」に匹敵する、エロティック・バイオレンスです。

 

これと互角に渡り合える作品は出てこないだろうな~と思っていましたが、まさかこんな素晴らしい作品があったとは......。凄く嬉しい!

 

サスペンスが好きな人、エロティックな映画が好きな人には、超おススメです。

星はもちろん5つです!

 

 

キャストがスゴイ

f:id:naocchi3:20180716193843p:plain

まず、この映画はキャストがスゴイです。

主演は竹中直人さんです。ルックスと声が、大人の映画にすご~く合っています。

「甘い鞭」にも出ていましたが、今回はサディストの役ではなく、あくまで普通の男の役です。依頼人の頼みに誠実に応えようとする次郎も、また良いです。

 

お話のカギになる連には、佐藤寛子という女性が演じています。この人がまぁエロイです。

演技はそこそこですが、雰囲気と身体がとにかく素晴らしいです。過去に闇を抱え、現在も男に苦しめられる可哀想な女という設定ですが、よく合っていました。

彼女が脱ぐシーンは大迫力です。「中途半端なエロなら要らねぇ!」という監督の意気込みを感じます。

「エロを観たいならAVでも観てろ!」という自称映画好きさんもいますが、それは間違いです。

映画の中に、エロさがあるのが良いんです。本作のようなサスペンスには、なおさら、こういう人がいると映画全体が良くなります。

 

そして!大竹しのぶにビックリ。

あまり役者としては知らなかったのですが、醜い女の役にガッチリハマってます。

死体を樹海に捨てる時の「鬼はそと~」と叫んだり、最後のシーンで連に話し掛ける時の騒ぎ方とか、計算高いそうな感じがプンプンしてきます。

でも、コレを自然に出せるのは、他に思い当たらないなぁ.......。僕が思いつく歯に出は、彼女だけです。

ただの「さんまの元嫁」ではありません。役者としての実力を思い知りました。

 

 

エロさだけじゃない!意外性を持たせたストーリーが面白い。

f:id:naocchi3:20180716194221p:plain

んで、この映画はストーリーもちゃんとしています。決して、佐藤寛子のヌードだけがウリのエロ映画ではありません。

 

あらすじにちょっと触れます。

連は、可愛くてスタイルも良く、ちょっと大人し目の性格で、スナックでも人気の女でした。

しかし、そのスナックに勤める3人は、保険金を掛けて人を殺すことで収入を得ていました。

ある日、態度の悪い客を、我慢できずに殺害。その死体を、富士の樹海に捨てます。そこで、大事なロレックスの時計を一緒に捨ててしまいます。

そこで連は、代行屋の次郎に、時計の捜索を依頼します。

次郎は時計を探し出し、連に渡します。

そこで、次郎を信じた連は、新たに「多絵」という女の捜索を依頼します。

 が、連の悲惨な過去が明らかになります。

連に同情した次郎と、次郎を理解者だと信じた連は、愛し合うようになります。

が!それまで気弱だった連が、醜くて恐ろしい本性を露わにしてくるのです.......。

 

いやいや、とっても意外ですね......。

最初はちょっと大人しいかなと思える女が、ジワジワとその本性を出して、周りの人を追い詰めていくって、余計に怖いです。

 

次郎と連は、お互に愛し合うようになるんですが.......。コレも、連の計算だったのです

全ては自分のため.......。悲惨な過去を全て清算して、新たな人生を歩むため.......。

 

その辺の、連の本性を明かし方とか、ストーリーの中でのエロの見せ方、タイミングとか、とっても上手いです。

 

「ただ女の裸が良かっただけだろ」と言う人は、まったく分かってませんね。

そういう人こそ、映画の中でのエロの役割を知りましょう。

 

 

女性が意外な本性を明らかにしてくる映画って、けっこうあると思うんですけど、その中でも、本作はトップに入る出来でしょう。

 

「ゴーンガール」とか、「PET 檻の中の乙女」など、徐々に女が力を発揮していく物語は、見ごたえがありますね。じわじわ~っと怖さを増幅させ、最後は意外は結末で閉めてくれますよ。

 

ちなみに「PET」は、世評は悪いですが隠れた傑作です。本作が気に入ったら、ぜひ観てみましょう。

 

 

 「冷たい熱帯魚」との比較

この手の作品だと、園子温監督の「冷たい熱帯魚」と比較されそうですね。

なので、僕なりの見解を述べておきます。グロさ、エロさ、怖さの三つの視点で、この2作を比べてみましょう。

 

まず、グロさ。コレは、冷たい熱帯魚の勝ち~。

村田が凶変してから、二度の殺人を起こしますが、その時の死体のバラして、捨てる工程が凄まじくショッキングです。「人間の、鮟肝」なんて、内臓のパーツが露わになりますから.....。

 

一方、本作も冒頭で分解シーンがあるモノの、それ以外にはありません。内容も熱帯魚にはちょっと劣るかな....って所です。

 

次に、エロさ。これは、本作の勝ち~。

本作は、主演の佐藤寛子がとにかくエロ過ぎ。身体だけでは無く、過去に闇に悩む姿、それを払拭するために次郎と抱き合うシーン、全てがパーフェクト!

 

一方、「冷たい熱帯魚」でも、絡みのシーンもヌードもあるんです。

黒沢あすかのヌードも、神楽坂恵のシャワーシーンも、確かにエロイ!が、やはり佐藤寛子に一歩及ばず。神楽坂恵がフルで脱いで絡みを見せれば、同点でしたね~。惜しい!

 

そして、怖さ。コレは引き分け。

本作は主役の連が、段々と本当の姿を見せてきます。気弱な彼女が、最後には......になるのも、怖さの見せ方として優秀です。

熱帯魚は、村田が一時を境にキレます。それからはキレっぱなしで、社本を殺しに巻き込んでいきます。面白いおじさんが殺人犯に変わるのが、笑えるほど怖いです。

 

と、いう事で、この勝負、引き分け~!

 

どちらも、非常によく作られた作品です。

冒頭でも書きましたが、「冷たい熱帯魚」に並ぶ作品が出て来るとは思ってなかったので、嬉しいです。

 

ぜひ、刺激の強さを楽しんでください。

 

 

アマゾンプライムビデオで視聴できます。

 

 

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

 

 

Fire TV Stick

Fire TV Stick

 

 

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。