ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

元プロサッカー選手の岡野雅行氏のエピソードが面白すぎる。

月曜日のオードリーの若林がMCをしている、レアな経験をしたゲストの話を聞く番組で、元プロサッカー選手の岡野雅行氏が登場。そのエピソードがあまりに面白かった。映画化できそうだなww。

 

まず、岡野正行とは?

岡野選手をザックリ紹介。

元日本代表選手で、浦和レッズなどでプレー。1997年のフランスワールドカップ予選では、第三代表決定戦で劇的な決勝ゴールを決め、一躍有名になった。「最後は、おかの~」という実況は有名。この試合は「ジョホールバルの歓喜」と呼ばれた。

諦めずにボールを追う姿や、「一人スルーパス」などのプレーなどから、”野人”というあだ名でも有名。現在ではガイナーレ鳥取のスタッフとして活躍中。

 

 

岡野選手のエピソード

そんで、岡野選手の面白いエピソードとは?

 

詐欺に引っかかる。

岡野選手は横浜市で生まれ育ち、地元では天才で有名だったそうだ。しかし、中学時代にちょっと道を外れ、勉強も疎かになった。そこで、知人から島根県にサッカーが強くてしっかりした高校がある、と勧められ、入学。しかし、その高校はかなりのヤンキー高校で、サッカー部が無かったのだ。彼は言い高校ある詐欺に掛かった形で、高校生活を始めるのだ。

 

自分でサッカー部を作り、県内の強豪に

そんで、何とかサッカーをするために、ヤンキーを集める。しかし、経験者も少なく、最初はヤンキーが試合の度に喧嘩をして、試合にならなかったそう。

初めて喧嘩をせず試合が出来るようになり、遂に練習試合で初勝利。顧問も泣いたそうだ。そして、県内でもベスト4くらいの強い高校になった。

しかし、高校三年生の選手権で、岡野はまさかのPK失敗。岡野の高校サッカーは、ここで終わってしまうのだ、、、。

 

 

サッカー部が無い高校で、自分でメンバーを集めて部活を作った。しかもヤンキー高校で、部員もほとんどが不良だった。単純に凄くない?ルーキーズみたいじゃん。

 

練習試合で喧嘩が勃発する辺りも、マジでドラマとか漫画の世界だな。喧嘩が絶えないどうしようも無い素人サッカー部が、県内でも強豪に成長するとか、完全に奇跡でしょww

自分がヤンキーサッカー部を強くして、最後の選手権でPK外して負けるのは、ドラマとしかwww。マジで悔しかっただろうなぁ、、、・

 

いやいや、マジでこんな事があるんだなぁ。

ルーキーズとか、完全に漫画の世界であり得ないっしょww、と放送当時から若干冷ややかな目で観ていたので、すんごく驚いた。

 

これは映画やドラマにしても面白いネタだね。番組MCの若林は三池崇史でと言ったいたけど、僕的には白石和彌監督で。クライム風にしても面白そうじゃんwww。

そんで、主演はあんまりイケメンじゃない演技派で。岡野さん、正直そんなにイケメンじゃないでしょ。

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。