ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

アマゾンプライムビデオの、おススメ映画たち。【サスペンス系】

f:id:naocchi3:20180716192041j:plain

 

アマゾンプライムビデオで観られる面白い映画をまとめました。

今回は、「サスペンス」や「スリラー」、「ミステリー」のジャンルに絞っています。

 

比較的どんな人が見ても楽しめる、見やすい映画を多めにしています。

休日の気軽な暇つぶしに 、ぜひ参考にして下さい。

  

では、行きます。

 

目次

 

 

邦画部門

意外と、日本の映画も面白いですよ。

特に最近は、隠れた傑作的な映画が見つかって嬉しいです。

そんな自分だけのお気に入りを探してみるのも面白いでしょう。

 

凶悪

凶悪

凶悪

 

 

言わずと知れた日本サスペンス界の傑作。

主人公の真面目な記者が、未解決の3つの殺人事件の謎を追います。

 

リリーフランキーピエール瀧が演じる殺人犯たちが、とにかく怖いです。

「ブッ込んじゃお」と言って、人の命を全く顧みなずに殺人を繰り返していきます。

特に三人目の電機屋殺人事件が怖すぎて笑えます。スピリタスを無理やり飲ませるシーンは必見です。

 

 

冷たい熱帯魚

こちらもサイコサスペンスの傑作。

熱帯魚店を営む男が、娘の万引きを助けてもらったことから、事件に巻き込まれていきます......。

 

でんでん演じる熱帯魚屋の村田が面白いです。

途中までは良いオッサンなのに、怪しい投資話をした時にまるっきり別の性格を見せてきます。

その変わり方がすごく笑えます。同じ人でも、こんなに違う人間になれるんですね......。

 

おそらく日本映画の中で一番グロイので、その辺も楽しめるはず。

今までのホラーやサスペンスに飽きている人は観てみましょう。

  

naocchi3.hatenablog.com

 

 

ヌードの夜 愛は惜しみなく奪う

最近見つけましたが、めっちゃ面白かったです。「こんな隠れた傑作があったのか!」とビックリしました。

  

女の汚さを全体的に表現しながら、エロさを間に取り入れ、とっても面白くなっています。

グロさ、エロさ、怖さを全て備えたサスペンス映画です。久しぶりにこんな映画に出会いました。とってもおススメの一本です。

 

詳しくはこちらに書きました。読んでみて下さい。

  

naocchi3.hatenablog.com

 

 

甘い鞭

甘い鞭

甘い鞭

 

 

女子高生の時に拉致監禁された経験を持つ女医の奈緒子は、夜にはSMクラブのM嬢という顔を持っていた.....。

 

壇蜜主演のバイオレンス作品です。

「え、こんな作品を流通させて良いの?」と衝撃を受けました。

見所は、ストーリー云々より、激しい暴力。壇蜜演じる奈緒子が鞭でビシバシ叩かれます。「見るに堪えられない.....」と思うかも.....。

しかし、いつの間にか「面白い!」と思っていますよ。それは何ででしょうか.....?

もしかして、僕にも隠れたM心があるのかも.....。キミにも新たな性癖が芽生えるかもね.....。

 

 

二重生活

論文の執筆の為、大学院生の白石珠は、近所に住むエリートサラリーマンの石坂を標的に尾行を始めます。

 

サスペンスとはズレるかもですが、暗くて面白い映画だったので上げておきました。

 

珠が行う尾行が、ジワジワ~と人の闇に迫るようで面白いです。映画全体に漂う暗い空気が、「尾行」を余計に更に面白くしてくれます。

コレを見ていると、「悪い事をしている楽しさ」みたいな感覚を覚えるんですよね。ほら、中学の時に「バレるかも....」と思いながら、コソコソとやっていたアレですよ。そんな感じです。

 

見た後、無性に人の秘密を知りたくなりました。

しかし、人の秘密を知るというのは、その人の闇も一緒に抱えるという事なんですね。その勇気がないなら、やめた方が良いでしょう。

 

世評は悪いけど、大好きな作品です。  

 

naocchi3.hatenablog.com

 

 

さよなら歌舞伎町

サスペンスとはちょっとズレますが、面白いで上げました。

日本一の歓楽街の歌舞伎町のとある一日に、色んな人間の人生が交わるお話です。

 

まず、言っておきますが、前田のあっちゃんはほとんど出てきません。

あっちゃんファンは残念に思うでしょうね~。

 

でも、この映画、めっちゃ面白い。ラブホテルという怪しげな場所で、人間の悪い所やイヤらしい所、がチラホラと見えてきます。

 

詳しくはこちらに書きました。

  

naocchi3.hatenablog.com

 

 

 

洋画部門

洋画は数が多いですね。そして、レベルが高いですね。ストーリー、役者ともに、日本映画はまだまだ敵わないと思います。

 

その中でも、サスペンス系は洋画の方がやはり面白いです。

そんな作品たちが、月当たり325円で観れるって、お得ですよね。

 

 

ナイトクローラー

2015年に日本で公開され、たちまち話題になりましたね。

僕も映画館で観ましたが、すごく面白かったなぁ~。

エンタメでありながら、ジャーナリズムという視点から「人の汚さ」を表現しています。とても良く出来た映画です。

 

盗みで生計を立てていたルイス・ブルームは、とある事からパパラッチになります。

事故、事件現場にいち早く駆け付け、その様子を撮ってルイスはサッと消えていきます。

それをテレビ局のプロデューサーに見せます。悲惨な事件・事故であるほど、ルイスとニュースのプロデューサーは「サイコーだわ」と喜び合います。事件や事故を心配する事は一切ありません。

