ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

通ってて思った!学校のキツイところ無理なところ9選。

一応、学校には大学まで行っています。未だに、「学校に行くのが偉い」みたいに思っている人が多いですが、今の学校に価値はありません。

社会の形が変化してきている中、昔的な「一か所に集めて教師の言うことを聞く」というシステムが古いんですよ。

酷い場所ではスマホも使えず、英単語を辞書で調べているとか、、。マジで終わってますね。 そんな学校に行く必要はありません。

そこで、僕の経験から学校のデメリットを書いていこうと思います。

 

1.学校は、教師を選べないのがキツイ

僕は学校の先生という存在に非常に疑問を抱いています。いや、何の能力もないのに態度だけデカい人とか、自分の機嫌次第で生徒への対応が大きく変わる人とか、いるじゃないですか。そういう人が、まだ10代の生徒に教えるとか、クソですよね。悪影響でしかないでしょ。

 

そして、中には、どうしても合わない先生っていますよね。そういう人が担任になったら、めっちゃ辛くないですか?学校に行くなんてとっても無理ですよね。

 

中学の時は、色んな変な先生がいました。授業中に男の悪口を言う先生がいました。どういう恨みがあるのかは知りませんが、関係のない生徒に話すべき事ではありません。

また、体育の先生は、自分の機嫌次第で生徒への対応がすごく変わる人でした。「俺は一触即発状態だ」とか威張ってましたけど、知るか!って感じですね。

他にも、高校の古典の先生で、どうしても教え方が分かりずらい先生がいました。堪えられないと机を叩いてきたので、余計に嫌いでした。そのような人の下で勉強するって、ムリじゃないですか?

 

生徒の成績や人格を伸ばすには、自分に合っている先生の元で勉強した方が良いに決まっています。合わない人の下で何をやってもダメなんです。しかし、多くの学校ではそれが出来ません。それどころか学校では先生の命令は絶対です。そんな状況で、誰が学校に行きたいと思うでしょうか?

 

 

2.学校は、クラスを選べないのがキツイ

これも大問題。クラスにどうしても嫌いな奴がいたら、学校なんて行けないですよねマジで。特に中学高校とか、理不尽な奴らっているじゃないですか。そういうのと一緒になったら終わりですよ。

 

今でも思い出すと苦しいですが、僕は部活の人間と仲が悪く、特に何も話さない状況でした。しかし、幸いにもその人間たちと同じクラスにはならずに済みました。マジで奇跡です。もし、誰かと一緒だったら不登校間違いなしでしたね。

 

また、クラスでは絶対に派閥が出来ます。そこでハブられると、非常にツライ目に遭います。今でも忘れられないのが、とっても威張っててウザかった女子生徒が、急に学校に来なくなったことです。けっこう嫌われていたそうですが、その時はビックリしました。40人の集団にむりやり閉じ込めると、こういう事も起きるんです。まぁ、学校なんて来なくて良いと思います。

 

不登校になった後、そのクラスに復帰するというのは無理ですよね。そういう意味でも、クラスを選べないのはキツイですね。まぁ、「クラス」という集団自体、僕はダメだと思ってますけど。

naocchi3.hatenablog.com 

 

 

3.学校は、部活をやらなければいけないのがキツイ

これもどうにかして欲しですね。特に田舎の中学や高校では、部活は強制参加の学校が多いです。これ、特にやりたいことも無い生徒にとっては辛いんですよね。

 

学校には色んな人がいます。部活なんてやらないで好きな事をしたい人もいるのです。一人で映画を観たり、本を読んだり、何かに打ち込むのが好きな人も、多いはずです。そんな人を無理やり部活にさせるとか、マジで拷問ですよ。そんなのやめましょう。

 

最近は、先生のブラック労働が問題になっています。部活の顧問をやっていると、余計に労働時間が長くなってしまうのは当然ですよね。これは早急に改善されるべき事です。部活なんて、無くても良いんです。誰も困りません。

 

部活なんて、サークル程度で良いんです。行きたい人は行けばいし、行きたくない人は帰って好きな事をすればいいんです。ぶっちゃけ、部活なんて何も得られませんよ

ww。

 

 

4.学校は、毎朝行かなければいけないのがキツイ

学校って、毎朝登校するじゃないですか。コレってイジメじゃないですか?朝クソ早く起きて、つまらない場所に行くとか、ムリでしょ?

 

そして、毎朝同じ時間に同じ場所に行くって、すごく昔的ですよね。工場に働きに行く労働者みたいじゃんwww。

 

毎日学校に行く必要なんてありません。家で勉強して、分からないところは学校に行って教えてもらえれば良いだけです。その方が先生の人件費も節約になるでしょ?

