ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

【アマゾンプライムミュージック】おススメの楽曲!懐かしい80年代・90年代の曲たち。

アマゾンプライムの特典であるプライムミュージックでは、100万曲を超える楽曲が聴き放題です。仕事のBGMに、ドライブのミュージックに、すごくいい曲がいっぱいです。

 

そんな中から、皆さんに聴いて欲しい曲を紹介します。「えぇ、この曲も聴き放題なの?」という懐かしい名曲から、最近の馴染のある曲まで揃ってますから、きっとお気に入りの曲が見つかるはずです。

 

 目次

 

80年代~

80年代は僕も生まれてないし、良く分かんないんです。でも、音楽番組などで流れてくるので、良いなぁと思う曲はすごく多いです。

 

・フレンズ(レベッカ

「どこで壊れたのオ~フレンズ~」のあの曲です。どんな人でも一度聴いたことがあるでしょう。いや~名曲ですね。

「口づけを交わした日は~」なんて、すごく切ない歌詞ですね。おそらくこの人は学生で、初めて異性とキスをしてのでしょう。そんな切ない歌詞を、テンポの良いリズムとキレイなメロディに乗せて歌っています。特にサビが良いですね~。

 女性ボーカルの曲の中でも、すごい名曲なんだろうな~。キレイで切なくて、のれる曲です。

 

・MARIONETTE(BOOWY

伝説的バンドのBOOWYの曲です。氷室京介布袋寅泰が組んでいた、解散から20年以上たっても人気のバンドです。知らない人多いだろうなぁ........。僕もあまり知りませんwww。

しかし、この曲だけはどんな人にも推せます。いや、ぶっちゃけ他の曲はそんなに聴いたこともなんですけどね.........。

テテテテ~テテテテテテテッテッテというギターの音に乗せて氷室さんが歌うのが渋いし、何と言ってもリズムが良い!

操る糸を断ち切って、自分の為に踊りな!なんて、カッコいいじゃないです30年くらい経つけど、未だに名曲ですね。

 

・今すぐkissme(リンドバーグ

このバンドの一番の名曲でしょう。僕はそれしか知りません。

ちょっと歌うのは恥ずかしけど、ノリが良くて聴くには良い曲です。しかし、この曲もめっちゃ昔なんですね。びっくりです。

 

 

90年代~

90年代は良い曲が多いですよね~。僕も好きなバンドとか多いですよ。

ラルク、グレイ、イエモン、XJAPAN、LUNASEA、ミスチル、などなど........。言い始めたらキリがないですな.......。そんな彼らの名曲も聴けます。聴いたことが無い人は、試してみてね~。

 

スピッツ

まったりロック系。何気ない感情や様子を、良いメロディーに乗せて歌っています。

実はこういう人たちを良いと思うようになったのはつい最近です。歳を取ると、こういう曲が恋しくなるものです。あなたの日常を彩ってくれる曲たちです。

・ロビンソン

おそらく、スピッツの一番の名曲ですね。「誰も触れない~二人だけの国」のあの曲です。いつ聴いても良いですな。

 
空も飛べるはず

 「君と出会った奇跡が、この胸に溢れてる」の、誰でも知ってるあの曲です。いや~良いですなぁ......。胸にじんわりと来ますね。

CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection

CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection

 

 

 

THE YELOW MONKEY

渋いロック系イエモン。最近再結成を果たして、勢いに乗っています。

吉井さんの低く粘りのある声を、重厚なギターの音に乗せています。曇りの日に聴くと、すご~くけだるくて味わい深いですよ。僕的には「曇りの日が似合うバンド」です。

・JAM

イエモンのバラード代表。知名度は高くないけど、この年代の名曲に入れるべき傑作です。

 

・SPARK

「あ~たらし~い~なにか~がオレの~」のあの曲です。

イエモンで一番好きなのはコレかな。リズムとギターの分厚い音が、ノリやすくてサイコーの一曲です。思わず口に出している事も多いんですよね~。カラオケで歌ったら、「え?何この曲カッコいい」と思われるでしょうねwww。

 

・SO YOUNG

こちらは珍しい春ソング。「春は何か優しくて残酷」と、切ない春の気持ちを歌っています。

切ないと言っても、ギターの音も激しさも犠牲にせず、ちゃんとロックしています。それなのに、ここまで悲しげに聴こえてしまうのは不思議です。コレが、イエモンの良さなのだ!