 

この二人を見ていると、「人の不幸で飯を食うって、こういう事なんだなぁ~」と思うんですよね。

見世物として面白いか?視聴率は取れるのか?それだけでモノを考えている彼らって、凄く薄汚いんですよ。

世の中で一番悪いのは、不幸をネタに飯を食う彼らのような人間なのかもしれません.....。

 

naocchi3.hatenablog.com

 

 

インセプション

クリストファー・ノーラン監督の大サスペンス映画です。

人の夢に入り込んで、その人の思考を盗むというアイデアが面白い映画です。

 

人の夢にも段階があって、より深い夢に入り込むことが出来ます。

ドムはより深い夢に入っていきます。そこを行ったり来たりして、「夢を植え付けて、ちゃんと帰って来れるのか?」という所を描いています。

 

コレが凄く複雑なんですよ。ちゃんと見てないと迷子になってしまいますよ。「え?いま何層目なの?ちゃんと帰って来れたの?」ってね。

 

難しい要素をいくつも取り入れ、見る人を楽しませてくれます。でも、ちゃんと見ていると分かるんですよね。

 

しかし、最後にスゴイ謎を残して終わります。せっかく頑張って理解したのに.....

と残念に思うかもしれませんが、そこも楽しみですね。皆さんの解釈を聴いてみたいですね。

 

naocchi3.hatenablog.com

 

 

ミレニアム

 

すご~く有名な小説の映画版です。こちらはハリウッド版ではなく、スウェーデンで作ったオリジナル版です。

 

リスベットとミカエルの2人が、未解決の少女失踪事件を追います。

ジャーナリストとして追い込まれ、もう後がないミカエル。悲惨な過去を持ち、それと闘いながら、コンピュータースキルで捜査を手伝うリスベット。この二人が良いコンビを見せるんですよ~。

 

特にリスベットがクール!強い!カッコいい!こんなソリッドなキャラクターは、そうは現れないでしょうね~。

 

ちなみに三部作ありますが、3つとも全て面白いです。全て見ると、よりミレニアムの世界に浸れますよ。

 

 

特捜部Q

 

「ミレニアム」シリーズの製作陣が作ったデンマークのサスペンス映画です。

 

ミレニアム同様、2人組が事件を解決します。

一作目では、不祥事で左遷されたカールとアサドが、消えた女性の操作をします。

普通に面白いし、テンポが良くサクッと話が進むので見やすいです。それだけに、ちょっとあっさりし過ぎかな、とも思います。

 

どちらかと言うと、二作目の「キジ殺し」の方がおススメ。

前回の事件で一気に地位を上げたカールとアサドの「特捜部Q」。

今回は、既に解決したはずの双子殺害事件を再捜査します。

「どうしても納得できない....」という元刑事の訴えにより、事件を掘り下げる二人.....。

そこには、実業家として成功した男と、落ちぶれてしまった美女が関係していた.....。

彼らの高校時代に、いったい何があったのか?

第一作に比べストーリーに重みを増し、ジワジワ~っと謎が明らかにします。話の進むスピードも丁度良く、凄く楽しめる作品です。 

 

 

鑑定士と顔のない依頼人

 

ヨーロッパ発のミステリー映画。

 

とにかく、最後のオチがスゴイ!

鑑定士として、そしてコレクターとして裕福な人生を歩んできたヴァ―ジル。人嫌いで、他人と仲良くなりません。

そこに突如、クレアという女が現れます。彼女はなかなか姿を現しません。

そんな彼女に、いつの間にか気を取られているヴァ―ジル。

そして、二人は遂に対面。彼らは交際に発展します。それまで女生と交際をした事がないヴァ―ジルは、まさに人生最高の時を迎えます......。

 

が、が.......。最後にその状況は一変します。とっても残念すぎる結末に、「ちょっと可愛そうだなぁ......」と思うかも。

 

この映画には、結末に至るまでに数々の伏線が隠されているようです。

僕は全てを見つけられていません。それが全てわかった時、更に面白いモノになるでしょう。僕も全部見つけるまで頑張ります。

 

 

 

韓国映画部門

実は韓国という国が嫌いです。

理由は様々なので、ここでは書きませんが。

 

しかし、映画は好きです。

ジメジメと粘着性の強い国民性が、そのまま映画にも反映されていて面白いからです。

 

もしかしたら、映画のレベルは邦画よりも高いかも.....。暗い映画が好きな人には、特に韓国映画がおススメです。

 

チェイサー

 

胸糞映画を作るのが上手い韓国映画の中でも、トップの胸糞の悪さです。

 

元刑事で風俗店を経営する男が、失踪した女を助けるために奔走するお話です。

 

雰囲気がとっても暗い!韓国独特の湿っぽい空気が、映画を面白くしてくれます。

女はどうにか助かろうともがき苦しみます。その姿がとっても痛々しいです。

そして、結末が残念すぎます。「え~何でこんなに救いがないの?」と、鑑賞後に残念な気持ちになってしまいます。

 

でもね、僕は韓国らしくて大好きです。僕はあまり知りませんが、韓国映画を観始めるなら、本作が良いのでは?と思ってます。

 

 

皆さんも、休日は映画でもいましょう。

安く手軽に、最高の時を味わえますよ。

 

naocchi3.hatenablog.com

 

 

Fire TV Stick

Fire TV Stick

 
Fire TV - 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

Fire TV - 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

 

 

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。