 

 

5.学校は、一人になれないのがキツイ

 学校は一人にさせてくれません。それどころか、いつでもどこでも集団になる事を矯正してきます。非常に面倒です。

 

まず、クラスという集団に属さないといけません。コレが非常に厄介で、入る所を間違えると学校生活を送れないです。

勉強する時も、グループになって話し合うとか、飯を食う時も机をくっ付けろとか、マジで意味不明です。飯は一人で食べる物です。好きでもない人達と食っても、ウザいでだけです。

 

食事は一人でしたいけど、無理やり一緒に食べさせられたのは、ホントにウザかったなぁ。誰もクラスの人の顔を見ながら飯を食いたくないのに、、、。一体何の目的があるのでしょうか?今でも意味が分かりません。一人が好きな人を理解しない学校という場所は、凄く気持ちが悪いです。高校の時はその辺が自由で良かったですが、、。

 

 

6.学校は、便利な物を使わせてくれないのがキツイ。

僕が通っていた高校(5年くらい前)では、スマホ禁止でした。今でもそうなのかな?いずれ、そういう高校って終わってますよね。便利なモノは使わないと、勉強が進みませんよ。他の学校の生徒との差が出来てしまいます。

 

おそらく、多くの小中学校ではスマホ禁止なんでしょうね。「スマホは遊ぶものだ」とか、教師がテキトーな理由を付けて、自分たちの考えを植え付けようとしているのでしょう。マジでアホ臭いですね。

 

僕が中学に行っていた頃は、当然携帯電話は禁止でした。スマホは無かったですね。高校では、驚くことに電子辞書まで禁止でした。マジでクソですね。ただデカくて重いだけの紙辞書を使う事に、何か意味があるのでしょうか?

 

そして、先生の話を聞かなくても、ググれば大体の知識は手に入ります。言葉の意味や公式、簡単な解法ならGoogle先生が教えてくれるんですよww。「携帯はダメだ!」と声高に言う学校の先生の皆さんは、自分でササっと調べる方が早いことに気付かないのかな?ちょっとお馬鹿ですね~申し訳ないですけどwww。

 

人間はテクノロジーの奴隷です。最新の便利なモノを使わないで、教育と言えるでしょうか?スマホなど、どんどん使っていきましょうよ、その方が明らかに効率的なんですから。

 

 

7.学校は、制服を着ていかなければいけないのがキツイ。

中学、高校で着て行かなければいけない制服。アレ、ムダですよね。夏は暑いし冬は寒いしwww。あんなの考えたの誰なんでしょうか?得しているのはトンボ学生服の人だけですよ。わざわざ高いお金を払って、不便なモノを着るとか、マジでドМなの?

 

夏は短パンにTシャツで良いでしょう。冬はセーターにコート着たいでしょ。とにかく、制服ってムダなんです。

そして、制服を変に着ると怒られるんですよね。だったら制服なんてやめて、テキトーに着ても失礼じゃない私服にしましょうよ。

 

 

8.学校は、先輩の言うことが絶対だからキツイ

学校には必ず上下関係というのがあります。いや、先輩には一応敬語は使いますけど、別に誰のことも尊敬している訳ではないです。ホントにどうしようもないクソみたいな先輩もいます。そんな人の言うことも、学校では絶対とされるので、マジでクソです。

 

中学の時の先輩は、ホントにクソみたいな連中でした。意味不明の理由で後輩に説教してくる人が居て、ホント嫌でしたね。そういう人に限って、何の取り柄もない奴なんですよね。頭が良い人とか、何かに秀でている人は、そう言うことはしてきません。ホント、今思い出しても、中学の先輩ってクソでしたね。

 

 

9.学校は、カースト制度があるからキツイ。

学校に絶対あるのがスクールカーストです。コレ、マジで意味不明の制度ですよね。容姿の優れた女子と、コミュニケーション能力に優れた男子が上に立つこの仕組みは、無関心の人まで巻き込むので迷惑ですよね。

 

クラスに所属していると、「アイツはモテる、アイツは微妙」みたいなランク分けがされています。別に興味ない人にとっては、とんでもなく迷惑な制度なんですよね。

 

そして、その制度のせいでクラスでの生活も変わってきます。カースト上位の人や、その人達と仲が良い人は、クラスや学校でもデカい顔して暮らしていけます。しかし、そうでない人は、しばし意味不明の扱いを受けながら生活することになります。時にいじめという形で、それは現れます。

 

良い人ほど、この階級制度に負け、病んでしまうんですよね。学校に壊された人を、何人も知っています。

 

このような制度は「クラス」という枠がある限り、無くならないでしょうね。クラスという集団に、そもそも無理があるのです。教師も文科省教育委員会も、いい加減に気付きましょう。

 

 

学校はサークル程度のもの。

学校は、みんなが強制的に行くべき場所ではありません。みんなと楽しく暮らせる「学校に合っている」人が、気ままに行けば良い場所なんです。嫌いなのに行く必要ある場所ではありません。

 

みんな、なんで学校なんて行くのでしょうか?学校に行たって、勉強が出来るわけではありません。そして、学校は無駄だらけです。自分で適切なやり方をした方が、絶対に成績は伸びます。

 

そして、無理して学校に行くと人間が壊れます。良い人だったのに、学校の環境に病んでしまい、悪い人になってしまった人も僕の周りにいます。マジでそういうのは残念です。学校は、良い人ほど壊れます。

 

今は優秀な人ほど、個人で快適に勉強する時代です。学校なんて、必要な時だけ行きましょう。ちょっと頭の良い人なら、ふつうに自分で勉強して大学まで行けます。マジで。

 

今は選択が自由な時代です。上手く利用して、人生を良い物にしましょう。もう一度言います。学校なんて必要ありません。

 

naocchi3.hatenablog.com

 

naocchi3.hatenablog.com

 

naocchi3.hatenablog.com

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。