 

・パール

最初から最後まで、ぶっ通しでアップテンポでハイテンションな曲です。「宇宙で~最も~」で始める冒頭から全開。

 コアなファンだと、これを一番に推す人も多いようです。確かにこの曲はスゴイです。ドライブで聴いたら、すごく楽しいでしょうね~。

 

・BURN

こちらもロックでありながら切なさもある曲です。

「限りない喜びは~」から始まるサビは、何となく「生きる辛さ」みたいなものを感じます。いや、吉井さんの声だと、それが余計に伝わるんですよね.......。

THE YELLOW MONKEY GOLDEN YEARS SINGLES 1996-2001 (Remastered)

THE YELLOW MONKEY GOLDEN YEARS SINGLES 1996-2001 (Remastered)

 

 

 

GLAY

ロックバンドでありながらキャッチ―な曲が人気のバンドです。僕は中学の時に良く聴いていたなぁ。いやいや、懐かしいですねぁ。けっこうアルバム持ってますけど、どれにも良い曲がいっぱい入ってたなぁ.......。

今でも活躍中ですが、実は90年代からヒットをバンバン飛ばしていたのです。彼らの全盛期の頃の楽曲は、原点でもあり頂点です。

・BELOVED

彼らの初期のヒット曲です。「やがてく~る~それぞれの交差点を~」のサビでお馴染みですね。

友や恋人と別れて歩き出すという歌詞を、アコースティックギターを交えながらゆったりとしたテンポで、テルが歌い上げています。この時のテルの張りのある声が良いですね。「おぉ、そこまで出るか......」とう迫力があります。

 

・HOWEVER

おそらく、グレイと言えばこの曲を思いうかべる人が多いでしょう。僕もちっちゃい頃よく聞いてました。そして、最近でもすごく聴いてます。

 
・誘惑

グレイのロックナンバーと言えばコレですね。テンポ、メロディ、ギターの音、テルの声、全てが最高です。部屋で何回もリピートしてたなぁ........。

「時に愛は二人を試している」とは、すごく挑戦的な歌詞ですね。それを激しいテンポのメロディに乗せて歌っています。イエモンのSPARK同様、この年代のロックの名曲として語り継がれるでしょう。

 

・BE WITH YOU

そこそこ有名だけども、そこまで有名でもないかもしれない曲です。でも、良い曲ですよ。

「あなたに会えたこと~」というサビが良いですね。これからを共に生きていく二人に、すごくいい曲です。

 

・口唇

誘惑と共に、初期の代表的ロックナンバーです。 これまた挑戦的な歌詞と、激しい曲調が良い曲です。

最近のグレイは、あまりこういう曲を出しませんな......。いや、今の爽やかロック系も良いんですが、やはり激しいのも出して欲しいです。

THE GREAT VACATION VOL.2 ?SUPER BEST OF GLAY?

THE GREAT VACATION VOL.2 ?SUPER BEST OF GLAY?

 
THE GREAT VACATION VOL.1 ?SUPER BEST OF GLAY?

THE GREAT VACATION VOL.1 ?SUPER BEST OF GLAY?

 
REVIEW ?BEST OF GLAY?

REVIEW ?BEST OF GLAY?

 

 

 

LUNASEA

バンドの中でも非常にマニアックなファンが多いLUNASEA。けっこうコア向けの曲が多いですね。グレイのようなキャッチ―さは少ないけど、ダークでソリッドな良さがあります。知らない人はぜひ。今はなかなかこのようなバンドにお目に掛かれませんから、寂しいですねぇ........。

・ROISIER

いや~知る人は少ないでしょうね。特にアマゾンプライムの特典で音楽を聴く人なんかはね......。

いや、しかし昔のロックバンドって、すごく尖ったものがあって良いですね。この曲は特に昔っぽい無骨な激しさを感じます。今のバンドはお洒落な人達が多いですからね~。

 

・TRUEBLUE

ROSIER同様、こちらも昔の良さが出ている曲です。リズム感が良くて、歌詞もどこか悲しげで良いのです。

LUNA SEA 25th Anniversary Ultimate Best THE ONE

LUNA SEA 25th Anniversary Ultimate Best THE ONE

 

 

 

槇原敬之

どうも、マッキーです。当時はこの人がかなり出てましたね~。僕が生まれたころなので、詳しくは知りませんが.......。

しっかし、今でも愛される曲がいっぱいあります。聴いたことが無い人は、ぜひ聴いてみて下さい。すごくいい曲ですよ。

・どんな時も

「どんな時も、どんな時も、僕が僕らしくあるために~」のあの曲です。よく歌番組で聴くアレです。

昔よく聴いていた人も、知らない人にも良い曲です。昔のJポップは、すごく昔らしい味があって良いですね。

 

・冬が始まるよ

 こちらも名曲。昔の冬ソング特集には必ず出てくる名曲です。

 

 ・もう恋なんてしない

「もう恋なんてしないなんて、言わないよ絶対~」のあの曲です。いいですね~マッキー。

おそらく失恋ソングなんでしょうけど、そこまで悲しく聞こえないのが良いですねぇ。暗い失恋ソングって、ちょっと鬱っぽくて嫌なんですよね......。でも、コレは明るくてノリやすいので聴きやすいです。

カラオケで歌うのも良いでしょうね~。失恋した方は、これを聴いて前向きに生きましょう。 

槇原敬之 ソングス

槇原敬之 ソングス

 

 

 

名曲がいっぱい

プライムミュージックには、80~90年代の名曲がいっぱいです。新しく見つけたら追記していきます。

みなさんも、昔聴いてた懐かしい曲や、歌番組で聴いたあの曲、生まれて無い頃の名曲を聴いてみましょう。楽しい音楽ライフが送れますよ。

 

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

 

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。