ぼっちですが何か?

地方国立大卒ニートの生活記録。精神病持ちです。

「深夜食堂」は、歴史に残る名作。

Amazonプライム・ビデオで配信されている「深夜食堂」を、第一シーズンから第三シーズンまで見てしまいました(3回目)。観始めると止まらないんだなぁ。

 

マスターの人間性とご飯、そして常連たちの人生に泣いたり笑ったりする物語です。じんわり染みるんだなぁコレが。

 

メニューは豚汁定食とお酒だけ。あとは出来るものなら何でも作るってのが、営業方針さ。

 

映画とかドラマって、最初がいちばん面白いじゃないですか。回とかシーズンを重ねるにつれて、「最初がいちばん良かったよな~」とファンは嘆くものです。

しかし、本作は全くそのような気持ちを抱かせません。むしろ、シーズンを重ねるにつれて良くなってきます。

僕的にはシーズン2がいちばん好きですね~。お客たちの人生が微妙に交差する感じが良いんですよね~。

 

 

シーズン1で常連客の一員として登場していたヤクザの剣崎竜。みんな大好き松重さんですよ。

第一話では、そんな彼が何でヤクザになったのか?なぜ、赤いウインナーを好むのか?そして、刑事の野口(三石研)との関係が明かされます。

竜ちゃんは高校野球界で有名な選手で、プロのスカウトが見に来るほどの実力者だったんだけど、その後にちょっとした事で問題に.......。

 

f:id:naocchi3:20180330040838p:plain

「何で俺が赤いウインナーが好きか知りたいか?」と聞く竜ちゃんに、

「さぁね、関心ないね」と、竜ちゃんの話をあえて聞かないマスター。いや、この辺のマスターの距離の取り方が絶妙なんだなぁ。

竜ちゃんのウインナーの話が泣けるんだなぁ~。そして竜ちゃんはカッコいい。松重さんは何をやっても似合っちゃうし.....。僕は「孤独のグルメ」の前から注目してましたよ。ホント凄い役者さんです。

 

 

第二話の「唐揚げ」の回は、唐揚げとハイボールが美味しそうなんだなぁ。

芸人の彼を持つサヤは、めしやではいつも眠っている。その顔を楽しみにする常連も多いのだが.....。彼女はいつも「唐揚げ」を注文していた......。

 

いつも眠っているサヤちゃんが可愛いんだなぁ~。なんか昭和の女みたいだし.....。そして彼氏がクズなんだなぁ。

いずれにしても、ハイボールと唐揚げはサイコーです。唐揚げの油を、ハイボールが流してくれます。コレを見ると、ハイボールが飲みたくなるでしょう。

 

 

第五話では、缶詰が美味しい料理に変わります。でも、缶詰って時々食いたくなりません?サバ缶でビールを一杯やりたくなるんですよ。

 

大学の映画サークルに入っている二人組は、ロケ地でパイナップルの缶詰を見つける。それをめしやで酢豚にしてもらう。そこで、美人の「きくの」さんと出会い、映画への出演を打診する。彼らは「スタンドバイミー」のような映画を撮りたいと言うが、そこ先には驚きの話が待っていた......。

 

この回では珍しくホラー的な要素が入ってきます。めしやで出会った女と「スタンドバイミー」という映画と缶詰が、上手く関わって見事な怖さを出しています。二人がひろった缶詰とは?そして女の正体とは?「スタンドバイミー」とは.......?

僕は「スタンドバイミー」を知らないけど、けっこう怖いんですね。今度見てみおっかなぁ.....。そして、缶詰が食いたい.....。缶詰にしか出せない味というか何というか......。けっこう良いですよね、缶詰って。

 

 

そして最終話では、めしやの常連の中でも謎めいた存在だったカタギリ(オダギリジョー)が、遂にその過去を明らかにします。マジで切ないっす.....。

 

シーズン1から、めしやの隅っこで酒を飲み、常連たちの会話に意味深な一言を放つ片桐。

「世の中は、浮かれて溺れてナイル川

「世の中は、下流中流有栖川」

「世の中は、二人が良ければ吉野川

などなど、「川」にちなんだ名言を残してきましたね。最終話では「旅に出る」と言い、「傷の借りは必ず返す」と言い残していきました。「彼って何者なの?」と不思議に思っていた人は多いはずです。

 

「出来る物なら何でも作る」というのがマスターの営業方針だったが、餃子だけは近所の餃子屋に外注していた。その餃子屋で働いていた女に、マスターは見覚えがあった。そして片桐とその女は、昔は浅からぬ関係であったのだ.......。

 

無口で正体も分からぬ片桐に、まさかそんな過去があったとは.....。女と出て行く計画を立てる片桐に、「気に入らないね。お前さんと彼女は、とっくの昔に終わったはずだ」と言うマスターもまたカッコいいねぇ~、

餃子屋の女も、片桐のことは忘れてなかったようで.....。二人はどうなるのか.....?超切ないっす......。

しっかし、オダジョーさんってどんな役にも合いますよね。カッコいいけど、渋い役もクズみたいな役もこなしてしまうのが凄いっす......。

 

 

f:id:naocchi3:20180330041648p:plain

ヒューマンドラマとグルメが見事に融合しているドラマです。しかも、24分の中にキッチリとまとめているのが凄いなと。

「えぇ、もうちょっと見たいのに....」くらいの所で、ちょっとその後が気になるような終わらせ方が、また余韻があって良いんですなぁ......。

 

お客さんの話と人生にじんわり来て、マスターの料理に思わずお腹が鳴る、そんなドラマです。見た後に、軽い料理と瓶ビールで一杯やりたくなります。さて、今日は何を食いますかね.......。

 

 

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。