ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

映画感想:『さよなら歌舞伎町』 怪しい街・歌舞伎町で恋人たちの人生が交差する。

日本で一番怪しい街・歌舞伎町で、数組の男女の一日を追う。人間の色んな部分が見えてワクワクする映画だ。

監督:廣木隆一

キャスト:染谷将太前田敦子南果歩忍成修吾、河合青葉、松重豊、他

 

 

<テキトーにあらすじ>

  一流ホテルのフロントマンになる事を夢見る徹。しかし、彼が働いているのは歌舞伎町のラブホテル。ある日、様々な男女が入るそのホテルで、徹の人生は一変する。恋人でミュージシャンの沙耶が別の男と入って来たり、妹がAVの撮影をしていたり、、、。

様々な男女の愛が入り混じるラブホテルで、彼らの運命が交差する、ちょっと変わったラブストーリー。

 

f:id:naocchi3:20171018183020p:plain

 (TOYSFACTORY YouTubeチャンネルから)

 

<感想>

 とある歌舞伎町のホテルマンの一日を映し出して、そのラブホテルで色んな人達の人生が動いていくという映画。AV女優、立ちんぼ、指名手配犯、家出少女、不倫刑事のカップルなどなど、様々な人達が歌舞伎町のラブホテルで出会い、人生が大きく変わっていくのが凄く面白い。自分には体験できない、ある意味現実的な非日常を見せてくれた。

特に大掛かりな演出やアクションがあるわけじゃ無いけど、、ストーリーと登場人物のキャラで上手く表現している。前田敦子はあんまり出てこないけど、全然気にならなかったぞ。78点。

 

 

一流ホテル「グランパシフィック」のホテルマンを名乗る徹。そして、ミュージシャン志望の沙耶。二人は同棲している。しかし、徹君が向かったのは何と歌舞伎町のラブホテル。

「俺はこんなとこに居る人間じゃない」と文句を言っているけど、ラブホテルの社員だって、良いけどなぁ。怪しいホテルマン、良いじゃん。

 

徹君の同僚の鈴木さん。宅配業者が家に来ただけで、同棲している男に「隠れて」と言う様子から、何やら訳アリな模様。後に分かるんだけど、彼らは時効間近の指名手配犯なのだ。松重豊さん演じる大男が押し入れに隠れる姿が、凄く可愛い。

 

そして、最初の事件発生。撮影で来たAV女優が妹だったのだ。一応、徹君の出身は宮城県の塩釜。そして、一流ホテルのグランパシフィックに勤めている事になっている。凄い、偶然。妹がAV女優て、どんな気分なんだろ?僕はちょっと興奮するな(妹いない)。身内のプレイを見て興奮するって、凄い罪悪感あるよね(笑)。

 

風俗嬢のスカウトと家出少女が入店。少女は家でしてからネカフェで暮らしてきて、風呂にも入って無いと言う。ネカフェ難民って、現代が抱える闇みたいな物だけど、不謹慎ながら僕は一回こういう生活をしてみたいと思っている。ワクワクするじゃん。

しかし、この少女。マックのチキンナゲットを全部食べるのが夢だったと語る。冗談抜きで、可愛そうな女だったのだ。この後、彼らは心を通わせていく。この映画で唯一の良い話。

スカウトマン役の忍成修吾さんは、こういうゲスい男の役が似合う。昔ホスト役とかやっていた頃から、凄い良い役者さんだと思っていた。

 

そして、最大の事件発生。徹君と一緒に暮らしている沙耶ちゃんが、謎の男と来店。沙耶の方も、「あれ、徹じゃね」と気付いたのか、バレないようにしている。そして、「え、今の沙耶じゃね?」みたいにその後を追いかける徹君も面白い。声掛ければ良いのに(笑)。

その後、お湯が出なくなってしまった沙耶の部屋に行くと、沙耶が出て二人はご対面。その時の二人のやり取りが、凄く人間の闇を感じさせるのだ。

 

何でこんな所に居るの?グランパシフィックじゃなかったの?と言って徹をビンタ。その後、私ホントにやっちゃうよ、と言って再びビンタ。

一応、浮気をしている身だから、悪いのは沙耶なんだけどね。何で徹君が叩かれなければいけないの?これは、ベッキーと絵音君の構図と似ている。

f:id:naocchi3:20171018183229p:plain

 

 

スーツを着た不倫カップルが来店。彼らは刑事なのだ。しかし、ここでも事件発生。女の刑事が携帯を忘れて、それを鈴木さんが届けてあげる。女の刑事は「どこかで見たことがあるんだよなぁ」と不安げな模様。

そして、大胆な絡みに突入。このシーンが凄く良いです。視聴者(とくに男性)の心をグッと掴んでしまう事間違いなし。風呂場というのが余計に凄い。

そして行為の終わりに、やっと鈴木さんの正体に気付いた女刑事。鈴木さんの正体は1998年に強盗致傷で指名手配された、柏木桐子という人物だったのだ。

 

「すぐに逮捕しよう」と力む女刑事だが、ここでも事件発生。ここで逮捕したら、彼らが一緒に居たことがバレる。不倫がバレたら、彼らは刑事として彼らは生きていけなくなるのだ。ここが、面白い。目の前に犯罪者が居るのに、自分たちが不倫してるせいで捕まえられないなんて、歯がゆいな。

この後の男の方が、不倫は家族にとっては犯罪だ、というのも良いセリフだね。一応

罪の意識はありながら、彼らは愛し合っている。多分、世の中から不倫は無くならないでしょう。

 

 

この後、徹君はホテルで色々あり、何もかも投げ出してしまう。彼のホテルマン人生はどうなってしまうのか?沙耶とはどうなるのか?鈴木さんたちは時効まで逃げ切れるのか?不倫カップルはどうなるのか?

 

新宿の歌舞伎町って、めっちゃ怪しい街だよね。凄く雑多にビルが立ち並んでいて、その陰に隠れるように、誰がどんな事をしているのか分からないし、違法な商売が横行してるし。

そんな街で、恋人たちも一線を超えた行為をしてるんだよね、きっと。この映画みたいな事が数多く行われていると思うと、歌舞伎町って面白い街だね。僕も歌舞伎町に住んでみたくなった。誰か一人に注目していれば、とんでもない場面に出くわせるかもしれないね。ふぅ、卑猥。

 

この映画はAmazonプライム・ビデオで視聴できるぞ。

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。