ニートの平日

地方国立大卒ニートの生活記録。「え、ニートに平日も休日もないだろ....」という下らない日記です。

酒よりもたばこの方が優秀である3つの理由を解説。

 

f:id:naocchi3:20181228164352j:plain

 

とある酒もたばこも好きなおじさん:

酒もタバコも好き。どちらも楽しんでいたい。でも、タバコも高いし酒も安くない。

せめてどちらかは趣味として残したいけど、果たしてどちらが良いのか?

 

今回はそんな悩みにお答えします。

 

この記事の内容は、

・タバコか酒で悩むなら、迷わずタバコを選べ!

・その理由

・しかし、タバコは健康リスクが高いから自己責任で。

・もしもあれなら電子タバコでも良いかもね。

 という感じです。

 

こんちわ、なおっちです。

ブログ、映画、車、ゲーム、お酒などが好きです。

 

最近はプログラミングの勉強を始めています。面白いです。

茨城国体の種目にグランツーリスモで出場したいです。そのために練習しています。

 

んで、僕はお酒をよく飲むのですが、コレがかなり高いんですよね。

基本的に家で飲むんですが、タカラ焼酎ハイボールの500mlを二本飲むと(そんなに飲むんかい!)約300円くらいします。

それを30日やると、約9,000円かかる訳です....。くくく.....やはり少し苦しいぜ.....。

 

やれやれ、酒も高くなりましたね。

ホントはビールも好きなのですが、350mlで200円もするので、最近は自分では買いません。だって高いんだもん....。

 

なら、酒を辞めれば良いじゃん!

そうすればお金も浮くじゃん....。

 

でも、酒をやめたら、大人の楽しみが無いじゃん....。

何か代わりの楽しみが無いと辞めれないよ.....。

 

と言う事で、僕は最近、タバコを吸い始めました。

大学生の時も、若干吸っていたのですが、まぁ吸わなくても別に良いんですよね。

 

そこで、最近気が付きました。

 

「酒を飲むより、タバコを吸った方が良いんじゃね?」

 

という事で、この記事では、その理由について書いていきます。

 

目次

 

酒よりもタバコが優秀な理由。

まずザックリと、酒よりもたばこの方が優秀な理由を挙げていきます。

 

その1. タバコは酔わない

まず、タバコって酔わないんですね~。

お酒は飲むと脳がバカになります。

中には酒を飲むというより、酒に飲まれて、訳の分からない行為に及ぶ者もいるようです。

 

が、タバコでそのような事になるのは、あまり無いでしょう.....。

 

酒を飲んだ後は、集中して何かに取り組むのはムリです。

勉強したり、本を読んだり、仕事をしたりは、出来ないはずです。

クルマの運転も、もちろん出来ません.....。

 

しかし、タバコは、吸っても若干クラクラするだけです。

その後、仕事をしたり勉強をしたりも可能です。

 

なので、時間を無駄にしたくない人や、夜も勉強をしたり仕事をしたいワーカホリックな人には、タバコは良いんじゃないでしょうか.....。

 

その2.  タバコは意外と安い

 「タバコは高い......」と言われるようになりましたね。

確かに高いです。僕が大学生の頃、コンビニでバイトをしていた時期がありました。

その時に、よくタバコを取って売っていたモノです。

 

その当時は、たしかメビウスが410円、セブンスターが440円だったはず.....。

僕の吸っているアメリカンスピリットは、460円だったかな....。

 

でも、今は、アメスピは520円.....。60円も上がっているじゃないか....。

いやいや、高いですね....。

 

でも、お酒に比べると、意外と安いんですよ。

 

僕の愛用のアメリカンスピリットを例に、少しそれを説明します。

 

まず、アメリカンスピリットの単価は520円です。

僕はそれを4~5日で、1箱吸い終わります。

なので一カ月に6.5回タバコを買う計算になります。

520円×6.5=3,380円になります。一カ月に3,380円になります。

 

一方、酒はストロングゼロを例にします。

ストロングゼロは、500mlで140~150円しますね。

純化するために、一本145円とします。それを30日飲んだ場合......

145×30=4,350円となります.....。

 

酒ーたばこ=4,350-3,380=970円になります。

一カ月あたり970円、タバコが安くなります。

 

これを一年間に換算すると、11,640円の節約になります....。

 

それに加え、前述した時間の有効活用の効果もあるので、生産性という試算も手に入ります....。

 

酒を飲んでいる時間に、自分の勉強に充てられれば、その分さらに能力はアップするはずです....。年収も上がったりするかも.....。。

 

という事で、タバコは酒よりもコストが掛かりません....。

 

その3. タバコは食欲を抑える効果がある。

そして、タバコは食欲を抑える効果があります。

 

タバコを吸うと、あまり飯を食わなくても良くなるので、痩せる人も多いようです。

 

その分のお金とカロリーも浮くので、さらなる節約効果もあるのでは? 

 

燃えるのが遅い「アメリカンスピリット」なら、より長く楽しめるよ。

んで、ぼくがおすすめなのは、アメリカンスピリットです。

 

葉っぱと紙が燃えにくいので、長い時間タバコを吸えます。

一本あたりの吸える量も多いです。

 

なので、一日に5本くらい吸えば、かなり満足感も高いです。

どうですか?

 

 

タバコは、こんな人におススメ。

タバコは、こんな人におススメです。

・夜も仕事や勉強をしたい人

・時間を有効活用したい人

・体型が気になる人

 

夜にお酒を飲むと、やはり頭がバカになってしまうので、作業が出来ません。

なので、仕事が好きで46時中なにかに熱中していたい人は、休み時間にタバコをプカっと一服すれば良いしょう.....。

 

酒を飲んでいる時間も何かが出来れば、そのぶん時間も有効に使えるでしょうし.....。

 

んで、体型が気になる人とかは、酒を飲むよりも良いんじゃないでしょうか...。

食欲を抑える効果もありますし、酒を飲むと食べる量も増えますし....。飲んだ後にラーメンを食ったりする事もありますからねぇ.....。

 

ただ、タバコは健康を損なうので自己責任で。

心筋梗塞や肺がんのリスクが高まりますし、医療費も掛かるかも...。。

 

 

電子タバコで良いかもね。

最近は電子タバコもあるので、紙巻タバコの健康性とか値段に抵抗がある人は、電子という選択肢もあります。

 

購入時の初期費用は掛かりますが、長い目で見た時には電子の方が安いでしょう。

また、タバコの葉っぱを燃やすのではなく、あくまで電気で発熱させた蒸気を吸う形になります。

タールなどの発がん物質の量が減るので、健康リスクも減る可能性があります。

 

が、健康上の事については医師でもハッキリと分からないようです。なので、あくまで参考にですね....。

 

流行の電子タバコ、健康にいいのか?医師の視点(中山祐次郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

 

 

まとめ:タバコは下手すれば酒よりもお得。だけどもほどほどにね。

 最後になりましたが、もう一度いいます。

 

・タバコは、実は酒よりも経済的にお得(な可能性がある)

・酔わない分、時間の節約になる

・食欲を抑える効果もあり、体型が気になる人にいいかも

・ 仕事や勉強が好きな人、夜も何かに集中したい人などのおすすめ。

 

てな感じです。

 

やはり酔わない分、集中できる時間が長くなるのがメリットです。

 

仕事好きな人、勉強をする人などは、酒を飲むよりもたばこを吸えば良いんじゃないでしょうか?

 

ではでは。

 

 

関連記事

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。