ぼっちですが何か?

地方国立大卒ニートの生活記録。精神病持ちです。

映画「スポットライト・世紀のスクープ」感想 聖と俗について。

こんにちわ。

最近は映画の感想がスラスラと出て来るようになりました。書くのが楽しいです。

そんで、『スポットライト世紀のスクープ』が面白かったので感想を残します。

 

スポットライト 世紀のスクープ (字幕版)

スポットライト 世紀のスクープ (字幕版)

  • 発売日: 2016/09/07
  • メディア: Prime Video
 

 

本作、賞レースでも作品賞を取ったりで日本でも名前が広がりました。

カトリック協会の不正を暴くボストンの新聞記者たちのお話です。

 

カトリック協会というと、日本だとあまり馴染が無いですが、欧米社会では圧倒的な影響力を誇る組織です。

キリストのカトリックは信者が11億人います。一番上にはバチカンローマ教皇が居て、その下に枢機卿という次期教皇候補がいて、その下の大司教、司教、司祭という順に、キッチリと聖職者の身分制が決まっており、教会という組織や規則を重視する傾向が強いです。

信者は日曜日に教会に来て、神父の話を聞いたりお祈りをする事を求められます。いずれ、「教会」という物が重視される宗派です。

プロテスタントはその逆で、聖書やイエス様を重んじます。教会に来てお祈りをする、という決まりも特にありません。信仰は個人の問題で、個人がちゃんと聖書を読んで信仰を持っていれば、それで良いという考え方です。

そんでもって、キリスト教はイエス様が産まれて、その後パウロや弟子たちが広めた辺りから存在する訳ですから、かれこれ2000年近い歴史を誇る訳ですね。ローマ帝国の国教になったのが4世紀だから、国に根付いた宗教としても、軽く1000年を超えているんですね。

 

それで、本作は宗教、それも世界で最も多いキリスト教カトリック教会をテーマにした映画です。なぜ、これほど賞を取ったり話題になったりしたかと言うと、宗教、カトリック教会というのは長い間、人々の生活の基盤として機能してきたからです。欧米社会では、キリスト教は当然あるものなんです。人々はイエス様やその教えを拠り所にしてきたんです。そのタブーに、たかが(と言っては申し訳ないが)新聞記者が挑むだなんて....。どれだけ危険か分かりますね。

 

宗教というのは、そもそも触れるのが難しいモノなのです。「聖」というのは、普段我々が接する「俗」なるものとは反対側の、人知を超越したものなのです。一般社会すなわち俗な社会で生きる人々が、聖なる教えに触れて、救いを得るのです。それが宗教です。

 

しかし、その教会が不祥事を起こしているらしい...。しかも信者に性行為を強要しているらしいと。これはマズイ訳です。神に使える聖職者たちが、そんな事をしていると知れたら教会の信用は地に堕ちます。だから、そこには触れない方が良い...。そこに、新聞記者たちが挑戦します。

 

たかが新聞が勝てるわけがない....。とボストンの偉い人は疑います。ですが、段々と取材が進んでいくうちに、教会の不正はとてつもなく大きい事実に辿り着きます。最初にボストングローブが掴んでいた事件は、まだ氷山の一角でした。実際には90人近くの神父たちが、性虐待に関わっていた可能性がある、しかも弱い立場の子供を狙っていたかもしれない、と....。ボストングローブの記者たちは熱の入った取材で、それを掴みます。

 

映画の中で、特に素晴らしかったのは、記者のマイクを演じたマーク・ラファロです。取材がなかなか上手く行かなかったり、上司と時に対立したりしますが、どうにか執筆にこぎ着けようと奮闘します。彼が熱のこもった演技が、我々に訴えかけてくるものは大きいです。おそらく彼がクレジットで出演者の中で一番上に出て来るのかな。

 

日本人は時に無宗教と言われます。実際には、葬式や初詣などで寺や神社に関わっていますが、では頻繁にお寺や神社に行って修行をする人は少ないでしょう。しかし、欧米人にとって、キリスト教は生活そのものなのです。それに切り込む事のタブーって、日本人にはあまり想像できないのでしょうね。

 

やはり宗教の名を借りる以上、聖なるものは聖なるものとして、キッチリと体裁を保ってもらいたいですよね。聖と俗を一緒にするとロクな事が無いですし、実際に日本は戦争に走りました。だから、そこは分けておく必要があるんです。オウムもそうですが、宗教が俗に降りてくるような事は、絶対にあってはいけないのです。

 

んで、そんな聖なるキリスト教の不祥事を、新聞が報じて良い事はあるのか?と聞かれると、ちょっと考えさせられますよね。触れない方が良い事もある、というのが世の中ですが、でもそれに触れるのが新聞の役目だと、劇中で記者が言います。やはり、見たくないモノも世の中にはある事を教えるのが、記者とかメディアとかの役目ですね。

 

んで、やはり宗教の名を借りて行う犯行に対して、刑罰はより重くて良いと思うのです。聖なる教えで以て人々に救いを与えるのが聖なる宗教です。その名を汚すことの罪は大きいのですよ。宗教だからこそ。罪は重くなるのではないでしょうか、と。

 

スポットライト 世紀のスクープ (字幕版)

スポットライト 世紀のスクープ (字幕版)

  • 発売日: 2016/09/07
  • メディア: Prime Video
 

 

そう言えば最近こういう本を読んだのですが、宗教とは難しいモノですね。事件を起こしたから宗教じゃない、とは言えないですし....。

 

naocchi3.hatenablog.com

 

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。